メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

終活も気遣いの時代「エンディングノート」で家族への負担を減らす【シニア】

「終活は家族任せにせず、きちんとノートに残して準備しておきたい」そんな思いから、「エンディングノート」に興味を持つ方が増えてきました。「エンディングノート」というドキュメンタリー映画が公開された2011年、「エンディングノート」という言葉は、流行語大賞にもノミネートされました。最近では、エンディングノートを配布したり、書き方講座を開催する地域もあります。「エンディングノート」とはどうやって書けばいいのでしょうか?

“エンディングノート”で自分の意思を【シニア】

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

エンディングノートとは何だろう?

「終活は家族任せにせず、きちんとノートに残して準備しておきたい」
2017/10/14-神戸新聞NEXTより

兵庫県小野市福祉総合支援センター(同市王子町)で開かれた「エンディングノート」の書き方講座に参加した主婦(62)は、こう語りました。親族を亡くした時、保険証書などの場所が分からずに苦労したそうです。
「エンディングノート」は自身の終末期や死後に家族がさまざまな判断や手続きをすすめる際に、資産のことや葬儀のこと、自分の希望など必要な情報を書き残すためのノートです。例えば、死後、家族の知らない交友関係のところに自分の死を連絡してほしい、お葬式はこのような方法で行ってほしい、もし介護が必要な状態になったらじぶんはこうしたい、などといったことを記入しておくことで、残された家族は、様々な手続きを進めやすくなります。

コクヨ<もしもの時に役立つノート>

コクヨ<もしもの時に役立つノート>


コクヨ:エンディングノート「もしもの時に役立つノート」

エンディングノートに記録しておくこと

エンディングノートには、自分しか知らない情報を書き残しておきましょう。たとえば自分の本籍地、健康保険証や免許証などの保管場所、住民票コードやマイナンバー。さらに、預貯金に関しては、口座番号やネットバンキングのID、公共料金やクレジットカードの自動引き落としの情報、資産に関しては、有価証券や不動産について、借入金がある場合は、返済方法や保証人の保証責務なども書いておくといいでしょう。
ただし、エンディングノートの万が一の紛失を想定し、あくまでも家族に存在を伝えられる範囲の情報にとどめておくことをおすすめします。銀行口座の暗証番号、クレジットカード番号など全てを記入すると、不正利用の恐れがあります。
ほかには携帯電話の契約終了時等の連絡先や、パソコンのメールアドレスなどの身の回りのこと、親族や友人の連絡先なども書いておくと、万が一の際のスムーズな連絡が可能になります。
かかりつけの病院名、重病を患った際の治療方針の決定者や、延命措置、介護の希望についてなどは、いざというときにご自身と家族との意見が食い違わないよう、家族や親しい方に相談してから書く方がいいかもしれません。

エンディングノートの注意点

エンディングノートは、遺産や相続に関することを書いても、遺言書ではないので法的な効力はありません。そのため、遺産や相続に関して書き残しておきたいことがある場合は、法的な遺言書を用意することをおすすめします。エンディングノートへ書き残すのは、あくまで、“家族が参考にするもの”と認識しておくといいでしょう。
エンディングノートを残すことは、万が一のときに家族の負担を軽減できるという良さもありますが、家族にとっては、ご自身の意思のつまったエンディングノートが、大切な形見にもなるそうです。色んなことを決められるうちに、作成してみるのはいかがでしょうか。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?
人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年5月19日

暮らし・社会

【お墓の引っ越し】故郷のお墓を最期まで見守ろう

「終活もそろそろ終わりそう。お墓はどうしよう?」 終活を始めて身の回りの物を整理したり、遺産相続についてきちんとしたり、自分自身の葬儀や墓のことを決めたり。 しかし子供...
2018年5月8日

暮らし・社会

【シニア世代の恋】何歳でも恋は始められる

「歳も歳だし恋愛なんて…」 そう思って諦めてはいませんか? 今では60代、70代での恋愛、結婚は珍しくないんです。 40〜70代で結婚した人の数は2000年と比べ、約...
2018年4月24日

暮らし・社会

【シニアの身だしなみ】お金をかけず素敵に見えるシニアの身だしなみ

「オシャレだと思われたいけれどお金はかけたくない」 自分をよく見せたい、という思いは何歳になってもなくてはならないものです。 身だしなみに気を使わなければ、相手からの印象が...
2018年4月23日

暮らし・社会

モテる条件は年齢で変わる?シニア婚活攻略法

「最近シニアの婚活が流行っているらしい。若い人の婚活と何が違うんだろう?」 最近は若い人の婚活だけではなく、シニア世代の婚活もブームになってきています。 ニュース番組などで...
2018年4月18日

暮らし・社会

スマホで撮影した写真がすぐ届く!「まごチャンネル」

「卒業式や入学式の孫の姿が見たい。でも住んでいる場所が遠いし…」 遠方に住んでいる孫の姿を見たいと思っても、住んでいる場所が遠いからなかなか見られないもの。 近くに住んでい...
2018年4月13日

暮らし・社会

65歳以降46.0%が「仕事したくない」一方、働くシニアの平均収入は22万1,000円

「60歳までだと思っていたのに65歳まで…。いつまで働けばいいの?」 厚生年金は共済年金は働き始めの時は60歳支給開始だったのに、 気がつけば65歳になっていた。 ずっとゴ...