メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

血圧の変動が認知症リスクに影響 九大、日本人の追跡調査で確認

全国平均と同じ町を調査

日々の血圧が安定せず、数値が大きく変動している人は心臓や血管の病気を発症するリスクが高いことはよく知られています。

さらに、九州大学の研究チームの調査によって、認知症発症リスクも2倍に達していることが確認されました。

調査は住人の職業や年齢などが全国平均とほぼ同じ構成となっている福岡県久山町で、1961年から九大が健康状態の長期間追跡調査を行っている「久山町研究」に登録されている、認知症を発症していない60歳以上の男女1674人を、2007~2012年の間、分析したものです。

対象となった人たちは毎朝3回、自宅で血圧計を使って測定。3回の平均値をその日の血圧として記録し、1か月分の血圧データを収集しています。

そして、毎日の血圧の差(変動幅)に応じて対象者を「最も大きい」「大きい」「小さい」「最も小さい」の4つに分類し、認知症リスクとの関係を分析しました。

変動幅が認知症を発症させているかは不明

分析の結果、血圧の差が「最も大きい」人は「最も小さい」人に比べて認知症リスクが2.27倍、脳梗塞や脳卒中が原因で発症する「血管性認知症」リスクは2.79倍、アルツハイマー病のリスクは2.22倍となっていました。

変動幅が大きければ高血圧の人はもちろん、たとえ数値は正常血圧であってもリスクは上昇することが確認されています。

九大の研究チームは「血圧の変動幅が認知症の原因と示すものではない」としつつ、「血圧を安定させることが認知症予防につながる可能性がある」と話しています。

今回の調査では、測定時の体調や血圧に影響を与える可能性のある薬の服用状況などは確認されておらず、結果に限界があります。今後より規模を拡大して調査を行う必要がありますが、血圧について医師から注意をされているという人は、数値の変動が安定するような取り組みを始めてみるといいかもしれません。

コメント
  1. 大変参考になり有り難う御座いました。4つの変動幅を数値で示していただけるともっと参考になったと思います。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年6月8日

元気のヒント

6月14日は認知症予防の日!脳トレドリル「脳レク」で若々しい脳を保ちましょう!

認知症予防への注目の高まりから、言葉遊びや計算など脳を使って楽しむことのできるレクリエーションとして「脳トレ」の人気が集まっています。 今や、高齢者の4人に1人は認知機能に何...
2018年5月31日

元気のヒント

歯科訪問診療サービスのポータルサイト『おうちで歯科』サービス開始

「歯医者に行きたくても、なかなか動けなくて行けない…」 訪問看護や、訪問介護、訪問医療などが最近ではどんどん発達してきています。 訪問散髪なんかもありますよね。 しか...
2018年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...