メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

書もTVも捨てよ、旅に出よう!~すっきりしない毎日だと感じているなら~

豪華クルーズ船

旅はすぐにできる非日常体験

 『書を捨てよ、町に出よう』が天才・寺山修二の著作であることは、1960年代、1970年代に青春を過ごした人なら、ご存知でしょう。この本の紹介文には、「あなたの人生は退屈ですか。どこか遠くに行きたいと思いますか。あなたに必要なのは見栄えの良い仕事でも、自慢できる彼や彼女でも、お洒落な服でもない。必要なものは想像力だ」とあります。
リタイア世代にも通じるような文章ですね。もっとも、これは寺山修二本人ではなく、出版社の人が書いたもののようです。本の内容はもっと刺激的ですから。

 自宅のソファで新聞やTVを友に過ごしている方々、どうも毎日が退屈だと感じている方々、はたまた、何かしなければと、無理にやることを作ってお疲れ気味な方々、気になることがあって気分転換が必要な方々・・・。

 すべてのすっきりしない思いを抱いているシニア世代に、想像力を刺激する旅をお勧めします。心身両面の健康に、旅はとても効果的です。今回は、寺山修司の著作タイトルを意識しつつ、旅に踏み出すヒントを紹介することにしました。
 とはいえ、夫婦で、あるいは友人たちと何度も旅行をしている、現役時代は仕事で各地に出張したので、日本のほとんどはよく知っていると思っている人もいるでしょう。しかし、旅にはさまざまな楽しみ方や手段があります。

 同じ場所でも交通手段や同行する人が違えば、印象は異なります。そこで体験したことが異なれば、まったく違う旅です。大勢で賑やかな旅も悪くはありませんが、一人自転車を走らせる旅、全国の居酒屋を訪ね歩く旅、ふらりとカメラを抱えて出かけてみるのもいいかもしれません。治安のいい日本国内はふらり旅には最適です。

男性の旅を促す企画が

 夫婦で、友人と、家族で、あるいは一人で、旅を楽しむ女性は多く見かけます。男性はどうでしょうか。わがままが言える夫婦での旅が一番気楽でいいのでしょうか。だた、非日常感はあまり味わえません。
 男性の旅の楽しみ方はまだまだ未開拓。だから、逆に市場として可能性があるはずと、今、旅行業界がスポットを当てつつあるのは男性向けの旅です。こんな企画が出てきました。

◆「男一人旅」:日本旅行http://www.nta.co.jp/hitori/otokohitoritabi/
 主に働き盛りの中年男性の申し込みが多いとか。妻子がいてもあえて「ひとりになること」を選ぶのは、日々の様々な役割から逃れて疲れを癒し、現実の世界で頑張れる自分に取り戻すのでしょう。

◆「こだわる男の登山教室」:クラブツーリズム
http://www.club-t.com/theme/sports/aruku/mt-learn/)。

 近年、山ガールに注目が当たっていましたが、山男は問題なしとしても、山に関心のある男性初心者は放っておかれたかもしれません。まずはこうしたツアーで基本を磨いて、いずれは「日本百名山」踏破を目指す、なんてこともありかもです。 「湧水で味わう珈琲&バーナー講習会 in 弘法山」や「ウィスキーに合うカンタン自家製燻製作り in 奥多摩」など、山で楽しむハウツーを盛り込んだ内容。仲間づくりにもつながるのではないでしょうか。

燻製づくり

ページ: 1 2

コメント
  1. 船旅、夢でした。

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年7月2日

元気のヒント

「失ってから後悔したもの」 髪の毛をしのぐ1位は…?

「衰えを感じた」のは57.1歳 年齢を重ね、自分の体について変化したこと、失ったものは何ですか? その中で、もっとも後悔しているものは…? 矯正歯科治療を提供するアライ...
2017年7月16日

元気のヒント

2015年の都道府県別死亡率発表 ワースト1位となったのは…

死亡率上位に多いのは東北 47都道府県別の健康度を示すランキングなどでよく登場するのが、死亡率の順位です。全死因(すべての理由を含む死亡)や各種がんでの死亡率を比較したデータ...
2017年8月6日

元気のヒント

ひざからポキポキ音がする 実は変形性膝関節症のサイン

医師にも音の意味がわからなかった しゃがむ、立ち上がるなどひざを曲げる動作をしたとき、ひざから「ポキポキ」と音がしたことがありませんか。 音自体は指をポキポキと鳴らした...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
2017年3月29日

元気のヒント

既婚者と未婚者、ストレスに大差 「常識とは逆」の調査結果に驚いた

コルチゾール値でストレス度を分析 既婚者に比べて未婚者は気ままな生活ができ、ストレスもなさそう…というイメージがあるかもしれませんが、ストレスの目安となるホルモンの量を分析し...
2017年7月29日

男と女の体相談室

【男の相談室】コンドームいらずの男性避妊薬 注射1本、生殖機能回復も可能

避妊といえばコンドームや女性が内服するピル(経口避妊薬)などが一般的だが、ペニスにジェル状の半固形物を注射して精子をとめる男性用避妊薬の開発が進んでいる。 この避妊薬は「ベイ...
関連記事
2017年5月29日

松本すみこコラム

大人の男が支持するお取り寄せサイトを作った男 東京都 萩原章史さん(55歳)

萩原章史さん ゼネコンのサラリーマンから転身  全国から選りすぐった食材を販売する「うまいもんドットコム」。主要な顧客層は45歳以上の男性という珍しいお取り寄せサイ...
2017年5月19日

松本すみこコラム

ふらりまち歩き「信州・松本」 主な名所は徒歩でOKマイペース町めぐり

国宝・松本城 松本城では無料ガイドを利用すべし  国宝・松本城に耐震工事が必要とのニュースが流れていました。工事が始まると、長期間、見学ができなくなるかもしれません...
2017年5月16日

松本すみこコラム

「高額療養費制度」を知ってますか? ~200万円の医療費自己負担が10万円に~

保険で悩むシニア世代  私が活動するNPO法人シニアわーくすRyoma21(http://www.ryoma21.jp/)のメルマガに、メンバーがこんな編集後記を書い...
2017年4月21日

松本すみこコラム

自分を癒してくれた富士山を撮り続ける 静岡県富士宮市 島野孝一さん

富士山との出会い ダイヤモンド富士  新幹線や車に乗っていて富士山が見えてきたら、誰もが思わず、スマホや携帯カメラのシャッターを押してしまうのではないでしょ...
2017年4月14日

松本すみこコラム

骨董市で楽しもう! ~これといった趣味がないというあなたにこそ~

掘り出し物を探す人で賑わう骨董市 散歩がてら、ふらりと寄る 骨董市といわれても、古臭いものには関心がない、関心はあっても、どこをどうみていいのかわからないという人は多い...


モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円

ちょこっと脳トレ!
男と女の体相談室