メニュー
ゲストさん
OHUFJ オートバックスペダルの見張り番Ⅱ
 

炎上注意! 穏やかに楽しくSNSライフを送るためのコメント術

NEWぱそこんライフ講座

炎上注意! 穏やかに楽しくSNSライフを送るためのコメント術

ツイッターやフェイスブックなどのSNSで、コメントをやりとりしてコミュニケーションを楽しんでいる人は多いと思いますが、一方で、見知らぬ人にコメントをしてもいいものか、もし文句を言われたりしたらどうしようと思っている人もいるでしょう。 
今回は、SNSで穏やかに楽しくコメントのやりとりをするための方法を考えてみたいと思います。

炎上注意!穏やかに楽しくSNSライフを送るためのコメント術



SNS=世の中には、いろいろな考えの人がいる



SNSをやっていると、たまに激しいコメントの応酬があるのを見かけて、ちょっとイヤな気分になることがあります。できれば、穏やかに楽しくSNSを続けたいものですよね。

ただ、SNSというのは、限られた人としか関係を持たない日常生活と違って、想像もつかないほどたくさんの人たちとつながっています。商店街や駅へ行くと、たくさんの見知らぬ人が歩いていますが、SNSは、そういった見知らぬ人の思っていることがコメントとなって見えている場所ともいえるでしょう。

そのような、たくさんの見知らぬ人のコメントを見ていて感じるのは、「世の中にはいろいろな考えの人がいる」ということです。自分や自分の周りの人のあいだでは当然と思われるようなことでも、SNSの中では全然違うことを言っている人もいます。

たとえば、トマトは塩やマヨネーズをつけて食べるという人がいる一方で、砂糖をかけて食べるという人もいます。それに対して「その食べ方はおかしい」とか、「ウソに決まっている」とかコメントしても、相手は気分を悪くするだけです。

このように、意見や考え方が違っても、頭から「そういう考えではダメだ」と決めつけるのではなく、「そういう考えの人もいる」と思うことが、SNSで見知らぬ人とコミュニケーションをとるための前提条件といえるでしょう。



自分の考えと違うことを言う人に、つい反論したくなってしまう場合



NEWぱそこんライフ

ここからは、SNSでいざこざを起こしそうなケースを、いくつか考えてみましょう。

例:
相手「この前見たあの映画、とてもおもしろかったですよ。皆さんにもオススメです」
あなた「私も見ましたが、全然おもしろくなかったですね」

この場合、「あなた」は自分の率直な意見を述べただけで、何が悪いのかと思うかもしれません。
確かに家族や友人とのあいだでは、普通にこういった会話が成立することもあるでしょう。
ですが、それは気の知れた同士の間柄だから大丈夫なわけで、SNSでは、こういった頭ごなしの否定はするべきではありません

相手の機嫌を損なわずに自分の意見を言う方法のひとつに、ひとまず相手に共感を示してから、自分の意見を言うというものがあります。簡単に言うと「あなたの言うこともごもっともですが、私はこう思います」という言い方です。
このやり方で今の「あなた」のコメントを修正すると、以下のようになります。

「確かに映画の出演者の演技はすばらしかったですが、ストーリーのあの部分は、こういうほうがよかったんじゃないかなと思いました。」

このように、よかったところと悪かったところが具体的に示されれば、コメントを受け取った相手も気を悪くせず、それについて互いに意見を述べたりして、コメントのやりとりがはずむ可能性もあります。
ただ、相手が異論を許さないというタイプの場合もあるので、それまでのコメントのやりとりで、相手の性格をある程度把握してから、コメントをするかどうか決めておくのもいいでしょう。



悪意のないつもりで言ったのに、誤解されてしまった場合



炎上注意!穏やかに楽しくSNSライフを送るためのコメント術

例:
相手「ついこの前まで雪が降っていたのに、今日は30度近くまで暑くなって大変です」
あなた「よくそんなところで暮らしていますね」

「あなた」は相手に対して感嘆したつもりでコメントしたとしても、この言い方では、相手にいやみとしてとられる場合があります。
人と会って話をする場合は、お互いの表情が見られるので、どういう意図で言ったのかがわかりやすく、誤解も少なくなります。
しかし、インターネットのSNSでは顔が見えないので、どういうつもりでコメントしたのかがわかりにくく、自分では悪意がないつもりでコメントしても、皮肉やいやみにとられることがあります。

この一言の前後にほかの文章があれば、全体の文脈から判断して、いやみではないとわかることもあるでしょう。
しかし、ツイッターなど短文でコメントする場合は、意図が伝わりにくく、誤解されることがよくあります。
コメントをする場合は必ず文を読み返して、相手がコメントの意図をどう受け取るか、可能性をよく考えてから送信しましょう。



知らない人から難癖をつけるようなコメントが来た場合



炎上注意!穏やかに楽しくSNSライフを送るためのコメント術

例:
あなた「やっぱり、歴史上の人物では織田信長が一番好きですね」
相手「信長の残虐なエピソードを知っていて、それでも好きだって言うんですか?」

これに対して、「あなた」は「歴史上の人物には、それぞれ良い面と悪い面があるものです」というように、ていねいに返事をするかもしれません。
それで収まればいいのですが、相手は聞く耳を持たず、最後にはあなたの人格を攻撃するようなコメントをしてくることもあるでしょう。
このような場合、相手はただ「あなた」を罵倒したいだけだと思われます。なので、へたにコメントを返さずに、無視するのが最適でしょう。
もし無視してもしつこくコメントを送ってくるようだったらブロックしたり、中傷がひどいようであれば、SNSの運営者に通報したりするべきでしょう。



関係悪化を修復するのもコミュニケーションの一部



SNSのコメントのしかたについて、いろいろ書いてきましたが、そこまで気をつかってコメントするぐらいなら、コメントしないほうがいいんじゃないかと思うかもしれません。
ですが、日常生活で人と知り合ったときも、最初は当たりさわりのない会話から始めて、相手の性格や考え方を探って、「ここまでは話しても大丈夫」というような相手との距離感をつかみますよね。SNSでもそれは同様です。

コメントをして、実際に相手が気を悪くしたようなら、そのまま関係を絶ったりせず、素直に謝って関係を修復するべきです。ですが、そのときに「悪気はありませんでしたが」とか「もし気を悪くしたならば」とか、謝罪会見のときによく聞く、「自分は悪くない」とも受け取れるような文言は、つけ加えないほうがいいでしょう。

【記事関連おすすめ商品】

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2019年8月12日

NEWぱそこんライフ講座

将来はAIロボットが介護をしてくれる時代に!?現在はどのくらいAIロボット、AI技術は進んでいるの?

近年、AI技術はすごいスピードで発展を遂げています。 将来的にはAIやAIを搭載したロボットが今、人間が行っている仕事の半数以上を代わりに行う時代が来るといわれています。 ...
2019年8月4日

NEWぱそこんライフ講座

「注文できなくて食事できなかった」接客のデジタル化進む。高齢者や障がい者など社会的弱者への影響とは

少子高齢化が進み、人手不足となりつつある日本。 帝国データバンクが行った調査によると、正社員が不足している企業は53.0%で、2018年1月と比較すると1.9ポイントも増加したそ...
2019年7月23日

NEWぱそこんライフ講座

土砂崩れ・洪水など、自然災害から身を守るために、ハザードマップを活用しよう!

急なゲリラ豪雨による土砂崩れや洪水、地震など、2018年も2019年も全国各地で自然災害が発生しています。 こうした自然の驚異から自分の身を守るためには、災害が起きたとき、素...
2019年7月20日

NEWぱそこんライフ講座

【詐欺】家族・友人からのLINEで「ちょっと、買い物頼んでいい?」。それ乗っ取り詐欺かもしれません

突然、家族や友人、知人、孫からLINEで「ちょっと買い物頼んでいい?」とメッセージが来たことはありませんか?ついつい「いいよ、何?」と返事をしてしまいそうですが、こういったメッセー...
2019年7月17日

NEWぱそこんライフ講座

この症状、救急車呼ぶ…?判断がつかないときは「119」に電話をする前に救急相談を!救急相談AIも活用しよう!

急に体の症状がおかしい。でも、救急車を呼ぶぐらいではなさそう…?でもどうしよう! と悩む場面。経験したことはありますか? 救急車を呼ぶべきか、少し我慢すべきか、自力で病院に行...
2019年7月14日

NEWぱそこんライフ講座

簡単な病気や慢性病は家で簡単に診察へ!「オンライン診療」が普及し始める

病院に行こうとすると、予約から診察までかなり時間がかかったりします。最近の大きな病院は予約制ですが、それでも結構待ったりするものです。特に風邪などが流行る時期ならなおさら。定期健診...