メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
dynabook V82
 

スマホやデジカメの容量オーバーで写真が保存できない!?そうなる前にデータをパソコンへ移そう

NEWぱそこんライフ講座

スマホやデジカメの容量オーバーで写真が保存できない!?そうなる前にデータをパソコンへ移そう

スマホやデジカメの容量オーバーで写真が保存できない!?そうなる前にデータをパソコンへ移そう

連休中に海や山へ行って、写真を撮ってきたという方はたくさんいるでしょう。そんなときにスマホやデジカメの容量がいっぱいになり、写真が保存できなくなったという経験はありませんか。そうなる前にやっておくべきこととは? 今回はデジ形平次(以下、デジ形)と妻・ミドリが、スマホやデジカメの写真データをパソコンへ移す方法をアナ六に紹介します。

●講座で使用しているノートパソコン



dynabook T75/G

CPU:Core i7-8550U 1.80GHz

メモリ:8GB

記憶装置:1TB HDD

ディスプレイ:15.6型ワイドFHD

光学ドライブ:ブルーレイディスクドライブ

OS:Windows 10 Home 64ビット

デジカメやスマホの写真のデータはパソコンへ移す

アナ六アナ六、笑う「このあいだの連休は、ちょっとした行楽で、仲間と一緒に山のほうへ出かけてきましたぜ」

デジ形「ほう、今年は天気がよかったから、楽しめただろうな」

ミドリ「暑い日もあったけれど、山なら涼しかっただろうね」

アナ六「汗はかきましたが、風が心地よくて、気持ちよかったですねえ」

ミドリミドリ、微笑む「写真を撮ってきたんなら、あとで見せておくれよ」

アナ六「ええ、おやすいご用で。みんなでバチバチ撮ってきましたぜ」

デジ形「自分たちを撮ってばかりで、肝心の風景はあまり写ってなかったりしてねえだろうな?」

アナ六「ギクッ! そこはどうだったか、よく覚えてませんぜ。ところで、あっしの仲間にはドジなヤツがいたもので、急に写真が撮れなくなったとか言い出したんです」

デジ形「そりゃあ、スマホの電池切れじゃあねえのか?」

アナ六「いやいや、そいつはスマホじゃなくて、デジカメだったんですけど、電池切れじゃあなかったんです」

デジ形デジ形、呆れる「電池切れじゃないとすると、あれだな」

アナ六「そうそう、そのとおりで!」

ミドリ「何言ってるのかわからないよっ!」

デジ形「デジカメのメモリカードがいっぱいになって、撮った写真を保存できねえとか、そんなところだろう」

アナ六アナ六、困る「大当たりですぜ。おかげでそいつは、前に撮った写真を何枚か選んで、泣く泣く消してましたぜ。やっぱり早めに新しいメモリカードを買って、取り換えておくべきでしたね」

デジ形「パソコンを持っていたなら、写真のデータをパソコンにコピーするっていう方法もあったのにな」

アナ六「こいつはうっかりだ、そいつもパソコンは持っていたはずなんですが、それを教えるのを忘れてましたぜ」

デジ形「じゃあ、今回はデジカメやスマホが写真のデータでいっぱいになる前に、パソコンにデータを移す方法を教えてやろう」

アナ六「行楽に出かける前に、あいつにこの話を聞かせてやりたかったなあ」

デジカメのメモリカードをパソコンに挿してコピーしよう

デジ形デジ形、笑う
「まずはデジカメからパソコンへ、写真のデータを移す方法を教えよう。といっても、デジカメからメモリカードを取り出して、パソコンに入れるだけなんだけどな」

アナ六「はて、パソコンのどこに、そんなカードを入れられるところがありましたっけ?」

イメージ

dynabookの「ブリッジメディアスロット」にメモリカードを挿入しているところ。カードを奥までしっかり差し込むと、カードがパソコンに認識され、パソコンとのデータのやり取りができるようになります。

デジ形「dynabookでは、メモリカードの差込口を『ブリッジメディアスロット』と呼んでいる。というのは、SDメモリカード以外にも、さまざまなタイプのメモリカードを接続できるからだ。256GBという大容量の『SDXCメモリカード』にも対応しているぞ」

アナ六アナ六、笑う「256GBなんて、いくらでも写真が保存できそうですねえ」

デジ形「デジタル一眼レフカメラなんかで撮った、サイズの大きい写真データを保存するためのものだな」

ミドリミドリ、微笑む「『RAW(ロウ)データ』とかいうのだと、写真1枚で何十MBもあるからね」

アナ六「へえーっ、写真1枚のデータが何MBかなんて、考えたこともなかったですぜ」

Wi-Fiでデジカメの写真データをパソコンに送れる「FlashAir」

アナ六「しかし、デジカメからメモリカードをいちいち抜いて、それをパソコンに挿すってえのは、ちょいと面倒ですねえ」

デジ形デジ形、笑う「最近はWi-Fi(ワイファイ)対応のデジカメがあるから、それを使えば、パソコンやスマホと無線で直接データのやりとりができるぞ」

アナ六「そいつは便利ですが、デジカメを買い替えなきゃなりませんぜ」

デジ形デジ形、笑う「それなら、Wi-Fi対応のメモリカードを買うっていう手もある。今回は『FlashAir(フラッシュエアー)』を紹介しよう」

アナ六「メモリカードっていったら、小さくて薄っぺらいヤツですよね。その中にWi-Fiが入っているんですかい?」

デジ形「けっこう前からあるが、最近のは転送速度が速くなって、高性能化が進んでいるようだぞ」

アナ六
アナ六、笑う「これだったら、マメにパソコンに写真データをコピーできそうですね」

イメージ

東芝メモリ株式会社のWebサイトより「FlashAir(フラッシュエアー)」の製品紹介ページ( http://www.toshiba-personalstorage.net/product/flashair/sduwa/index_j.htm )。通常のメモリカードとしての機能のほかに、Wi-Fi経由でパソコンやスマホにデータを転送できる機能を持っています。

●「FlashAir」の機能を紹介したショートムービー

スマホとパソコンをUSBケーブルで接続

デジ形「じゃあ、今度はスマホからパソコンへ写真のデータをコピーする方法だ」

アナ六「スマホはデジカメと同じようにはいきませんよね」

デジ形デジ形、呆れる「うむ。だが、基本的には、充電のときに使うUSBケーブルをパソコンのUSBコネクタに接続すればいい」

アナ六「それって、パソコンから充電するっていうヤツでは?」

デジ形「もちろん充電もできるんだが、それ以外に、パソコンに接続したスマホは、USBメモリと同じように外部の記憶装置として扱うこともできる」

アナ六アナ六、困る「それってどういう意味で?」

デジ形「スマホに保存されているデータをパソコン上で見ることができ、パソコンにコピーしたりすることもできるっていうわけだ」

アナ六「こいつも簡単ですねえ」

イメージ

AndroidのタブレットをUSBケーブルで接続して、パソコン上でタブレットのデータを見たところ。左側の「PC」のアイコンを選ぶと、USBメモリやDVDドライブなどと同じく、タブレットに入ってる写真などのデータを見ることができます。

「ワンドライブ」や「Googleフォト」で自動転送

アナ六「このスマホのほうも、ケーブルをつながなくても写真データを送れる方法があるんですかい?」

デジ形デジ形、笑う
「うむ。つい最近教えたばかりだが、『ワンドライブ』や『Googleフォト』などのクラウドストレージを利用する方法があるぞ」

アナ六「そういえば聞いたことがあるような。どうすればいいんでしたっけ?」

デジ形「ワンドライブの場合は、まずスマホでワンドライブのアプリをインストールする」

アナ六アナ六、笑う「ワンドライブってスマホでも使えるんですねえ」

デジ形「うむ。それで、スマホの設定で『写真』の読み出しと書き込みを許可すればいい。そうすると、スマホで撮った写真が自動的にワンドライブにアップロードされるぞ」

アナ六「なるほど、そうすれば、パソコンのワンドライブでスマホの写真が見られるわけで」

イメージ

左がiOS版のワンドライブをインストールするときの画面、右がワンドライブの設定画面です。iPhoneの写真アプリの「読み出しと書き込み」を許可すると、スマホで撮った写真が自動的にワンドライブにアップロードされます。

デジ形デジ形、笑う
「で、アップロードがすんだら、スマホに入っている写真(iPhoneだったら『写真』アプリに入っている写真)は消去するっていうわけだ」

アナ六「なるほど、ワンドライブのほうに写真が保存されていれば、スマホに入っている写真は消しても大丈夫なわけですね」

ミドリミドリ、困る「スマホにたくさん写真がある場合は、アップロードにちょいと時間がかかるよっ。それから、ワンドライブは無料だと基本5GBまでしか利用できないことにも注意したいね」

アナ六「もしスマホに5GB以上写真が入っていたら、どうすればいいんでしょう?」

デジ形「金を払ってワンドライブの容量を増やすか、Googleフォトの容量無制限サービスを使うかだ。まあ、あまりに写真の枚数が多い場合は、さっき言ったUSBケーブルでコピーする方法が手っ取り早いだろうけどな」

ミドリ「Googleフォトは何枚でも無料でアップロードできるけれど、写真のサイズが自動的に制限されるっていうヤツだね」

デジ形「ちなみにGoogleフォトも、スマホ版をインストールして、同じように設定すれば、自動的にアップロードされるぞ。一番最初にGoogleアカウントを登録しておく必要はあるけどな」

アナ六「うーん、ワンドライブとGoogleフォト、どっちがいいんでしょうねえ」

数字を入力するだけでデータ転送できる「データムーバー」

デジ形「クラウドストレージ以外の方法でも、スマホから無線でパソコンへ写真データを移す方法がある。たとえばdynabookに付属しているアプリ『データムーバー』だ」

アナ六「その名のとおり、写真のデータをムーブするんですかい?」

デジ形「うむ。これもインターネット経由ではあるが、クラウドストレージのように保存はせず、スマホからパソコン、あるいはパソコンからスマホに転送するだけだ」

ミドリ「確か、簡単操作が売りだったね」

デジ形「スマホのほうにデータムーバーのアプリをインストールしたら、写真を選んで転送する。そうするとスマホの画面に数字が表示されるので、パソコンのほうのデータムーバーに、その数字を入力すればいい」

アナ六アナ六、困る「その数字さえ間違えなければ簡単にデータを移動できるわけですね」

イメージ

スマホ側の「データムーバー」の画面。スマホに入っている写真を選んで「転送」をタップすると、転送が行われると同時に数字が表示され、パソコン側の「データムーバー」にその数字を入力すれば、データを受け取ることができます。一度に約20ファイルまで転送できます。

デジ形デジ形、笑う「おう、アナ六、例のお前の仲間に、パソコンに写真データを移す方法をちゃんと教えたか?」

アナ六「へいっ、これでまた写真を遠慮なく撮れるって言って、喜んでましたぜ」

ミドリ「それはよかったねえ。ところで、アナ六が撮ってきた写真は、いつ見せてくれるんだい?」

アナ六アナ六、困る「いやあ、家に帰ってよく見てみたら、親分の見立てどおり、風景はそっちのけで、あっしや仲間の顔が写った写真しかありませんでしたぜ」

デジ形「自撮り写真がはやっているのは知ってるが、まさか風景の写真を撮ってねえとはな」

ミドリ「もっと人に見せることを考えながら撮ったほうがいいよっ」

アナ六「いやあ、人が写ってないと、何となくさびしい感じがするんですよねえ」

デジ形「オレなんかは、逆に人のいない風景の写真ばかり撮っているけどな」

ミドリミドリ、怒る「おかげで、あたしの写っている写真が少なくて残念だよっ」

アナ六「写真1枚撮るにしても、本当に人それぞれですねえ」

<関連記事>

スマホで撮った写真がパソコンの大画面できれいに見れるデータ連携術!

https://slownet.ne.jp/c/it/post-19783/

dynabook V82
dynabook V82
コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年5月23日

NEWぱそこんライフ講座

面倒なパスワードから顔認証へ!夏モデル「dynabook T75/G」紹介

面倒なパスワードから顔認証へ!夏モデル「dynabook T75/G」紹介 パソコンを起動したり、スリープ状態から再開したりするときのパスワード入力って面倒ですよ...
2018年5月16日

NEWぱそこんライフ講座

お気に入りの写真を選ぶだけで音楽つきのムービーができる!フォトアプリの新しい機能

お気に入りの写真を選ぶだけで音楽つきのムービーができる!フォトアプリの新しい機能 お気に入りの写真を選ぶだけで音楽つきのムービーができる!フォトアプリの新しい機能...
2018年5月7日

NEWぱそこんライフ講座

リケロウ(理系老)を目指す 技術の進歩についてけるシニア世代に

「最近なんだか時代の流れが早すぎてついていけない」 20年前といえばパソコンを持っている人がまだ少なかった時代。 10年前にはパソコンはある程度普及していましたがスマートフ...
2018年5月2日

NEWぱそこんライフ講座

炎上注意! 穏やかに楽しくSNSライフを送るためのコメント術

炎上注意! 穏やかに楽しくSNSライフを送るためのコメント術 ツイッターやフェイスブックなどのSNSで、コメントをやりとりしてコミュニケーションを楽しんでいる...
2018年4月27日

NEWぱそこんライフ講座

Wordを使って「季節のイベントチラシ」を作ってみよう!

「デザイン会社や印刷会社に頼むほどでもない小さなイベントだけど、チラシを作りたい」と思っても、チラシ作りって結構難しいですよね。 レイアウトを考えなければいけない上、配色や写真配...
2018年4月27日

NEWぱそこんライフ講座

Excelの「休暇プランナー」で旅行計画を立ててみよう!

「家族旅行やグループ旅行に行くとき、みんなで共有できる旅のしおりが欲しい」と思ったことはありませんか? 旅行に行く全員が同じスケジュールを共有できれば、はぐれたり、連携がうまくい...