メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

【けんこうアプリ調査隊】消防庁が開発した、救急車を呼ぶ目安がわかるアプリ

症状の緊急度を判定してくれる

このところ、ちょっとした怪我などでも気軽に救急車を呼ぶ人が増えており、有料化を検討すべきだという声も上がっています。2016年の救急出動件数は7年連続で過去最多を更新しましたが、半数が軽症だったということです。

一方で、深刻な症状であるにもかかわらず、救急車を呼ぶのをためらう人もあると言います。

救急車を呼んだほうがよい? 呼ぶほどでもない?・・・。迷ったときに、使うと便利なのが、消防庁が開発した「全国版救急受診アプリ『Q助』」。緊急度を判定し、救急車を呼ぶ必要があるかどうかの目安を教えてくれます。

スマートフォンのアプリを起動して該当する症状を選択していくだけなので、誰でも使えるうえ、緊急と判断すれば、タップひとつで119番に電話できる仕組みになっています。

あてはまる症状を選択するだけ

アプリを起動すると、「しゃべれるか」「急に息苦しくなったか」など、急を要する症状から問い、あてはまらない場合は、痛みがある部位や強さ、大人かこどもか、などの質問に答えていくようになっています。

答え終わると、4段階の緊急度に分けて、必要な対応を教えてくれます。
 1.いますぐ救急車を呼びましょう(緊急度が高いと思われます。今すぐ119番に電話してください。)
 2.できるだけ早めに医療機関を受診しましょう(2時間をめやすに病院に行かれたほうが良いでしょう。)
 3.緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう(夜間でしたら翌日の診察でもかまいません。)
 4.引き続き、注意して様子をみてください(家庭での経過観察または通常診療時間内でも受診を勧めます。)
画面上で症状を選択していく(左・中)  緊急度に応じて必要な対応を教えてくれる(右)

すくに使う、頻繁に使うというものではありませんが、いざというときのために、スマートフォンに入れておくと安心です。

■アプリ紹介
「全国版救急受診アプリ『Q助』」
価格:無料(iPhone、Android対応)

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年6月8日

元気のヒント

6月14日は認知症予防の日!脳トレドリル「脳レク」で若々しい脳を保ちましょう!

認知症予防への注目の高まりから、言葉遊びや計算など脳を使って楽しむことのできるレクリエーションとして「脳トレ」の人気が集まっています。 今や、高齢者の4人に1人は認知機能に何...
2018年5月31日

元気のヒント

歯科訪問診療サービスのポータルサイト『おうちで歯科』サービス開始

「歯医者に行きたくても、なかなか動けなくて行けない…」 訪問看護や、訪問介護、訪問医療などが最近ではどんどん発達してきています。 訪問散髪なんかもありますよね。 しか...
2018年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...