メニュー
ゲストさん
slownetV@\Љ
 

【年間約10万円の節約?】シニア向けスマホの契約とプラン選択のポイントとは

「最近の携帯電話料金は高すぎる」

通信費の節約は、シニアの大きな課題のひとつ。

退職したので格安スマホに乗り換えたいガラケーを使っている両親に格安スマホをプレゼントしたいなど、格安スマホを検討しているシニアも多いでしょう。

スマートフォン

画像提供:imagenavi(イメージナビ

でも、「どうやって契約するの?」「アフターサービスは?」など、不安も多いかもしれません。

今回は格安スマホを契約するときのポイントを考えてみました。

格安スマホのメリットとは?

最近ではYmobile(ワイモバイル)やUQmobileをはじめ、mineoOCN楽天モバイルなど格安スマホと呼ばれる新しいキャリア(電波を提供するメーカー)が増えてきました。

安いキャリアを選べば、月額料金は1000円~になるなど、価格面での強みがこうした格安SIMの大きなメリットだといえます。

格安SIMには価格面のほかにどのようなメリットがあるのでしょうか?

そもそも近年毎月1万円前後かかるスマートフォンの基本料金はSoftBankからiPhoneが発売された頃にさかのぼります。

それまでのガラケー時代は通話、通信量を合わせても2000円~6000円ほどの使用料でしたが、iPhoneに用意されたプランは6000円~とかなり強気なものでした。
それもそのはずで、従来のガラケーと比べ、スマートフォンの大きなメリットは通信にあったためです。
いわゆるパケ放題でないと、満足にスマートフォンを活用できないため、このような高額な料金設定がされていました(この頃にはもう日本の携帯電話料金は高すぎる、という声が多く上がっていたんです)。

SoftBankが最初に設定した価格をdocomo、auは参考に価格をつけたため、今では各社横並びで高いという状況になっています。

高い原因は通信量がガラケー時代に比べ大きいことはもちろんですが、機種代金が高額なことも挙げられます。

先日発売されたiPhoneXsは一番安いモデルでも12万円を超えてくるなど、今やパソコンよりも高額な商品となっています。
これだけ高額なスマートフォンを2年や3年、4年で分割して購入すると、それだけ月額料金が高くなってしまうのです。

そこで、機種代金は大幅に値引けないけれど、通信量を大きく下げようと総務省が電波の解放を3大キャリア(docomo、au、SoftBank)に指示したことから、様々な会社が誕生しました。

格安SIMというと粗悪な回線を使っているのでは? と疑う人も多いかと思いますが、基本的に格安スマホ、格安SIMと呼ばれる会社は、docomo、au、SoftBankのいずれかの電波を借り、サービスを提供しています。

これら格安SIMは店舗を持たず、インターネット通販のみで販売を行う、という戦略を取ったことで、人件費、店舗代を抑え、格安な料金でサービスを提供してくれています。
ここが「格安SIMは安い」というポイントになります。

格安SIMはガラケーよりも月額料金を安く抑えることができる、というのが大きなメリットです。

SIMの購入とセッティングはこうする

スマートフォンを持つ手

画像提供:imagenavi(イメージナビ

上でもご紹介しましたが、格安スマホ、格安SIMを提供する会社は店舗を持っていないことも多く、サポートは電話やチャットといったインターネット上で行うのがメインとなっています。

そのため、実際に店舗に赴き、店員にスマホを設定してもらうということが難しいのが現状です。

一体どのように使い始めればよいのでしょうか?

iPhoneでもAndroidでも必ずスマートフォンにはSIMカードと呼ばれるカードが入っています。
現在ではNANOサイズと呼ばれるSDカードよりもさらに小さなカードです。

SIMカードはスマートフォンが通信する上で大切な情報が入っており、SIMカードを変えることで、使用するキャリアを変更することができます。

最近家電量販店でも見かけるようになった格安キャリアは、このSIMカードのみを販売しており、選んだ会社のSIMカードに自分で交換することでサービスを利用することが可能となります。

SIMカードの交換はとても簡単で、iPhoneの場合は、側面に収納されているので、iPhone購入時の箱に同梱されているクリップのようなピンを使って本体左側の穴に差し込むことで、SIMトレイが出てきます。
SIMトレーに収納されているSIMカードを交換すると、格安SIMデビュー完了です。

長々と携帯電話の説明を聞かされるより、よっぽど簡単だと思いませんか?

ただし、格安SIMを運用する上で注意しなければならない点がいくつかあります。

1つ目は現在使用しているスマートフォンはSIMロックフリー端末かどうか?

言葉だけ聞くととても難しそうですが、通常docomoで購入したスマートフォンはdocomoの回線でしか使用することができません。
この状態のスマートフォンのことをSIMロックと呼び、一定期間使用した後は解除することができますが、自分自身で申請なければなりません。

もしSIMロックされたスマートフォンを格安SIMに乗り換えたいという場合は、docomo回線の格安SIM、au回線の格安SIM、SoftBank回線の格安SIMなど、どのキャリアの回線を使用しているのかが明示されているので注意深く選ぶ必要があります。

2つ目は利用方法が不明でも尋ねられないこと。

実店舗を持たない格安SIMだからこそ、利用方法がわからなくても直接尋ねることができません。
ある程度、スマートフォンに関する知識を身に着けておく必要があります。

こうしたデメリットはありますが、現在月1万円ほどの携帯電話料金を払っていたとしたら、月々1000円~2000円になるわけですから、格安SIMに移行する価値は充分あるかと思います。

プランのわかりやすさとサポート体制の充実度で選ぶ

スマートフォンを操作するビジネスマン

画像提供:imagenavi(イメージナビ

シニア世代はどのように格安SIMを選べばよいのでしょうか?

実際、月額500円~でも利用することは可能ですが、こうした会社はほぼサポートがありません。

これから格安SIMデビューしたい、と考えている方はサポート体制が充実していること、プランがわかりやすいことを軸に会社を選ぶと良いでしょう。

現在では100社以上あり、選ぶのに迷ってしまうかと思います。
最後にオススメの格安SIMをご紹介いたします。

オススメの格安SIM Y!mobile

SoftBankが大本となって運営している格安SIMです。
最近ではテレビCMも多数放送していますよね。
こちらは格安SIMの中ではやや高めで、月額2980円~ですが、なんといっても店舗を構えていることが魅力です。

サポート体制を考えた場合、店舗を構えているYmobileが候補筆頭に挙がるでしょう。

オススメの格安SIM TONE

以前、こちらの記事(12月開始!「スマホおためしレンタル」TSUTAYAがシニア世代のスマホデビューを後押し)でご紹介したTSUTAYAが始めた格安SIMです。

店舗数の多いTSUTAYAならではの戦略と低価格な料金設定がとても魅力です。

上記2社からまずは選ぶのが良いでしょう。
より詳しい方はLINEモバイルなども良いでしょう。

スマートフォンはちょっとした工夫で、使用料を大きく下げることができます。
ぜひ面倒がらずに調べてみてくださいね。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2020年1月18日

経済・資産

日本発!海外でも人気が高まる福袋、今年は買う?迷いの方におすすめ種類の福袋を教えます

年末年始バーゲンに合わせて登場するのが「福袋」ではないでしょうか。 中身が分かる福袋や中身が見えないけど、運良かったら高額のものが入っている福袋まで多様な種類があります。 ...
2020年1月1日

経済・資産

年末年始セールで一番欲しいものは?いつを狙うべき?

新年を迎え、1月になると新しい年の始まりだから! とついつい服などを新調したくなりますよね。 このほか、何かと新しい気分になろうと買い換えるものが多い、という人もいるのではないで...
2019年12月22日

経済・資産

【確定申告】意外と知らない人多い!「セルフメディテーション税制」で節税を

みなさんは「セルフメディケーション」という言葉を聞いたことありますか? 1年間の医療費が合計10万円を超えた場合(年収200万円未満では所得の5パーセント以上)、医療費控除できる...
2019年12月14日

経済・資産

【キャッシュレス決済】消費税10%、家計への負担を少しでも減らしたい方におすすめの対策法とは

消費増税から1ヶ月以上が経過し、たった2パーセントの増税ですが商品を購入するとき、少し高くなったな? と感じませんか? 食料品などは8パーセントで据え置かれたため、そこまで増...
2019年12月10日

経済・資産

マイナンバーカードを利用すると、ポイントが貯まる?マイナンバーについて知っておこう!

消費増税に合わせて現在、キャッシュレス決済をすると2%または5%の還元が行われています。 実際にこれを機会にクレジットカードや○○ペイを利用した始めた、という方も多いようで、連日...
2019年10月2日

経済・資産

家に潜んでいる「絵」や「デザイン作品」。実は高値で売買されるかも!

快適な住環境のために、絵などのアートを飾っている方は多くいることでしょう。 作家さんから直接購入するケースもあるでしょうし、街角の雑貨店などで購入するケースもあるでしょう。 ...