メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

年金は65歳からもらわないほうがお得かも?繰り下げ受給を学ぼう

「そろそろ年金がもらえる年齢だ。楽しみ」

65歳になると支給される年金。
楽しみに待っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、この年金。
本当に65歳で受け取るのが良いのでしょうか?

今回は年金受給について考えていきます。

年金は65歳からもらわないほうがお得かも?繰り下げ受給を学ぼう

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

老齢基礎年金の繰り上げ受給はデメリットもある

老齢基礎年金は現在、原則65歳が受給開始年齢です。
しかし、60歳から65歳になるまでの間、1ヶ月単位で繰り上げ受給できるということは、ご存知でしたか?

実は老齢基礎年金は60歳から受給することができるのです。

ただし60歳から受給する繰り上げ受給は、一か月繰り上げる毎に年金の0.5%が減額されます。
60歳から5年繰り上げて受給すると、一生涯年金から30%(=0.5%×12ヶ月×5年)がカットされ続けます。
この繰り上げ受給は一度申請すると取り消すことはできないので注意が必要です。

実際どのくらいの人が繰り上げ受給を選択しているのでしょうか?
「平成24年年金制度基礎調査」(厚生労働省)によると、老齢基礎年金のみを受給する男女それぞれ45%、厚生・共済年金ありの人では男性の6%、 女性の13%が繰り上げ受給をしているようです。
理由として「減額されても早く受給する方が楽だと思った」と多くの人が回答しています。
でも金額的にはお得なのでしょうか?

繰り上げ受給を行うことで失ってしまう権利は以下の三つ。

  • 障害基礎年金を受け取れない
  • 寡婦年金の受給権を失う
  • 配偶者が死亡した時65歳になるまでに遺族厚生年金と併給できない

これらの権利は本人が障害状態になる、配偶者が死亡するなど、家庭環境が急変した時に受給するセーフティネットのようなものです。
今は健康でも万が一突然死亡してしまった場合、残された家族が受給できないわけですからダメージは大きいですよね。

その一方で年金は繰り上げだけではなく「繰り下げる」ことも可能なのです。
すぐに年金は必要ないから、66歳になってから、70歳になってから、というように、受給年齢を先延ばしすることができます。

繰り下げて受給する場合は繰り上げの受給と異なり、支給額が増額されます。
ここからは老齢基礎年金の繰り下げ受給について詳しく見ていきましょう。

老齢基礎年金の繰り下げ受給はおトク?

平均寿命が延びたことに伴い、60歳、あるいは65歳で定年後、再雇用や再就職で70歳まで働き続ける人は珍しくない時代になりました。
シニア世代の働き方が多様化したことで、老齢年金の繰り下げ受給が注目されています。

老齢基礎年金を繰り下げ受給した場合、請求した時点の年齢に応じて年金額が増額され、一生その金額を受け取ることができます。

年金は65歳からもらわないほうがお得かも?繰り下げ受給を学ぼう

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

繰り下げ受給は、繰り上げ受給と同様に月単位で可能で、1ヶ月ごとに0.7%ずつ増えていきます。

  • 66歳0ヶ月〜66歳11ヶ月 8.4%〜16.1%
  • 67歳0ヶ月〜67歳11ヶ月 16.8%〜24.5%
  • 68歳0ヶ月〜68歳11ヶ月 25.2%〜32.9%
  • 69歳0ヶ月〜69歳11ヶ月 33.6%〜41.3%
  • 70歳0ヶ月〜      42.0%

70歳から受給した場合なんと42%も増えるのです。
ちょっと驚きですよね。

繰り下げ受給にはルールがあり、年金の受給権発生から1年以上経たないと増額されないという点、それから5年以上の繰り下げはできないという点です。
この2点さえ守っていれば、増額した年金を受け取ることができるのです。

現在の貯蓄、ライフスタイル、家族構成にもよりますが、将来的に老人ホームなどの入居を考えている場合、毎月受け取る年金額は少しでも大きい方が良いでしょう。
老人ホームに入居しても、ホーム代以外にも出費はつきものです。
自分自身の将来設計と照らし合わせ、年金の繰り下げ受給・繰り上げ受給を考えると良いでしょう。

年金の受け取りは家族と相談を

年金は65歳からもらわないほうがお得かも?繰り下げ受給を学ぼう

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

年金の繰り上げ受給・繰り下げ受給は、家族としっかり相談することが大事です。
繰り上げ受給は早く受け取れるというメリットはありますが、反面ご紹介したようにデメリットもあります。

繰り下げ受給は毎月の受給金額は大きくなりますが、受け取るまでに時間が必要になります。
もし貯蓄がない場合は、早めに年金を受け取らざるを得ません。

家族としっかり話し合い、年金の受け取り方を考えてみてください。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年9月9日

経済・資産

【完全無料】ネットでできる安心なお小遣い稼ぎとは?

「年金で安定した収入があるけれど、もう少しお小遣いが欲しいなあ」 簡単で、安心できるお小遣い稼ぎのひとつが、「ネットでのアンケートに協力する」こと。 しかし、個人情報を登録...
2018年9月4日

経済・資産

認知症の不安を解消!家族が管理できる信託商品

「もしも認知症になったら、財産の管理はどうすればいいだろう」 自分で財産の管理ができる元気なうちは問題ありませんが、そのうち認知症になってしまった場合はどうすればよいのでしょ...
2018年8月4日

経済・資産

【お金の話】シニアこそライフプランが大事 お金と真剣に向き合おう

仕事も退職し、これからは年金を基本として生活していく。 そんな風にぼんやりと考えている人も多いのではないでしょうか。 しかし、よく考えてみてください。 生活をしていれ...
2018年7月23日

経済・資産

【今死なれたら困る!】不動産で揉めるケースが急増中!

「不動産はいらないから処分してから死んでくれ」と言われた。 子どもからそんなことを言われるとショックですよね。 しかし今、遺された不動産を巡って兄弟間、親子間、親族間でトラ...
2018年7月10日

経済・資産

義援金を自治体に直接送る「ふるさと納税」平成30年7月豪雨 災害緊急支援募金

「災害支援金を送りたいけど、きちんと使われるのか心配。」 この度の豪雨災害で何か手助けしたいと思っても、そのようにお悩みになる方は少なくないと思います。 この記事では、その...
2018年6月28日

経済・資産

【シニアの起業】成功の鍵はやりたいことを追求する「ゆる起業」?

「定年退職したし、起業してのんびり働きたい」 長くきびしい会社勤めを終え、セカンドライフとして、起業を考えている方も多いのではないでしょうか? 起業と一言で言っても、世界を...