メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82 -->
 

【老後のお金】老後の資産を運用!投資未経験でも不安少ないNISA

「投資を始めてみたいけど、何をどうすれば良いのかさっぱりわからない」

老後の資産を運用する方法として「投資」に興味がある人は多いのではないでしょうか?
しかし、いくら興味があっても投資についての知識や経験がないため「始めるのが不安」と感じている人も多いはず。

そんな人におすすめしたいのが「少額投資非課税制度 NISA」です。
年間120万円までは非課税で運用できるため、儲けすぎてたくさん税金を払わなければならない、という不安が少ない投資方法です。

今回は、NISAについてご紹介していきます。

【老後のお金】老後の資産を運用!投資未経験でも不安少ないNISA

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

そもそも「少額投資非課税制度NISA」って何のこと?

 

少額投資非課税制度NISA」は2014年1月から始まった新たな制度。
これは、株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度のことで、税金面でメリットを受けることができます。

元々は、イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルしており、日本版のISAとして、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)という名前になったそう。

2014年から2023年までの10年間、毎年120万円の非課税枠が追加されます。非課税の期間は最大5年間で、途中で売った場合は再利用できません。
また、非課税枠を使用しての最大投資額は600万円までと決まっています。

  • 投資可能期間・・・2014年~2023年
  • 利用できる方・・・日本に住んでいる20歳以上の方
  • 口座開設可能数・・・一人一口座
  • 非課税対象・・・株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益
  • 非課税投資枠・・・新規投資額で毎年120万円が上限(非課税投資枠は最大600万円)
  • 非課税期間・・・最長5年間

まとめると上記のようになります。

NISAを始めるには「NISA口座」を開設する必要があります。
各証券会社や銀行によってサービス内容も様々なので、比較して検討すると良いでしょう。

非課税で、少額からでも始められることがNISAの最大のメリット。
なので、これから投資による資産を運用してみたいと考えている人にとっては、始めやすい制度になっていますね。

NISAを使った投資の成功例

NISAを使った具体的な投資の成功例を上げてみましょう。
例えばとある会社に100万円を投資したとします。
3年後にこの株価が1.5倍になっていたら、資産は150万円ということになります。

利益額は50万円です。

通常の投資であればこの50万円に20%(10万円)の税金が発生しますが、NISAなら非課税の範囲になるので50万円そのまま利益として残す事ができます。

NISAを使ったおかげで10万円も得することができました。

さらに毎年120万円分の非課税枠が増えていきます。
もちろん、ここで簡単に述べたように毎年連続で株価が上がり続けると言うのはとても難しいですが、利益を上げることができれば節税効果は120万円×5回分になるのです。

この120万円の枠を超えるほどの利益を出した場合は、120万よりはみ出している部分に税金が発生しますので、注意が必要です。

若い人には難しい? シニア世代の運用方法

【老後のお金】老後の資産を運用!投資未経験でも不安少ないNISA

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

年間で60万円の投資をおこなうとした場合、月にすると毎月5万円の投資額になります。
この5万円という金額は若い世代の人にとっては、相当な金額になります。
仮に20代〜30代の人で、ひとり暮らしをしている人であれば、家賃や食費、水道光熱費はもちろん、趣味や遊びで出費がかさみます。
これだけの金額を投資に回せる人は限られてくるでしょう。

最近では100円からでも投資信託を購入できるようになっています。
しかし、将来を見据えての資産運用を目的とした場合、この程度の金額では、そんなに大きな金額にはなりえません。
若い世代が投資を始めるには、それなりの覚悟やリスクを背負わなければならないのです。

それに対して、シニア世代はどうでしょうか?
しっかりとした社会的地位を経て退職し、「投資」を検討するくらいの層であれば、投資にお金を回すこともそこまで難しくないと思います。
せっかく貯めた資産を銀行に預けていても、金利は雀の涙ほど。
それでしたら、資産を用いて投資・運用した方がよほど、メリットになることでしょう。

金融知識がない人も不安は少ない シニア世代こそNISAを

【老後のお金】老後の資産を運用!投資未経験でも不安少ないNISA

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

若者と比べ、経済力の差からシニア世代の方が投資に向いていることを説明してきました。
それでも金融知識がないため不安に感じてしまう人もいるでしょう。

確かに会社に勤めていた時から投資の経験を持っている人であれば、問題ありませんが、何も知らない人が通常の投資を始めるのは危険が大きいです。
何もわからないまま、手数料の高い投資を金融機関に言われるがままに購入してしまう人も多いのが事実です。

しかし、NISAであればそのような心配も必要ありません。
NISAの対象となる金融商品は、あらかじめ金融庁がチョイスしています。
手数料の安い投資を選んでいるのです。

「金融庁が管理している=必ず儲かる」ではありませんが、手数料の高い投資にはなりませんので、投資の経験がない人でも不安要素が少ないと言えるでしょう。

リスクが少なく、知識や経験がなくても始めやすい資産運用方法として「少額投資非課税制度NISA」を紹介してきました。
「難しいことはわからないけど、興味はある」と思っていたシニア世代の人にとってこそ、利用する価値のある制度なのかもしれません。
難しく考えていた投資へのイメージを一度捨て、まずは少額からでもNISAを活用してみてはいかがでしょうか?

【記事関連おすすめ商品】

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年8月4日

経済・資産

【お金の話】シニアこそライフプランが大事 お金と真剣に向き合おう

仕事も退職し、これからは年金を基本として生活していく。 そんな風にぼんやりと考えている人も多いのではないでしょうか。 しかし、よく考えてみてください。 生活をしていれ...
2018年7月23日

経済・資産

【今死なれたら困る!】不動産で揉めるケースが急増中!

「不動産はいらないから処分してから死んでくれ」と言われた。 子どもからそんなことを言われるとショックですよね。 しかし今、遺された不動産を巡って兄弟間、親子間、親族間でトラ...
2018年7月10日

経済・資産

義援金を自治体に直接送る「ふるさと納税」平成30年7月豪雨 災害緊急支援募金

「災害支援金を送りたいけど、きちんと使われるのか心配。」 この度の豪雨災害で何か手助けしたいと思っても、そのようにお悩みになる方は少なくないと思います。 この記事では、その...
2018年6月28日

経済・資産

【シニアの起業】成功の鍵はやりたいことを追求する「ゆる起業」?

「定年退職したし、起業してのんびり働きたい」 長くきびしい会社勤めを終え、セカンドライフとして、起業を考えている方も多いのではないでしょうか? 起業と一言で言っても、世界を...
2018年6月24日

経済・資産

昨年ブームの仮想通貨 いまどきシニアの考えとは?

「去年は仮想通貨がブーム。乗り遅れちゃったな」 「億り人(おくりびと)」という言葉がブームになるほど、億万長者が増えた仮想通貨。 昨年下期あたりから人気にじわじわと火が付き...
2018年6月22日

経済・資産

【老後のお金問題】無職世帯の毎月の赤字はどのくらい?

「もう仕事もしていないから貯金で生活しているけれど、赤字……」 定年退職し、年金を受給するまでの間、完全な無職という人も多いのではないでしょうか? 年金の繰り上げ受給は、受...