メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

【人生100年時代】話題の本「ライフ・シフト」に見る生き直しの術

「人生100年時代っていうけど、60歳、70歳、80歳とどう生きていけばいいんだろう?」。定年退職が近づき、老後のシニアライフに頭を悩ませる50代が増えているってご存知でしたか? 一昔前は人生80年なんていわれていて、60歳で定年退職すれば残りの20年について考えれば良かったですが、平均寿命がどんどん伸び、100歳まで生きる人も珍しくなくなってきました。100歳、となると60歳から40年もあるわけですが、もう1度人生をやり直せるくらいの時間があるわけです。そんな人生100年時代にどう生きるべきか? 話題の書籍をご紹介します。

ライフ・シフト―100年時代の人生戦略—

この本は誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか、世界で活躍するビジネス思想家の人生ビジョンが数多く書かれています。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

過去200年間、人の平均寿命は伸び続けています。ある予測によると、2107年には主な先進国では半数以上が100歳よりも長生きするんだとか。100歳まで生きられるとなると、80歳という寿命を前提に教育→仕事→引退という3段階で考えられてきたライフプランは大きく崩れてしまうため、抜本的な見直しが必要となります。そんな難題に、イギリスの経営学者と経済学者のコンビが正面から向き合った本書。考えさせられる内容にも関わらず、ベストセラーとなっています。
本書の編集担当・佐藤朋保さんは「100年ライフの時代には、長い老後のためにお金を蓄えることも当然必要。しかし、変化し続ける環境に対応するためには人生と仕事のバランス(ワークライフバランス)が重要なんです」と語ります。
たとえば、スローネットでもシリーズでお伝えしている「人工知能(AI)」が今よりももっと普及したら? 機械化が今よりももっと進んだら? そんな時代の雇用はどうなってしまうのでしょうか? 数年前までは考えられなかった予測しにくい変化に対処するための人的ネットワークをいかに構築すべきか。健康にはどう気をつけなければならないのか。「ライフ・シフト」で示す新しい問題の切り口は非常に多彩です。

著者リンダ・グラットンさんとコピーライター糸井重里さんの対談

コピーライターとして知られる糸井重里さんと、著者であるリンダ・グラットンさんが対談を行い、糸井重里さんが本書の感想を述べています。

糸井さんは本書を読みながら「公私混同」という言葉を思い出したよう。日本ではあまりいい意味で使われないこの言葉ですが、糸井さんはポジティブな意味で使っているようです。

「『社会的なわたし』と『個人のわたし』は、きっぱり分けられるものではないと思うんです。プライベートで読んだ本が仕事のヒントになることはよくあるし、社会的な評価が上がることが個人的な幸せに繋がる場合も多い」

と話します。公私が影響し合うのは当然だから、公私は混ぜて考えたほうがいいのでは? と糸井さんは問題提起します。
著者であるグラットンさんも考えは同様なよう。寿命100年時代における「エクスプローラーのステージ」(世界を知るために探求する時期)は、個人的な体験がいずれ公的なことにつながっていく時期なんだとか。また、「ポートフォリオ・ワーカーのステージ」(同時進行的に複数のことをする時期)でも、公私は入り混じりながら進む。寿命100年時代の人生では、公私は当然混ざりあうものとして、一緒に考えていくことが良さそうなんだとか。
ライフ・シフトを読むことで、人生のステージごとで得なければならないこと、得てきたことが明確になりそうですね。

人生の鍵を握る? 3つの無形資産

糸井重里さんと、著者リンダ・グラットンさんとの対談でも、「無形資産」について話をされていました。無形資産、とはいったいどのようなものなのでしょうか?
対比となる有形資産とは、お金・土地・家など「お金に関係する」もの。無形資産とは概念にはなりますが、所得を得るための「生産性資産」、長く働くために心身の「健康」を維持するための資産、変化に柔軟な姿勢でいられる「変身資産」の3つ。この3つがこれからの人生には特に重要になると、本書では語られています。

本書のなかには、「ジャック、ジミー、ジェーン」という3人が登場します。それぞれ1945年、1971年、1998年生まれで、彼らがどのような人生を歩んでいくのか、というシナリオ形式で書かれています。これは、日本にも当てはまることで、生まれ世代によって歩む人生、嗜好が異なる、という対比で描かれているのです。
まず、45年生まれのジャックさん。ジャックさんは非常に盤石な人生を歩みます。国の年金や企業年金がしっかりとしたいい時期に働き、貯蓄も多い。この人はあまり人生を「シフト(変化)」する必要がない人
続いて、71年生まれのジミーさんは30歳位までは45年生まれのジャックさんと同じような価値観で生きてきました。ところが、財政赤字で年金はどんどんなくなり、大企業も倒産していく時代で、自分の会社もいつまであるのかわからない…。そんな時代だからこそ貯蓄も少ない、という世代です。ところが、貯蓄が少なくなると、人は「自分らしい生き方」をするようになるそう。当然貯蓄は増えなく、少ないままですが自分らしい人生を送ることができるようになります。こうした世代に特に重要なのが無形資産、というわけなのです。

現在50代の方は、ちょうどこの狭間ですよね。子どもにかかる手も少しずつ離れ、自分(たち)だけの人生が始まった、あるいは始まる年齢でもあります。これまでの価値観から変わりはじめている世の中。次第に崩れ始めた社会保障の制度。これからをどう変化し、生きていくのか。本書にはそのヒントがたくさん詰まっています。
2016年の発売以来、ロングセラーを続ける「ライフ・シフト」。ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか?

インターネットでの購入はこちらから:「LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 」1,944円 ー東洋経済新報社

<そのほか話題の本のご紹介>
63歳の新人作家が文藝賞受賞「おらおらでひとりいぐも」若竹千佐子さんの話題作
【ベストセラー】93歳の佐藤愛子『九十歳。何がめでたい』
【賢く定年準備】知らなければ損をしてしまう定年の手続きとは?「金持ち定年、貧乏定年」

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2018年1月10日

IT・科学

セキュリティをさらに強化!2018年新春のWindows10新機能紹介

昨年10月に発表されたWindows 10の「フォールクリエーターズアップデート」。すでにアップデート済みの方も多いと思いますが、どこが新しくなったのかよくわからないという...
2018年1月4日

ヘルスケア最前線

すぐ眠れる枕がなんと「たわし」常識を超えた反響

「最近すぐに目覚めてしまう…。年齢のせいなのかな?」というシニア世代の皆さまに朗報です! すぐに眠れると大反響の枕をご存知でしょうか? 17万人が予約待ちするという「悟空のきもち」...
2018年1月13日

趣味

シニア世代の趣味第2位は旅行! 驚きの第1位は? ミゾイキクコさんとは?

「定年退職後の楽しみは旅行! 家族や孫達と3世代旅行が楽しみのひとつ。」というシニア世代が増えてきています。いつまでも若々しく、生き生きとしたシニアライフを送るには、趣味は欠かせま...
2018年1月5日

健康・美容

シニアに人気の「プチ湯治」プラン。関節痛や冷え性に

「最近膝が痛いし、湯治でもしてじっくり治したい」「なんだかもやもやするし、リフレッシュしたい」寒い季節だからこそ、ゆっくりと温泉に浸かり、心も体も癒してみませんか? 今、シニア向け...
2018年1月6日

健康・美容

軽めのお夜食に。納豆「だけ」食べる時の美味しいアレンジレシピ

「今夜はもう遅いから軽く済ませよう」と思い冷蔵庫を開けてみると、納豆が。納豆にはカルシウムやビタミンなど身体に必要な栄養素がバランス良く含まれているので、軽く食べるならぴったりです...
2018年1月9日

健康コンテンツ

「いつか」のために「今」はじめよう! 最新予防医学とシニアの健康

「なんだか歳のせいか体調を崩すことが増えてきた」悩みを抱えるシニア世代の方は非常に多いんです。風邪をひいたり、体調を崩したりすると「あの時ああしておけば…」という後悔がついて回るも...
関連記事
NEW!
2018年1月13日

趣味・文化

シニア世代の趣味第2位は旅行! 驚きの第1位は? ミゾイキクコさんとは?

「定年退職後の楽しみは旅行! 家族や孫達と3世代旅行が楽しみのひとつ。」というシニア世代が増えてきています。いつまでも若々しく、生き生きとしたシニアライフを送るには、趣味は欠かせま...
2018年1月7日

趣味・文化

ペット家族をおおいに自慢しよう! いぬねこ写真アプリ「ドコノコ」

「うちのコ(ペット)は世界一可愛い! もっと自慢したい!」と、ペットを飼っている方なら誰もが思うもの。愛情込めて育てている家族の一員は、世界中のどのコよりも可愛いものですよね。そん...
2018年1月1日

趣味・文化

2018年新着切手情報 素敵な切手を使ってお便りをしたためるのは如何でしょう

「最近なんだかめっきりお手紙を出す機会が少なくなってきた」手紙に慣れ親しんだシニア世代の皆さまも、きっとこんなことを思ったことがあるのではないでしょうか? 便利なメールもあるためま...
2017年12月30日

趣味・文化

話題の本を1分でナナメ読みできる時短読書サービス「flier(フライヤー)」

「長時間の読書がつらくなってきた」「もっとサクッと本が読めればいいのに」という方、いらっしゃいませんか? あれこれ気ぜわしいなかで読む本はなかなか内容も頭に入りにくく、読み進めるペ...
2017年12月21日

趣味・文化

【シリーズ生涯学習2】日本最大級のスキル・趣味・習い事のマーケット「ストアカ」

「長い人生、何か学び直したいな」と思っているシニア世代の皆さん。前回はパソコン上で短時間で学ぶShareWis(シェアウィズ)というサービスを紹介しましたが、今回は1回ごとに参加申...
2017年12月19日

趣味・文化

『三日坊主OK!』趣味を挫折させない秘訣は“転換“

「定年退職後、新しい趣味を始めてみたけれど、なんだかうまくいかずに挫折してしまった」という方、多くありませんか? 老若男女問わず、新たな趣味はなかなかうまくいかなくて挫折してしまう...


モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円