メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 西武グループおとなの上級な遊び方
 

昨年ブームの仮想通貨 いまどきシニアの考えとは?

「去年は仮想通貨がブーム。乗り遅れちゃったな」

億り人(おくりびと)」という言葉がブームになるほど、億万長者が増えた仮想通貨。
昨年下期あたりから人気にじわじわと火が付き、年末には多くの人が大金を手にしました。

ところが、今年1月に起こったコインチェックの問題で、仮想通貨の相場は暴落
多くの人が損をしました。

そんな仮想通貨。
イマドキシニアはどのように考えているのでしょうか?

昨年ブームの仮想通貨 いまどきシニアの考えとは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

シニア世代の仮想通貨への意識

ルーシッドは3月14日、「仮想通貨に関する意識調査」の結果を発表しました。
この調査は3月11日、全国1万5005世帯のシニア世代を中心に実施し、379件の有効回答を集めました。

はじめに、仮想通貨についてどの程度知っているかを訪ねたところ、87.32%が「よく知らないが名前だけは聞いたことがある」と回答。「全く聞いたことがない」は10%、「よく知っていて購入方法や使い方も知っている」はわずか2.68%という結果に。

今年1月には仮想通貨の取引所であるコインチェック社が会見を開き、2017年12月の1ヶ月間の取扱高が3兆8,537億円だったと発表しました。
この仮想通貨の取引量を聞き、仮想通貨のイメージについて訪ねてみたところ、「詐欺や犯罪に巻き込まれそう」が45.88%で最も多く回答を集めました。次いで「結局、お金を損してしまいそう」(29.12%)という回答でした。

仮想通貨は今後どこまで広がると思うかと尋ねると、「支払いはできるが一部のサービスにとどまる」(37.27%)、「ブームが終わればほとんど使われなくなる」(37.01%)、「法律や規制で強制的に使えなくなる」(20.47%)という回答が多く、「あらゆる支払いが仮想通貨で出来るようになる」は5.25%にとどまりました。
仮想通貨が目指すところはあらゆる支払いにも使える、というところがポイントですが、まだまだそこまで到達できるイメージを持たない人が多いようです。

最後に今後仮想通貨を使ってみたいと思うか訪ねてみると、「全く利用する気はない」(87.34%)が最も多い結果に。「利用を検討したが躊躇している」は9.76%、「これから利用したくて検討している」は2.37%でした。
9割近くが仮想通貨に対して拒否反応を見せている、ということがわかりますね。

皆さんの考えはどのようなものでしょか?
アンケート結果に合致するものですか?

仮想通貨のリスク

昨年ブームの仮想通貨 いまどきシニアの考えとは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

最もメジャーな仮想通貨「ビットコイン」を例にとって、どのようなリスクがあるのか、ご説明していきます。
このリスクの理解の有無が、仮想通貨で損害を出すか出さないかの分かれ道となります。

リスク1:大暴落のリスク

仮想通貨の価格は安定していません。
ある瞬間、いきなり価値が半分以下になることだってあり得るのです。

株式はストップ高やストップ安といって、極端な値動きは規制されますが、仮想通貨はそのようなものがないので、大暴落と大暴騰を続ける可能性があります。

10万円の仮想通貨が朝起きたら100万円に、1000万円の仮想通貨が朝起きたら10円に。
こんな値動きだってありえるのです。

仮想通貨のリスク2:取引所のリスク

仮想通貨を現金化するために利用する「取引所」。

数年前に問題を起こしたマウントゴックスやコインチェック社なども、この取引所に該当します。
基本的にはこの取引所にコインを預けておくため、ハッキングやクラッキングなどでコインが盗み出されてしまうと、もう取り返すことはできません。

取引所は海外旅行などで利用する両替所と同義。
両替所に預金はしませんよね。
自分の仮想通貨は自分で守らなければならないのです。

仮想通貨のリスク3:送金ミス

ビットコインを含む仮想通貨は、通過を送金するとき、独自のアドレスを入力する必要があります。

このアドレスは自分で決めることができず、完全ランダムのため、1つずつ丁寧に入力していても間違う可能性があります。
1文字でも間違えてしまうと、誰かしらない人のもとに送られ、通貨が消滅してしまうかもしれません。

仮想通貨のリスク4:パスワード紛失のリスク

仮想通貨を保管するウォレット(財布・講座)のパスワードを紛失してしまうと、2度と引き出すことができなくなります。
パスワードの保管はしっかりとしなければなりません。

この他、まだまださまざまなリスクがありますが、仮想通貨は自己責任の割合が非常に大きい通貨です。
もし仮想通貨デビューする場合は、リスクをしっかりと把握した上で始めたほうが良いですね。

仮想通貨のメリット・デメリット

昨年ブームの仮想通貨 いまどきシニアの考えとは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

とはいえ、仮想通貨にも良い点があるのです。
最後にメリット・デメリットをしっかりと確認しましょう。

仮想通貨のメリット

  • 大きく儲かることも
  • 分散投資に最適
  • 海外送金が早くて安い
  • グローバルビジネスの活性化

仮想通貨のメリットとして考えられるのはこれらのポイント。

海外との送金面での楽さや、世界中で共通通貨のため当価値で仕事ができるというのは、グローバルビジネスでは良いポイントでしょう。

デメリットはリスクの部分でじっくりとご紹介させていただきました。

 

急速に流行した仮想通貨。
安易に手を出すのではなく、メリット・デメリットをしっかりと知った上で始めたいところですね。

【記事関連書籍のご紹介】

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年11月6日

経済・資産

消費税率アップが怖い!今から支出を見直そう

2019年10月から10%が予定されている消費税。 政府はさまざまな増税緩和策を発表していますが、自分の家計は自分で守る、が基本です。 とくに「毎月赤字なんだよなあ」という...
2018年10月9日

経済・資産

【年間約10万円の節約?】シニア向けスマホの契約とプラン選択のポイントとは

「最近の携帯電話料金は高すぎる」 通信費の節約は、シニアの大きな課題のひとつ。 退職したので格安スマホに乗り換えたい、ガラケーを使っている両親に格安スマホをプレゼントし...
2018年10月2日

経済・資産

親はお金持ち?老々介護時代に潜む「親子破たんリスク」

「人生100年時代は、老々介護時代」といっても過言ではありません。 今は80代の親を50代の子が介護できますが、10年後には90台の親を60代の子が介護することに。 ま...
2018年9月9日

経済・資産

【完全無料】ネットでできる安心なお小遣い稼ぎとは?

「年金で安定した収入があるけれど、もう少しお小遣いが欲しいなあ」 簡単で、安心できるお小遣い稼ぎのひとつが、「ネットでのアンケートに協力する」こと。 しかし、個人情報を登録...
2018年9月4日

経済・資産

認知症の不安を解消!家族が管理できる信託商品

「もしも認知症になったら、財産の管理はどうすればいいだろう」 自分で財産の管理ができる元気なうちは問題ありませんが、そのうち認知症になってしまった場合はどうすればよいのでしょ...
2018年8月4日

経済・資産

【お金の話】シニアこそライフプランが大事 お金と真剣に向き合おう

仕事も退職し、これからは年金を基本として生活していく。 そんな風にぼんやりと考えている人も多いのではないでしょうか。 しかし、よく考えてみてください。 生活をしていれ...