メニュー
ゲストさん
H VjASk
 

愛犬と一緒に毎日ウォーキング 想像以上の効果があった

ウォーキングと犬の散歩の違いは?

犬を飼っている高齢者は、散歩に連れて行く必要があるため、飼っていない人よりも身体活動量が多い傾向にあり、一日平均30分は外を歩き回っていると言われています。

ウォーキングやランニングの場合、日が短い冬や天候不順が続いている時期は外出機会が低下してしまい、思ったほど運動量が増えないこともあります。

また、加齢によって疲れやすくなったり、思うように体が動かなくなってしまうことで、身体活動量が低下してしまうということもあるでしょう。では、犬の散歩には一般的な運動につきものの問題はないのでしょうか。

英ケンブリッジ大学の研究者らが、1日に1回以上犬の散歩を行っている40~79歳までの健康な成人3132人と、犬を飼っていない2万5000人を対象に調査を行いました。

調査は2006年9月から2011年12月までの間に、任意のタイミングで1週間分の活動量を収集。犬の散歩が日々の身体活動に与える影響を分析するというもので、活動量は移動速度や移動量を測定する装置「加速度計」を装着してもらうことで測定しています。

また散歩をした日を細かく記録してもらい、当日の天候状態や日の出日の入りの時間を確認するなど、外出に影響を与えそうな要因も調査しました。

どんな時でも愛犬のために散歩

調査の結果明らかになったのは、犬がもたらす驚くべき運動効果でした。天候が悪い日や冬になると犬を飼っていない人たちの身体活動量は低下し、座っている時間も増加。運動習慣がある人でも同様の傾向にありました。

しかし、犬を飼っていた人たちの活動量はいつもと変わっておらず、天候や気温に左右されることなく、高齢者でも高い身体活動量を維持したままだったのです。

一般的に運動をするのは自分のためであり、自分のためだからこそモチベーションが言維持できると考えられていますが、飼い犬のための散歩という他者の面倒を見ることが高い身体活動量につながっていることに研究者らは驚いたとコメント。

「全ての人が犬の世話をできるわけではないので、健康のために犬を飼うことが推奨できるわけではないが、犬を飼っていることが健康にとって大きなアドバンテージになり得ると言うことはできる」としています。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2020年7月10日

健康・美容

加齢に伴う「サルコペニア」には注意が必要!サルコペニアとは?

加齢に伴い、身体を動かす頻度が少なくなったり、ちょっと動くとすぐに疲れを感じることは自然なこと。 ところが、筋力が落ちることで怪我をしやすい身体になったり、寝たきりになるリスクが...
NEW!
2020年7月5日

健康・美容

ずっとマスクをしていると、耳の後ろが痛い!マスクの痛みを解決する方法は?

新型コロナウイルス感染症がいまだに収束せず、暑い夏なのにも関わらずマスクを着用しなければならない状況になっています。 マスクを着用して長時間外出する場合、だんだんと耳の裏が痛...
2020年6月26日

健康・美容

なかなか眠れなくなった!寝付けなくなった!もしかすると不眠症かも?不眠症を解決するためには?

最近はなかなか外出もできず、室内にいる時間が増え、夜はなかなか眠れない人も多いのではないでしょうか? いつ終わるか分からない新型コロナウイルス感染症拡大の不安でぐっすり眠れない人...
2020年6月23日

健康・美容

健康維持のために散歩を行うことは推奨されているものの、まだ不安はある…。散歩するときの注意点は?

不要不急の外出は控えることを進められている今、普段から人通り少ない道のちょっとした散歩は大丈夫といわれ、禁止はされていません。 しかし、本当に外に出て散歩をしても大丈夫なのか、心...
2020年6月19日

健康・美容

夏に向かって高くなっていく気温、そんな中でマスク着用は危ない?「マスク熱中症」を予防するためには?

まだ完全に新型コロナウイルス感染症が収束しないまま、夏を迎えました。 このままだと蒸し暑い日にも、外出のときはマスク着用をしなければならなくなりますね。 しかし、息がしづら...
2020年6月14日

健康・美容

コロナが流行る今、どうしても移動で電車やバスなど乗り物に乗らなければならないときの注意点は?

どうしても外せない用事があり、公共交通機関を使わないといけないときもあるでしょう。 しかし、さまざまなひとが利用するバスや地下鉄などを乗るのはやはり怖く感じる方も多いと思います。...