メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V82
dynabook V82
 

第46部・第9回 戌年の年賀状に愛犬の写真はいかが?

NEWぱそこんライフ講座

第46部・第9回 戌年の年賀状に愛犬の写真はいかが?

第46部・第9回 戌年の年賀状に愛犬の写真はいかが?

いよいよ12月、そろそろ年賀状の準備を始める時期ですね。来年は戌(いぬ)年ですから、愛犬の写真を年賀状に載せようと思っている方もいるのでは?今回はデジ形平次(以下、デジ形)と妻・ミドリが、年賀状向きの写真加工や、年賀状作りに役に立つサービスやアプリをアナ六に解説します。

●講座で使用しているノートパソコン



dynabook T75/E

CPU:Core i7-7500U 2.70GHz

メモリ:8GB

記憶装置:1TB HDD

グラフィック:インテル HD グラフィックス620(CPUに内蔵)

ディスプレイ:15.6型ワイドFHD

光学ドライブ:ブルーレイディスクドライブ

OS:Windows 10 Home 64ビット

イメージ

「大江戸ぱそこんライフ」

【登場人物紹介】

デジ形平次…江戸中に名を知られた腕利きの岡っ引。意外にも趣味はパソコンで、事件のない時は日がな一日ノートパソコンに向かっている。

アナ六デジ形平次の子分で、名前のとおりのアナログ人間。パソコンを使いこなせるようになりたいが、いつもトンチンカンなことを言ってデジ形を呆れさせている。

ミドリデジ形平次の女房。パソコンに関してはデジ形より詳しいというのがもっぱらの噂。

 彼らがお送りする時空を超えた『NEWぱそこんライフ講座』、さて今回のお話は……。

そろそろ始めよう年賀状の準備

アナ六アナ六、笑う「11月ももう終わりで、今年もアッという間に年末ですねえ。ついこのあいだまで、大汗かいてかき氷を食ってたような気がしますぜ」

デジ形「感覚的にはそうなんだが、そのかき氷を実際にいつ、どこで食べたのかっていうと、なかなか思い出せねえんだよな」

ミドリミドリ、微笑む
「そういうのは写真を撮っておくといいんじゃないかねえ」

アナ六「でも、あっしは、写真を撮るより先に食べ始めちまいますからね。ところで写真といえば、ついこのあいだ、知り合いが公園でペットの犬をバチバチ撮ってましたぜ」

デジ形「そうか、来年は戌(いぬ)年だしな」

アナ六「その記念に犬を撮ってるわけで?」

デジ形デジ形、呆れる「いや、この時期に撮ってるっていうのは、年賀状に使うんじゃねえかな」

アナ六「なるほど、この寒空に何やってんだと思ったら、そんなわけでしたか」

ミドリ「うちでもそろそろ年賀状の準備を始めないとね」

アナ六「じゃあ、毎年教わってるような気がしますが、今年も年賀状の作り方を教えてくださいっ!」

デジ形「まあ、これも年末の恒例だからな」

年賀状に載せる愛犬写真にひと工夫

アナ六「しかし、犬の写真を撮って年賀状に載せるっていうのは、手軽にできていいですねえ」

ミドリミドリ、微笑む「かわいがっているペットだったら、犬じゃなくても年賀状に載せていいと思うけどね」

デジ形「普通に写真を載せてもいいが、そこでひと工夫するとおもしろいかもしれねえぞ」

アナ六「そのひと工夫っていうのは?」

デジ形デジ形、笑う
「写真をちょいと加工してみるのはどうだ?」

アナ六「写真加工ってえのは、色をヘンなふうに変えるので?」

ミドリ「ヘンな色になったら、年賀状に使えないよっ」

デジ形「写真の加工ってえのは、明るさや色を調整するだけじゃあねえ。前に紹介したことがあるが、『PicSketch』っていうアプリを使うと、こんなことができるぞ」

イメージ

写真をスケッチ風に変換するWindowsストアアプリ「PicSketch」。さまざまな種類のエフェクトがついており、微調整も可能です。

アナ六アナ六、笑う「おおっ、こいつはうまいスケッチで」

デジ形「実際に描いたんじゃなくて、写真をスケッチ風に加工するアプリだ」

アナ六「へえーっ、でも、色がついてねえと、ちょいと寂しいですねえ」

デジ形デジ形、笑う
「もちろん色つきもあるぞ」

アナ六「おおっ、水彩画みたいでシブいですねえ」

イメージ

右側に並んでいるのがエフェクトで、クリックするだけで加工が行えます。エフェクトには鍵がかかっていて使えないものもあり、課金すればすべてのエフェクトを使えるという仕組みです。

デジ形デジ形、笑う「もうひとつ、別のアプリで加工してみよう。今度は『Photo Funia』っていうアプリだ」

アナ六「今度はどんなことができるので?」

デジ形「簡単にいえば、合成写真を作れる。自分で撮った写真が、額縁に収まって美術館に陳列されたり、大きなポスターになって、街角に貼られていたりとか、いろいろな情景に写真をはめこむことができるんだ」

アナ六「普通の写真加工とは、全然違いますねえ」

ミドリミドリ、笑う「こんな写真の入った年賀状が送られてきたら、ちょいとびっくりするかもね」

イメージ

イメージ

「Photo Funia」のフィルターの見本画面と、実際に合成した画面。見本で人物が写っている部分に写真が合成されます。合成技術がすばらしく、非常にリアルに見えますね。

手軽に年賀状が作れる「はがきデザインキット」

デジ形「じゃあ、年賀状に載せる素材ができたところで、年賀状作りを始めるとするか」

アナ六アナ六、困る「何を使って年賀状を作るので?」

デジ形「タダで利用できるっていうところでは、『郵便年賀.jp』( https://nenga.yu-bin.jp/ )っていうサイトの『はがきデザインキット』だな」

ミドリミドリ、微笑む「郵便局が運営しているサイトだねっ」

アナ六「タダっていうのは魅力ですねえ」

イメージ

「郵便年賀.jp」のWebサイト。「はがきデザインキット」のほかにも、愛犬の写真を投稿する「みんなの戌年賀」など、干支や年賀状に関連した企画やサービスが盛りだくさんです。

デジ形「これにはウェブ版、インストール版、スマホ版の3種類があるぞ」

アナ六アナ六、困る「ウェブ版ていうのは、アプリをインストールしなくていいので?」

デジ形「うむ、全部ウェブ上で作成ができる。ただし、これで作った場合は自分で印刷できず、そのまま印刷会社に注文することになる」

アナ六「自分で印刷しようっていうなら、インストール版を利用するわけですね」

イメージ

「ウェブ版はがきデザインキット」で年賀状を作成しているところ。インストール版よりはシンプルですが、スタンプや手書きメッセージの書き込みなど、基本的な機能はそろっています。

デジ形「で、インストール版の話に移るが、インストールするときは、ちょいと注意することがある」

アナ六「何か問題でもあるので?」

デジ形デジ形、呆れる「インターネットブラウザーによっては、ダウンロードボタンが表示されないことがあるんだ」

ミドリ「『Adobe Flash Player』の関係のようだね」

アナ六「ボタンがないならダウンロードできませんよね」

デジ形「その場合は、下のほうへスクロールすると『別の方法でインストールする』というのが見つかるから、それを使うとインストールできるはずだ」

アナ六アナ六、困る「タダといっても、なかなか面倒ですねえ」

イメージ

「インストール版はがきデザインキット」の画面。写真を読みこむほかにも、たくさんの素材が用意されており、機能も充実しています。

デジ形デジ形、笑う「この右側にある、『画像読込』で写真を貼りつけて、『素材』の『あいさつ文』を選ぶと、謹賀新年などの賀詞や、おきまりの文章を追加できるぞ」

アナ六「そいつは簡単なことで」

デジ形「ほかにも素材には背景とかイラストとかいろいろあるし、文章ももちろん書き込める」

ミドリミドリ、微笑む「マウスを使って直接手書きの文字を書ける機能もあるね」

デジ形「もちろん宛名面の印刷もできるぞ」

アナ六アナ六、笑う「これでタダとは恐れ入りますぜ」

イメージ

「PicSketch」で加工した写真を読みこんで、年賀状を作ってみました。無料アプリながらも、住所録を使った宛名印刷の機能も備わっています。

細かい切り抜きが簡単にできる「筆ぐるめ」

デジ形「じゃあ、最後にdynabookに搭載されているハガキ作成アプリ『筆ぐるめ24 for TOSHIBA』を紹介しよう」

アナ六「ハガキっていうことは、年賀状専用っていうわけじゃあないんですね」

デジ形デジ形、呆れる「もちろんだ。暑中見舞いや引っ越しのお知らせなんかも作れるし、ハガキ以外では、名刺やカレンダーなんていうのも作れるぞ」

ミドリ「1年に1回しか使わないんじゃあもったいないからね」

イメージ

「筆ぐるめ」のナビ画面で、年賀状やはがき以外に作れるものが表示されています。名刺やシールなど、さまざまな印刷物が作成できます。

デジ形「あともう一つ、『for TOSHIBA』ならではの特長として、写真の切り抜きが簡単にできる機能がついているぞ」

アナ六「切り抜きっていったら、形に合わせてハサミでチョキチョキ切ることで」

デジ形デジ形、呆れる「それをパソコン上でやるっていうことだ。まあ、ペイントとかでも自由選択ツールを使えばできないことはねえが、マウスだと輪郭をなぞるのが大変だから、なかなかうまくいかねえだろうな」

アナ六「それが、マウスでも簡単にできるので」

デジ形「うむ。輪郭のあたりをなぞるだけで、あとは『フィッティング』っていう機能で輪郭ぴったりに合わせてくれるんだ」

アナ六アナ六、笑う
「そいつは便利ですねえ」

イメージ

イメージ

「筆ぐるめ24 for TOSHIBA」についている「東芝イラスト切抜」の画面。緑色に塗られた部分が切り取られて削除される仕組みで、上の画面のような、おおまかになぞった状態で「フィッティング」を行うと、下のようにほぼ正確に輪郭を切り取れます。、

デジ形「で、できた画像を貼りつければ、背景なしの写真で年賀状が作れるっていうわけだ」

アナ六アナ六、笑う
「これで今年の年賀状はバッチリですね」

イメージ

「筆ぐるめ」で年賀状を作成しているところ。手順を具体的に指示してくれるナビ機能が充実しており、初めての方でも安心して年賀状を作成できます。

デジ形「どうした、アナ六、元気がなさそうじゃねえか」

アナ六アナ六、困る「いえ、年賀状作りはあっしに任せろって周りに話していたら、パソコンの苦手な裏のご隠居に、年賀状作りを頼まれたんですけどね」

ミドリ「おや、それは感心だねえ」

デジ形「年賀状作りはオレが教えたから、もうバッチリじゃねえのか?」

アナ六「図案はいいんですが、宛名のほうも安請け合いしたら、200人分の住所氏名をパソコンに入力しなきゃいけなくなって」

ミドリミドリ、微笑む
「顔の広い人なんだねえ」

デジ形「まあ、一度入力すれば、毎年使えるからいいじゃねえか」

アナ六「いったい全部入力できるのに何日かかることやら」

デジ形デジ形、呆れる「入力が終わったら、間違いがねえように、しっかり確認するんだぞ」

ミドリ「あたしも、今年は習い事を始めて知り合いが増えたから、年賀状の宛名の入力をお願いしようかねえ」

アナ六「ひええっ、そいつは勘弁してくださいっ、自分の分が書けなくなりますぜ!」

dynabook V82
dynabook V82
コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年2月14日

NEWぱそこんライフ講座

画面が見やすくて音がイイ!2018年春モデル「dynabook T75」紹介

ノートパソコンのコンパクトなボディに2ウェイ4スピーカーを搭載した2018年春モデルの「dynabook T」シリーズ。 フルHDの高精細ディスプレイながら、文字やアイコンが大き...
2018年2月7日

NEWぱそこんライフ講座

世界が驚いた82歳アプリ開発者の若宮正子さん・3月3日ひな祭りアプリ「hinadan」

2月2日ニューヨーク国連本部にて、82歳で現役のプログラマーとして活躍する若宮正子さんが高齢化社会とデジタル技術の活用をテーマに英語でスピーチし、世界中で話題となりその姿勢に称賛の...
2018年2月7日

NEWぱそこんライフ講座

一度は行きたい観光地で仮想旅行ができる!? パソコンで「VR」を楽しもう

「バーチャルリアリティ(VR)」という言葉は聞いたことがあっても、ゲームの一種だと思っている方が多いのでは? 今回はVRやARの意味はもちろん、活用例や、パソコンでVRを楽しむ方法...
2018年1月31日

NEWぱそこんライフ講座

シニア世代こそスマートフォンを シニア世代がスマホを持つメリット

「子供から孫の写真が送られてきたけれど、なんだかぼんやりしていて見えにくい。」そんなことはありませんか? スマートフォンのメリットの一つは写真が美しく表示されること。最近はシニア世...
2018年1月31日

NEWぱそこんライフ講座

旅行はもちろん、電気料金やネットスーパーも比較して選べる!生活に役立つ比較サイト紹介

旅行はもちろん、電気料金やネットスーパーも比較して選べる!生活に役立つ比較サイト紹介 旅行はもちろん、電気料金やネットスーパーも比較して選べる!生活に役立つ比較サ...
2018年1月24日

NEWぱそこんライフ講座

忘れかけていたあの予定も教えてくれる「スマートスピーカー」と「コルタナ」

忘れかけていたあの予定も教えてくれる「スマートスピーカー」と「コルタナ」 忘れかけていたあの予定も教えてくれる「スマートスピーカー」と「コルタナ」 今年ヒットし...
人気記事

人気記事はありません



モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円