メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
 

終活も気遣いの時代「エンディングノート」で家族への負担を減らす【シニア】

「終活は家族任せにせず、きちんとノートに残して準備しておきたい」そんな思いから、「エンディングノート」に興味を持つ方が増えてきました。「エンディングノート」というドキュメンタリー映画が公開された2011年、「エンディングノート」という言葉は、流行語大賞にもノミネートされました。最近では、エンディングノートを配布したり、書き方講座を開催する地域もあります。「エンディングノート」とはどうやって書けばいいのでしょうか?

“エンディングノート”で自分の意思を【シニア】

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

エンディングノートとは何だろう?

「終活は家族任せにせず、きちんとノートに残して準備しておきたい」
2017/10/14-神戸新聞NEXTより

兵庫県小野市福祉総合支援センター(同市王子町)で開かれた「エンディングノート」の書き方講座に参加した主婦(62)は、こう語りました。親族を亡くした時、保険証書などの場所が分からずに苦労したそうです。
「エンディングノート」は自身の終末期や死後に家族がさまざまな判断や手続きをすすめる際に、資産のことや葬儀のこと、自分の希望など必要な情報を書き残すためのノートです。例えば、死後、家族の知らない交友関係のところに自分の死を連絡してほしい、お葬式はこのような方法で行ってほしい、もし介護が必要な状態になったらじぶんはこうしたい、などといったことを記入しておくことで、残された家族は、様々な手続きを進めやすくなります。

コクヨ<もしもの時に役立つノート>

コクヨ<もしもの時に役立つノート>


コクヨ:エンディングノート「もしもの時に役立つノート」

エンディングノートに記録しておくこと

エンディングノートには、自分しか知らない情報を書き残しておきましょう。たとえば自分の本籍地、健康保険証や免許証などの保管場所、住民票コードやマイナンバー。さらに、預貯金に関しては、口座番号やネットバンキングのID、公共料金やクレジットカードの自動引き落としの情報、資産に関しては、有価証券や不動産について、借入金がある場合は、返済方法や保証人の保証責務なども書いておくといいでしょう。
ただし、エンディングノートの万が一の紛失を想定し、あくまでも家族に存在を伝えられる範囲の情報にとどめておくことをおすすめします。銀行口座の暗証番号、クレジットカード番号など全てを記入すると、不正利用の恐れがあります。
ほかには携帯電話の契約終了時等の連絡先や、パソコンのメールアドレスなどの身の回りのこと、親族や友人の連絡先なども書いておくと、万が一の際のスムーズな連絡が可能になります。
かかりつけの病院名、重病を患った際の治療方針の決定者や、延命措置、介護の希望についてなどは、いざというときにご自身と家族との意見が食い違わないよう、家族や親しい方に相談してから書く方がいいかもしれません。

エンディングノートの注意点

エンディングノートは、遺産や相続に関することを書いても、遺言書ではないので法的な効力はありません。そのため、遺産や相続に関して書き残しておきたいことがある場合は、法的な遺言書を用意することをおすすめします。エンディングノートへ書き残すのは、あくまで、“家族が参考にするもの”と認識しておくといいでしょう。
エンディングノートを残すことは、万が一のときに家族の負担を軽減できるという良さもありますが、家族にとっては、ご自身の意思のつまったエンディングノートが、大切な形見にもなるそうです。色んなことを決められるうちに、作成してみるのはいかがでしょうか。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?
人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年11月11日

暮らし・社会

気に入らない兄弟と縁を切りたい!法的に可能なのか弁護士が解説

兄弟や姉妹や血の繋がった肉親であり、助け合う存在。ところが、一度仲がこじれてしまうと、友人以上に憎み合うといわれています。そのような場合、残念なことですが、「縁を切りたい」と考える...
NEW!
2018年11月8日

暮らし・社会

【実録】元不倫相手に「慰謝料払え!」は認められる?

最近多くの反響をいただいている、シェアしたくなる法律相談所の【実録】シリーズ! 今回は、私の友人から聞いたトンデモ話をご紹介します! [caption id="attach...
2018年11月1日

暮らし・社会

【夫婦のスレ違い】家事に男女の意識差!仲睦まじい老後を過ごそう

定年退職後、家事にも協力しているのに、なぜか妻の顔色がいま一つ冴えない!? そんなもやもやを感じているシニア男性もいるのではないでしょうか? その原因は「妻と夫で、相手にも...
2018年10月31日

暮らし・社会

【長寿祝ギフト】あげる人も、もらう人もうれしいのは何?

長寿祝いのギフト、シニアのみなさんは、贈る側と贈られる側、両方の立場になることが多いのではないでしょうか? 贈る側としては何がいいかと迷うもの。また、贈られ側になると、「何が...
2018年10月28日

暮らし・社会

終活はスーパーで? サポートサービスが活発に

「いつかはやろうと思っているけれど、なかなか手が付けられない」 終活について、そんな思いを持っているシニアも多いのではないでしょうか? 最近では、スーパーのイオンのグループ...
2018年10月21日

暮らし・社会

もう行列しない!事前予約システムを活用しよう

時間があるからといって、並んで待つのは苦手。 体力のこともあり、そうしたシニアも多いことでしょう。 [caption id="attachment_23941" align...