メニュー
ゲストさん
cruise slownet_oi[_191203
 

血圧の変動が認知症リスクに影響 九大、日本人の追跡調査で確認

全国平均と同じ町を調査

日々の血圧が安定せず、数値が大きく変動している人は心臓や血管の病気を発症するリスクが高いことはよく知られています。

さらに、九州大学の研究チームの調査によって、認知症発症リスクも2倍に達していることが確認されました。

調査は住人の職業や年齢などが全国平均とほぼ同じ構成となっている福岡県久山町で、1961年から九大が健康状態の長期間追跡調査を行っている「久山町研究」に登録されている、認知症を発症していない60歳以上の男女1674人を、2007~2012年の間、分析したものです。

対象となった人たちは毎朝3回、自宅で血圧計を使って測定。3回の平均値をその日の血圧として記録し、1か月分の血圧データを収集しています。

そして、毎日の血圧の差(変動幅)に応じて対象者を「最も大きい」「大きい」「小さい」「最も小さい」の4つに分類し、認知症リスクとの関係を分析しました。

変動幅が認知症を発症させているかは不明

分析の結果、血圧の差が「最も大きい」人は「最も小さい」人に比べて認知症リスクが2.27倍、脳梗塞や脳卒中が原因で発症する「血管性認知症」リスクは2.79倍、アルツハイマー病のリスクは2.22倍となっていました。

変動幅が大きければ高血圧の人はもちろん、たとえ数値は正常血圧であってもリスクは上昇することが確認されています。

九大の研究チームは「血圧の変動幅が認知症の原因と示すものではない」としつつ、「血圧を安定させることが認知症予防につながる可能性がある」と話しています。

今回の調査では、測定時の体調や血圧に影響を与える可能性のある薬の服用状況などは確認されておらず、結果に限界があります。今後より規模を拡大して調査を行う必要がありますが、血圧について医師から注意をされているという人は、数値の変動が安定するような取り組みを始めてみるといいかもしれません。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント
  1. 大変参考になり有り難う御座いました。4つの変動幅を数値で示していただけるともっと参考になったと思います。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年12月7日

健康・美容

スマートウォッチで健康生活!流行のスマート時計がシニアにオススメの理由とは

Apple Watchなど装着する人も多くなったスマートウォッチ。 最近ではテレビCMでも頻繁に見かけることが多くなりました。 実際利活用している人が増えているようです。 ...
2019年11月30日

健康・美容

【運動の秋】運動のやる気が出てきたからって、やりすぎるとよくない?身体に悪影響な運動とは?

夏の暑さもどこかへいってしまって、涼しい日々が続く秋。 身体を動かすのには最適な季節ですよね。 そんな秋は「運動の秋」とも呼ばれ、屋外で運動するからも多くいます。 身体を...
2019年11月28日

健康・美容

もしかするとあなたもスマホ依存症?スマホが健康に与える影響とは?

スマートフォンを多くの人が持つようになり、手元にスマホがなかったらすぐ不安になる、スマホがなかったら外出できないなど、スマホと一体になっている方も多いのではないでしょうか? ...
2019年11月21日

健康・美容

軽い歯周病が肺炎につながることも!歯周病予防のために普段からできること

歯の健康に普段から気をつかっていますか? 歯の病気のひとつである歯周病は生活習慣病とも深い関わりがあるそうです。 また、高齢者が亡くなる原因でもある誤嚥性肺炎とも関係がある...
2019年11月20日

健康・美容

【仮面高血圧】病院ではかったら正常、家で測ったら高血圧。どっちが正しいの?

血圧を日頃家で測定している方も多いかと思います。 家で測定すると正常の範囲内に収まっている血圧ですが、病院で測定すると高くなることってありませんか? また、その反対の場合もあり...
2019年11月18日

健康・美容

【寒がり】他の人より寒さを強く感じる…。寒がりな人にオススメの対策方法とは?

特に夜は肌寒く、厚着して出かけている、という方も多いのではないでしょうか? 各地で雪の便りが届きはじめるなど、本格的な冬の足音が聞こえてきます。 そんな時期は「冷え」で悩む...