メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 会員制リゾートホテル『ザ グラン リゾート』の体験宿泊
 

【J活】思い出のジュエリーを次の世代に。終活の新トレンド

「大切にしていた指輪などの宝石類、自分の死後は子どもに譲りたい」「形見として大切に使ってもらえたら嬉しい」。生前に自分が肌身離さず大切に使用していた大切なジュエリー類。死後に残された子どもや孫、大切な家族の人達に受け継いでもらいたいと考える人も多いのではないでしょうか?
いざ譲ったとしてもサイズが合わない、デザインが好みでないかもしれないなど不安になってしまう要素も多くあるはず。
今回はジュエリー製造販売メーカーのアンブローズ アンド カンパニー株式会社が開始した、終活の1つとしてジュエリーを子どもや孫に受け継ぐための「J活」というサービスについて紹介していきます。

【J活】思い出のジュエリーを次の世代に。終活の新トレンド

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

「J活」って具体的に何をすることなの?

自分の死後に備えてお墓の準備や、相続についての話し合いなどを行う「終活」という言葉を聞いたことがある人は多いはず。「J活」というのは「終活」を行う人向けのサービスで、簡潔に言うと「自分が所有するジュエリーなどの貴金属をリモデル(デザインから作り直す)して相続することをサポートするサービス」を指します。
終活を始める際に、まず多くの人が身の回りの整理から取り掛かって行くそうです。身の回りの物で相続を考えた時、特に気になるのが結婚などの記念日、人生においてとても大切な思い出が宿っている指輪やジュエリーの相続について。終活を通してこの悩みを持つ女性は、全体の約30%に上ることがわかりました。

ジュエリーを相続する2つの方法

自分の思い出が詰まった大切なジュエリーを実際に相続するとなった時に、冒頭で述べた「サイズが合わない」などの問題はもちろん、贈与税など金銭的な問題も出てきます。
そこで、買い取りを依頼して「現金」として渡すのか、サイズも含めデザイン自体を新しく作り直す「リモデル」のどちらがよいのか、どちらにもそれぞれ良い点はあります。

・換金して現金として渡す場合
この方法であれば、年間で110万円までなら、受け取り側に贈与税がかかりません。ただし、110万円を超える場合は100%課税の対象となることを覚えておきましょう。
貴金属の場合、兄弟で分配する際に金額が明確にわかるので、公平さもあり相続トラブルの原因を減らすこともできるかもしれません。

・デザインやサイズをリモデルして渡す場合
リモデルの最大のメリットは、亡くなった人の大切な形見の品を形は変わってしまいますが、手元に残すことができ、受け継いでいけることにあります。
親から子へ、残された思い出とともに新しい歴史を刻んでいくのも素敵ではないでしょうか?
ジュエリーのまま相続しても、換金可能なジュエリーは贈与税の課税対象になります。しかし、相続した金額は買取り業者が査定した中から選ぶことができるため、現金化するよりも課税額が低く抑えることもできるようです。

どんどん活発になっていく「J活」の流れ

2015年から始まったアンブローズによる「J活」のサービス。2017年にはサービス開始当初と較べて約3倍の人達がジュエリーのリモデルに訪れるようになったとか。サービスについては見積もりを無料で行い、一級貴金属技能士がデザインを制作して、3Dプリンターで見本を手に取ることもでるとのこと。
やはり自分の大切なジュエリーは、お金に変えてしまうのではなく「子どもや孫に受け継いでもらいたい」という思いが強いのかもしれません。

相続にかかる金銭的な面でも負担になりにくいのも魅力の一つかもしれません。単なる生前整理としてではなく、家族との絆や思い出を深めるためにも一度検討してみてはいかがでしょうか?

参考リンク:アンブローズ アンド カンパニー株式会社

<こちらの記事もおすすめ>

■ブランド品専門のフリマアプリ「KANTE(カンテ)」コメ兵が開始

■「お金の準備」から「物の整理」へ。1,400名のアンケートに見る終活スタイル

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年7月10日

経済・資産

義援金を自治体に直接送る「ふるさと納税」平成30年7月豪雨 災害緊急支援募金

「災害支援金を送りたいけど、きちんと使われるのか心配。」 この度の豪雨災害で何か手助けしたいと思っても、そのようにお悩みになる方は少なくないと思います。 この記事では、その...
2018年6月28日

経済・資産

【シニアの起業】成功の鍵はやりたいことを追求する「ゆる起業」?

「定年退職したし、起業してのんびり働きたい」 長くきびしい会社勤めを終え、セカンドライフとして、起業を考えている方も多いのではないでしょうか? 起業と一言で言っても、世界を...
2018年6月24日

経済・資産

昨年ブームの仮想通貨 いまどきシニアの考えとは?

「去年は仮想通貨がブーム。乗り遅れちゃったな」 「億り人(おくりびと)」という言葉がブームになるほど、億万長者が増えた仮想通貨。 昨年下期あたりから人気にじわじわと火が付き...
2018年6月22日

経済・資産

【老後のお金問題】無職世帯の毎月の赤字はどのくらい?

「もう仕事もしていないから貯金で生活しているけれど、赤字……」 定年退職し、年金を受給するまでの間、完全な無職という人も多いのではないでしょうか? 年金の繰り上げ受給は、受...
2018年5月18日

経済・資産

【診療報酬改定】医療費節約5つのコツ

「新聞などで診療報酬改定って見たけど、具体的に何が変わるの?」 今年4月から診療報酬が改定され、病院の窓口で支払う医療費が変わりました。 医療報酬とは、診察や検査薬などの料...
2018年5月17日

経済・資産

年金は65歳からもらわないほうがお得かも?繰り下げ受給を学ぼう

「そろそろ年金がもらえる年齢だ。楽しみ」 65歳になると支給される年金。 楽しみに待っている人も多いのではないでしょうか? しかし、この年金。 本当に65歳で受け取...