メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。定年退職をし、1日中家にいるようになると見えてくるお互いの嫌なところが、いびきがきっかけで大爆発…なんてことも。自分ひとりで昼寝をしていても、自分のいびきで起きてしまうことがあるなんていうほどひどいいびき癖のある方。「いびきラボ」でいびき対策をしてみませんか?

いびきは録音する時代「いびきラボ」とは?

自分が寝ているときのことなんてわからないもの。家族や配偶者に「寝ている時に呼吸が止まっていたよ」と言われて初めて「睡眠時無呼吸症候群かも」と気付く、という話はよく聞きます。
少し気になる方は「いびき録音アプリ」を使って調べてみるのはいかがでしょうか?
睡眠時にアプリを起動しておくだけで、いびきを録音してくれるだけではなく、睡眠の傾向まで教えてくれる便利なスマホアプリです。

いびきラボ - いびき対策アプリ (SnoreLab)

いびきラボ – いびき対策アプリ (SnoreLab)

「いびきラボ」はiPhoneでもAndroidで利用できるスマホアプリ。いずれも利用者からは高い評価を得ているんです。
アプリ業界ではナンバー1のいびき分析アプリで、いびきを録音、測定してくれるのです。このアプリのすごいところは医師も推奨しているというところ。音波分析を使っていびきを録音・測定することで、効果的ないびき軽減方法が明らかになります。

そもそもいびきはなぜ起こる? いびきのメカニズムと危険

疲れが溜まっているときや体調が悪いときなどに起こりやすいいびき。日本で習慣的にいびきをかくひとは約2,000万人と言われており、そのうちの15%にあたる300万人がSAS(睡眠時無呼吸症候群)といわれています。
いびきがをかくメカニズムは、睡眠中に狭くなった喉を空気が通る時に出る振動音。正常な呼吸は鼻から喉を通って気管へと入っていきますが、何らかの原因で喉が狭くなった状態で空気が流れると、入る空気と出て行く空気の乱流が発生し、いびきになってしまうのです。
喉が狭くなる原因としては、「疲労・ストレス」「肥満」「小さい顎」「口呼吸」「仰向け」「加齢」「飲酒」「睡眠薬」「鼻づまり」などの原因があり、こういった特徴のある人はいびきをかきやすい傾向にあります。
そんないびきには大きく分けで3つの種類が。

ひとつめは「単純性いびき症」。無呼吸などを伴わず、睡眠が分断されないため日中の眠気がないタイプ。お酒を飲んだときや疲れた時、鼻が詰まっている時に起こりやすいいびきです。とはいえ、毎日習慣的にいびきをかいている場合は、将来的に病気に繋がる可能性があるので注意が必要です。

ふたつめは「上気道(喉)抵抗症候群」といい、無呼吸などはありませんが、習慣的ないびきを指します。睡眠中に上気道(喉)が狭くなり、強い力で呼吸をするため、睡眠が分断されてしまいます。これに当てはまる人は、日中眠気などを感じやすい傾向にあり、SAS(睡眠時無呼吸症候群)の軽いバージョンだと捉えられます。

3つめはもっとも重症な「睡眠時無呼吸症候群」。寝ている時にいびきがしばらく止まった後「ンガッ」と力強い音とともにいびきが再開したり、止まることなく朝まで継続したり、いびきに強弱がある方は要注意。無呼吸になってしまうと、身体が低酸素状態になり、疲れが抜けず日中眠気を誘発しやすいのが特徴です。こういう症状がある方は生活習慣病との合併も多いため、一度睡眠外来などへ行ってみるとよいでしょう。

このように「いびき」ひとつとってもさまざまな種類があります。でも、自分は寝ているからどんないびきかわからないし、一緒に寝ている家族も常にいびきを聞いているわけではありません。そんなときはスマホアプリに任せて録音をしてみましょう!

「いびきラボ」の使い方

使い方は簡単! アプリをダウンロードして録音タブを開き「スタート」を押すだけ。
そのほか録音タブでは、就寝時間、いびき対策、要因の設定が可能です。就寝時間は寝入るまでの時間を設定します。例えばアプリを開いてから30分で眠れる方は、30分を選択。

いびきラボ - いびき対策アプリ (SnoreLab)

いびきラボ – いびき対策アプリ (SnoreLab)

iPhone版ダウンロードはこちらから

Android版ダウンロードはこちらから

いびき対策グッズを使用している場合は設定、要因は鼻づまり、飲酒などいびきの要因になりうる項目を設定可能です。

いびきラボ - いびき対策アプリ (SnoreLab)

いびきラボ – いびき対策アプリ (SnoreLab)

あとは充電器に接続し、枕元に置いておくだけで録音してくれます。

録音されたデータは「統計データ」タブから閲覧可能。いびきは「大音量」「騒がしい」「穏やか」の3段階でチェックできます。録音されたいびきは「再生ボタン」をタップすることで聴くことが可能。毎日録音しておくと、日毎のデータも閲覧できるので毎日使用するのがおすすめです。お酒を飲んだ日、飲んでいない日の違いなども比較可能ですね。

いびきラボ - いびき対策アプリ (SnoreLab)

いびきラボ – いびき対策アプリ (SnoreLab)

ただし、毎日使用し5日を越えてからは500円が別途必要となります。「気に入ったら買ってくださいね」というシステムです。

いびきをかくと睡眠が浅くなりがち。特に毎日飲酒される方は要注意です。
「いびきラボ」を活用して、睡眠をしっかりと測ってみませんか?

【関連商品のご紹介】

ブリーズライト スタンダード 肌色 レギュラー 鼻孔拡張テープ 快眠・いびき軽減 30枚入 1,277円
ナイトミン 就寝時に貼る鼻呼吸テープ 口・のどの乾燥・いびきの音を軽減 安眠へ促します 15枚入 645円

<こちらの記事もおすすめ>
睡眠の質がアルツハイマーリスクに関係 米研究者「日中の眠気も危険信号」
すぐ眠れる枕がなんと「たわし」常識を超えた反響
日本一予約の取れない「絶頂睡眠」 大阪心斎橋に「たべない睡眠スイーツ店」オープン

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事

人気記事はありません

関連記事
NEW!
2018年4月22日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】健康のために知っておきたい『油の新常識』

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 健康のために知っておきたい油の新常識 「アブラ=太る」というイメージで、これまで悪者扱いさ...
2018年4月17日

元気のヒント

ヒトとサルはビタミンCを作れない! 美味しい季節だからこそ果物からビタミンCを

「春はイチゴやキウイフルーツなど美味しい果物が豊富で嬉しい!」 春になると美味しい果物が豊富になり、ついつい食べ過ぎてしまったり、なんだか気持ちまで明るくなりますよね。 ...
2018年4月16日

元気のヒント

【つらい季節】花粉症は生活の見直しを行うだけで改善が期待できる!

「花粉症の季節は鼻水やくしゃみが止まらなくてとてもつらい」 春に向かってくると多くの方が頭を悩ませるスギ花粉。 今や国民病とも言われる花粉症。 悩まれている方も多いの...
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月9日

元気のヒント

花粉症対策の必需品「マスク」 本当に正しく装着できている?

「花粉が本格的に飛散し始めた……」「風邪が流行し始めた……」 理由はさまざまですが、今日本ではマスクを装着している人、すごく多いですよね。 あまりの多さに海外から来た旅...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...