メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

63歳の新人作家が文藝賞受賞「おらおらでひとりいぐも」若竹千佐子さんの話題作

「最近話題の63歳の新人作家ってどんな人なの?」とシニア世代の間で話題沸騰中の若竹千佐子さん。63歳の新人としてデビュー。第54回文藝賞受賞作「おらおらでひとりいぐも」は、全選考委員が絶賛し、久米宏さんや上野千鶴子さん、小林紀晴さんなど、各紙で話題沸騰中なんです。

「おらおらでひとりいぐも」若竹千佐子 著

「74歳、ひとり暮らしの桃子さん。おらの今は、こわいものなし」
「子どもも育て上げたし。亭主も見送ったし。もう桃子さんが世間から必要とされる役割はすべて終えた。
きれいさっぱり用済みの人間であるのだ。亭主の死と同時に桃子さんはこの世界とのかかわりもたたれた気がして、もう自分は何の生産性もない、いてもいなくてもいい存在、であるならこちらからだって生きる上での規範がすっぽ抜けたっていい、桃子さんの考える桃子さんのしきたりでいい。おらはおらに従う。」
(おらおらでひとりいぐも本文より引用)

おらおらでひとりいぐも – 若竹千佐子 (著)

おらおらでひとりいぐも – 若竹千佐子 (著)

商品詳細:おらおらでひとりいぐも 第158回芥川賞受賞

このなんとも言えない書き出しで始まる本書を書いたのは63歳の新人作家、若竹千佐子さん。専業主婦をしていたという若竹さんが筆を取り書き上げた本書は、どこかほっこりとしながらも感動できる内容です。

そんな話題作が、早くも河出書房新社から単行本として刊行されます。雑誌「文藝」掲載時より、朝日新聞、読売新聞、産経新聞、東京新聞、共同通信、時事通信ほか熱い反響を読んでいる本書。
20代で田舎から上京し、結婚、出産、子育て、そして夫との死別を経て、ひとり暮らしをする74歳の桃子さんを主人公に、これまでにない「老い」を描いた注目のデビュー作となっています。
本書を執筆した若竹さんは63歳。自らを「プレ婆さん」と呼んでいます。

新人作家の登竜門「文藝賞」 若竹さんの人となり

今回若竹さんが受賞された第54回『文藝賞』は、新人作家の登竜門と言われるもの。かつて専門学校在学中の21歳という若さで白岩玄さんが「野ブタ。をプロデュ−ス」で受賞したり、高校生の綿矢りささんが「インストール」で受賞するなど、若い才能を数多く世に送り出してきました。長野県知事も務めた田中康夫さんなどもこの賞でデビュー。そんな歴史がある「文藝賞」に若竹さんはこのたび63歳で受賞ということで、歴代最年長での受賞となりました。
若竹さんは岩手大学卒業後、臨時の教員としてお勤めされていました。そして27歳で結婚後はずっと専業主婦。しかし「幼いころから『いつか小説家になりたい』と思っていた」そうです。31歳で岩手を離れ千葉で子育てに奮闘する日々は、小説を書く時間はなかったものの楽しいものたっだと言います。
ところが、55歳の時に夫が急逝。深い悲しみから立ち直れずにいた若竹さんの様子を見るに見かねて長男が勧めてくれたのが「小説講座」。この小説講座がきっかけで本格的に小説を書き始めたのだそうです。

「夫が亡くなる前に書きかけていた小説を完成させなきゃ」そんな思いで書き続けた

若竹さんは女性の人生は「娘の時代」「妻の時代」「老年の時代」と3分割できると考えてきたといいます。そして「おばあさん」の生き方に昔から興味があったそう。いろいろな時代を越えて、ひとりで生きていくことになったおばあさんは、どういう気持なんだろう、とずっと考えてきたんだとか。
若竹さんは子育て時代、幸せなのになにか物足りないものを感じていたそう。なぜだろう? と自問自答し続けていたそうです。そこで気づいたことが「自分が主人公の人生を生きたい」という思い。妻の時代は夫を立てる応援団として生きてきた。でも自分のために生きたいという気持ちは消えることがなかったそうです。

若竹さん「老年の時代」はこれから始まるわけですが、主婦の時にはチャレンジすることは叶わなかった「小説を書く」という夢を手に入れることができました。夢を追う趣味というのはやはり老後を豊かにすると言えるでしょう。若竹さんのように、昔の夢を思い出した方はぜひチャレンジしてみませんか?

<こちらの記事もおすすめ>

70歳で始めた人気カメラマン西本喜美子さん! 第二の人生の面白さ

シニア世代の趣味第2位は旅行! 驚きの第1位は? ミゾイキクコさんとは?

【人生100年時代】急増中のシニア写真モデルに初挑戦! インタビュー&撮影舞台裏ご紹介

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年10月16日

趣味・文化

今日の泉谷さん【51】 作:カワサキヒロシ「帰宅」

→はじめから読む →今日の泉谷さん一覧はこちらから →作者プロフィールのご紹介 ====== Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の...
NEW!
2018年10月14日

趣味・文化

おとなの文章教室【2】みんなが夢見る「すらすら書く」ために

どうすればいい文章が書けるのか、お悩みの方に向けて始まった「おとなの文章教室」。 全国紙の記者として40年近く活躍し、国際、外交などについて沢山の記事を書いてきた【遠藤タヌキ先生...
NEW!
2018年10月13日

趣味・文化

今日の泉谷さん【50】 作:カワサキヒロシ「もしもノート」

→次へすすむ →はじめから読む →今日の泉谷さん一覧はこちらから →作者プロフィールのご紹介 ====== Slownetでブログやコメントを更新する...
NEW!
2018年10月11日

趣味・文化

東京シティガイド【2】あの柴又で、身長2mの寅さんに出くわす

豪雨被害、40℃超酷暑、逆走台風はじめ台風の連打、北海道胆振地震……。今年の日本はどうなってしまうのだろうか、と思っていたら、10月になってしまいました。 秋風が心地よい季節...
NEW!
2018年10月11日

趣味・文化

尾瀬を歩く 案内人のつぶやき【2】OKKOが伝える尾瀬の魅力

スローネットをご覧の皆さん、すでに「秋」を見つけに行かれましたか?それともこれからですか? 今、尾瀬ヶ原は草紅葉の盛りです。徐々に周りの山々の樹木も色づきを増してます。 休日と...
2018年10月6日

趣味・文化

今日の泉谷さん【49】 作:カワサキヒロシ「ボランティア」

→次へすすむ →はじめから読む →今日の泉谷さん一覧はこちらから →作者プロフィールのご紹介 ====== Slownetでブログやコメントを更新する...