メニュー
ゲストさん
 

愛犬と一緒に毎日ウォーキング 想像以上の効果があった

ウォーキングと犬の散歩の違いは?

犬を飼っている高齢者は、散歩に連れて行く必要があるため、飼っていない人よりも身体活動量が多い傾向にあり、一日平均30分は外を歩き回っていると言われています。

ウォーキングやランニングの場合、日が短い冬や天候不順が続いている時期は外出機会が低下してしまい、思ったほど運動量が増えないこともあります。

また、加齢によって疲れやすくなったり、思うように体が動かなくなってしまうことで、身体活動量が低下してしまうということもあるでしょう。では、犬の散歩には一般的な運動につきものの問題はないのでしょうか。

英ケンブリッジ大学の研究者らが、1日に1回以上犬の散歩を行っている40~79歳までの健康な成人3132人と、犬を飼っていない2万5000人を対象に調査を行いました。

調査は2006年9月から2011年12月までの間に、任意のタイミングで1週間分の活動量を収集。犬の散歩が日々の身体活動に与える影響を分析するというもので、活動量は移動速度や移動量を測定する装置「加速度計」を装着してもらうことで測定しています。

また散歩をした日を細かく記録してもらい、当日の天候状態や日の出日の入りの時間を確認するなど、外出に影響を与えそうな要因も調査しました。

どんな時でも愛犬のために散歩

調査の結果明らかになったのは、犬がもたらす驚くべき運動効果でした。天候が悪い日や冬になると犬を飼っていない人たちの身体活動量は低下し、座っている時間も増加。運動習慣がある人でも同様の傾向にありました。

しかし、犬を飼っていた人たちの活動量はいつもと変わっておらず、天候や気温に左右されることなく、高齢者でも高い身体活動量を維持したままだったのです。

一般的に運動をするのは自分のためであり、自分のためだからこそモチベーションが言維持できると考えられていますが、飼い犬のための散歩という他者の面倒を見ることが高い身体活動量につながっていることに研究者らは驚いたとコメント。

「全ての人が犬の世話をできるわけではないので、健康のために犬を飼うことが推奨できるわけではないが、犬を飼っていることが健康にとって大きなアドバンテージになり得ると言うことはできる」としています。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年12月12日

健康・美容

治療しても治らずずっと痛い「慢性痛」とは?慢性痛の改善・治療方法

慢性的な疼痛でお悩みの方はいませんか? その慢性痛、もしかすると神経の異常によって生じる痛みかもしれません。 痛みは身体を守るための危険信号です。 原因を解決してあげれば...
NEW!
2019年12月11日

健康・美容

いつまでも健康な脳を維持するために必要な「脳活栄養素」とは?

できるだけ長く健康な脳でアクティブに生きたい、と誰しも思うもの。 そのために人それぞれさまざまな健康法を実践していますよね。 1日20分程度のウォーキングや、食事は塩分を控...
2019年12月7日

健康・美容

スマートウォッチで健康生活!流行のスマート時計がシニアにオススメの理由とは

Apple Watchなど装着する人も多くなったスマートウォッチ。 最近ではテレビCMでも頻繁に見かけることが多くなりました。 実際利活用している人が増えているようです。 ...
2019年11月30日

健康・美容

【運動の秋】運動のやる気が出てきたからって、やりすぎるとよくない?身体に悪影響な運動とは?

夏の暑さもどこかへいってしまって、涼しい日々が続く秋。 身体を動かすのには最適な季節ですよね。 そんな秋は「運動の秋」とも呼ばれ、屋外で運動するからも多くいます。 身体を...
2019年11月28日

健康・美容

もしかするとあなたもスマホ依存症?スマホが健康に与える影響とは?

スマートフォンを多くの人が持つようになり、手元にスマホがなかったらすぐ不安になる、スマホがなかったら外出できないなど、スマホと一体になっている方も多いのではないでしょうか? ...
2019年11月21日

健康・美容

軽い歯周病が肺炎につながることも!歯周病予防のために普段からできること

歯の健康に普段から気をつかっていますか? 歯の病気のひとつである歯周病は生活習慣病とも深い関わりがあるそうです。 また、高齢者が亡くなる原因でもある誤嚥性肺炎とも関係がある...