メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

「お金の準備」から「物の整理」へ。1,400名のアンケートに見る終活スタイル

「亡くなったあとのことをきちんとしておきたい」と思うシニア世代が増加し始めたため、数年前から自身が亡くなったあと、家族に迷惑をかけないよう身辺整理や今後のことをきちんとまとめる「終活(しゅうかつ)」が、シニア世代のブームになっています。その一方で、「終活」という言葉は知っているし、自分もやってみたいけれど、終活って具体的にどうやるの? と思っているシニア世代も多いはず。興味深い調査結果が出たのでご紹介します。

シニアの終活スタイル

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

「終活」についてのアンケート調査結果

SBIいきいき少額短期保険会社の保険加入者、1400名を対象に「終活」に関するアンケート調査を実施したところ、約90%が「終活」という言葉を「知っている(聞いたことがある)」と回答。ところが25%は「知らない」「具体的なことは知らない」と回答したそうです。また、「終活について家族と話したことはあるか?」という質問に対しては約79%が「話した」「話したいと思っている」と回答。家族に迷惑をかけたくない、という思いを持っているシニア世代が多いということが伺えます。これらは、「自身が亡くなったあと、家族が困らないように」という思いから起こる行動と言えそうですね。

終活って具体的に何からはじめるの? 「お金の準備」から「物の整理」へ

では、終活とは具体的に何から行えばよいのでしょうか? 約52%の人が行ったのが保険の加入状況などを確認する「お金の準備」から。もちろんお金の準備の中には葬儀の準備も含まれています。今回の回答者の多くが「家族葬」を希望していたことから、お葬式代くらいの蓄えはもっておきたい、という様子が伺えます。終活とは家族のためだけのものではありません。約43%の人が「人生を楽しむこと」と回答。残りの人生を目一杯楽しむことこそが「終活」と考えている人も多いようです。また、「これから行いたいこと」として約37%の人が家族に負担をかけないよう「ものの整理・片付け」を挙げています。
これらのことから、「終活」は、お金の準備や楽しむことから始める人が多いようです。保険を見直したり、葬儀のお金を準備したり、と自身の人生をしっかり終えられる見通しが立てば、趣味などを全力で楽しむことができますよね。そのため。お金の準備が終われば、「今の人生を楽しむこと」と回答する人の割合が多くなります。今までできなかったことを目一杯楽しんだあとは、物の整理や片付けを行い、しっかりとキレイにし、余生を楽しむ傾向がある、ということが読み取れます。

「終活」は「自分で行いたいこと」と「家族に行ってほしいこと」が異なる?

「終活」に関して、自身が行っていることまたはこれから行いたいこととして「物の整理・片付け」を挙げる人が最多で70%以上という結果に。しかし、家族などに「行ってほしいこと」は、「特になし」という回答が最多で、続いて「ものの整理」「今の人生を楽しむこと」が挙げられました。自分の行動と周囲の行動になぜ違いが生まれるのでしょうか?
「物の整理・片付け」や「今の人生を楽しむこと」は、自分そして家族の行動として共通する部分。しかし、まずは「自分で行動しよう」と考える人が多いようです。これは家族には多くのことを求めない、気を遣わせたくないという気遣いが伺われる結果ですね。
また、終活を始める時に気になるのは、「どのくらいのお金が必要になるのか?」ということ。これについては多くの人が「不明」と回答。「より良く生きたい」と考えている人は、500万円以上は持っておきたい、と考える傾向にあるようです。

「もしも」はいつくるかわかりません。年末年始に家族で集まったときなど自分の死後についてしっかりと話し合うことで、遺された家族が後悔することはなさそうです。もし「死んだあとのことなんて」と考えている方も、よりよい終活より良い準備を始めてみませんか?

参考リンク:SBIいきいき少額短期保険株式会社

【関連商品のご紹介】
コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート  900円
カリスマ診断士が日本一やさしく教える 終活・相続の便利帳  999円

<こちらの記事もおすすめ>

【J活】思い出のジュエリーを次の世代に。終活の新トレンド

白州次郎に学ぶ“最後まで自分らしく生きる”ための遺言書の作り方

終活も気遣いの時代「エンディングノート」で家族への負担を減らす

【終活のはじめ】自分らしいスタイルを探そう・いろいろな供養のかたち

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年5月19日

社会

【お墓の引っ越し】故郷のお墓を最期まで見守ろう

「終活もそろそろ終わりそう。お墓はどうしよう?」 終活を始めて身の回りの物を整理したり、遺産相続についてきちんとしたり、自分自身の葬儀や墓のことを決めたり。 しかし子供...
2018年5月8日

社会

【シニア世代の恋】何歳でも恋は始められる

「歳も歳だし恋愛なんて…」 そう思って諦めてはいませんか? 今では60代、70代での恋愛、結婚は珍しくないんです。 40〜70代で結婚した人の数は2000年と比べ、約...
2018年4月24日

社会

【シニアの身だしなみ】お金をかけず素敵に見えるシニアの身だしなみ

「オシャレだと思われたいけれどお金はかけたくない」 自分をよく見せたい、という思いは何歳になってもなくてはならないものです。 身だしなみに気を使わなければ、相手からの印象が...
2018年4月23日

社会

モテる条件は年齢で変わる?シニア婚活攻略法

「最近シニアの婚活が流行っているらしい。若い人の婚活と何が違うんだろう?」 最近は若い人の婚活だけではなく、シニア世代の婚活もブームになってきています。 ニュース番組などで...
2018年4月18日

社会

スマホで撮影した写真がすぐ届く!「まごチャンネル」

「卒業式や入学式の孫の姿が見たい。でも住んでいる場所が遠いし…」 遠方に住んでいる孫の姿を見たいと思っても、住んでいる場所が遠いからなかなか見られないもの。 近くに住んでい...
2018年4月13日

社会

65歳以降46.0%が「仕事したくない」一方、働くシニアの平均収入は22万1,000円

「60歳までだと思っていたのに65歳まで…。いつまで働けばいいの?」 厚生年金は共済年金は働き始めの時は60歳支給開始だったのに、 気がつけば65歳になっていた。 ずっとゴ...