メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

【100円家事代行】乾電池の交換など生活の小さな困りごとを助けてくれるサービス

「生活に不便があるけれど、ちょっとしたことだから頼むのは気がひける」と思うことはありませんか? とても簡単なことだと電球の交換や大きなものの買い出しなど。こうした身の回りのささいな困り事は、これからも歳を重ねていくシニア世代にとって大きな問題になりがちです。こうしたちょっとした問題を[5分100円]というわかりやすい料金体系の生活支援[御用聞き]サービスで解決する、新しいスタイルの便利屋さんをご紹介します。

【100円家事代行】乾電池の交換や家具の移動など生活の小さな困りごとを助けてくれるサービス

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

5年間で4000件を超える依頼 学生やシニア世代も御用聞きとして活躍

東京都板橋区にある「株式会社御用聞き」。一度聞いたら忘れられないこの名前の会社が「100円家事代行」と「たすかるサービス」という生活支援サービスを提供する、新しいスタイルの便利屋さんです。
「100円家事代行」とは5分100円で電球や電池交換、宛名書き、郵便物回収、ビンのフタ開け、カートリッジ交換などの比較的簡単な作業を請け負います。
「たすかるサービス」は5分300円からで粗大ごみや家具の移動、草むしり、大掃除などやや体力などを使う作業が対象。これらのサービスは5年間で4000件を超える依頼があるといいます。
これらの「御用聞き」はスタッフとして登録されている、大学生や元気なシニア世代が行ってくれるそうで、5分100円、5分300円というわかりやすい料金体系がボランティアスタッフの確保にも役立っています。有償か無償かはスタッフ本人が選択できるそう。

この事業を営む「株式会社御用聞き」代表の古市盛久さんは

「スタッフは月に1度や週に数時間など柔軟にシフトを組んで対応しています。学生は地域支援活動を通してコミュニケーション力や問題解決能力などを養うことができ、終活のアピール材料になるというメリットがあります。シニア世代にとっては地域で困っている高齢者の役に立つことで、やりがいを感じてもらえています」
ーHELPMAN JAPAN “5分100円”で生活者を支援 医療と介護の隙間を埋める「御用聞き」より引用

とコメントされています。
古市さんがこのサービスを始めるきっかけとなったは、ある時仕事で訪れたお宅のインターホンが壊れているのに気づいた際だったそうです。「株式会社御用聞き」ホームページにその時のエピソードが紹介されていました。

御用聞きの創業ストーリー

そのお客様のご自宅に初めて訪問した時、インターホンが鳴らず、
爆音でテレビ番組が放送される中、お客様の名前を叫びながらお部屋の中に入りました。

おひとりで暮らす、高齢者の女性でした。
ご注文は電球交換で、5分100円で無事終了。

精算時、インターホンが故障していることを何気なく告げると、
その女性は思いもがけない心の内を話してくれました。

「インターホンが壊れていることは、ずっと前から知っているんだよ。
 でも、誰も直してくれないし、誰に相談したらいいかもわからないしねぇ…。
 インターホンが鳴らないから、友達が訪ねて来ても分からないと困ると思って
 それで友達に嫌われるのが怖くて、ずっと鍵を開けっ放しにしているの」

それが不安で、夜も眠れないと打ち明けてくれました。

インターホンのカバーを開けると、それは電池式。
電池を交換することで、簡単に直す事ができました。

インターホンが鳴った瞬間、お客様は私のほうを向いて大粒の涙を流されました。
手をあわせ拝むようにしながら、私に何度も何度も頭を下げ、お礼を言われました。

「ありがとう。ありがとう。これで安心してゆっくり眠れる。
 人様に迷惑かけないで暮らせる……」

電球交換がきっかけで生まれた会話から見えてきた、本当の困りごと。
それは他人から見れば何でもないような、ちょっとしたことかも知れません。
しかしご本人にとっては、とても大きな生活の困りごとになっていたのです。

これが、「御用聞き」としての活動を本格化する、始まりのストーリーでした。

「株式会社御用聞き」ホームページより引用

こうした助け合いの心を大切にしたあたたかいサービスが増えることで、生活のちょっとした困りごとを頼み安心して暮らせる方が増えるのではないかと感じます。

御用聞きのサービスメニュー

■100円家事代行
5分100円メニュー
・電球交換
・電池交換
・あて名書き
・郵便物回収
・びんのフタ開け
・カートリッジ交換
・ウォーターサーバー付け替え
・日常的なお掃除

■たすかるサービス
5分300円メニュー
・家具、粗大ゴミ移動
・草むしり

たすかるメニュー
・大掃除のお手伝い
・ふろ掃除(しっかりめ)
・トイレ掃除(しっかりめ)
・キッチン掃除(しっかりめ)
・ちょっとしたPCサポート
・その他いろいろ

お住まいの地域でサービスが受けられるかなどのお問い合わせは下記の電話番号、またはFacebookのメッセージから行うことが可能です。

■株式会社御用聞き
0120-309-540(平日:9:30〜17:00)
御用聞きFacebookページ

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?
人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年12月1日

趣味

悲壮と笑いの同居! 第17回「シルバー川柳」入選作品が発表される

「遺言書『すべて妻に』と妻の文字」「『君の名は?』老人会でも流行語」。毎年敬老の日に合わせて公募される大人気「シルバー川柳」が今年も開催されました。思わず吹き出す悲喜こもごもの珠玉...
2017年12月6日

IT・科学

第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」

第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」 第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」 パソコンのユーザーサポートというと、電話をかけた...
2017年12月5日

暮らし

没イチという生き方が増えている? 没イチって何?

「NHKで没イチというおひとりさま特集を見たけれど“没イチ”ってイマイチなにかわからなかった…」という人、いませんか? バツイチという言葉はよく聞く言葉で、1度離婚歴のある人のこと...
2017年12月5日

くらしのマネー情報

12月開始!「スマホおためしレンタル」TSUTAYAがシニア世代のスマホデビューを後押し

「最近あのひともスマホを持ち始めたし、子どもや孫ともLINE(ライン)を使って連絡を取ってみたい。でも、スマホの使い方ってわからないし、買ってみて後悔はしたくない」。新しいものを購...
2017年12月4日

暮らし・社会

SNS利用拡大で広がる「炎上」の恐怖! 快適に利用する"秘訣"とは

「気軽に書いた一言で、いろいろな人から批判されてしまった」という経験がある人も多いのではないでしょうか? 2010年代から、インターネットリテラシー(インターネット利用時のマナー)...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
関連記事
NEW!
2017年12月10日

暮らし・社会

三日坊主は「浮気」で克服!? 慶應義塾大学と20万人の習慣化アプリ「みんチャレ」

「何をはじめても三日坊主になってしまう。なかなか長続きしないなぁ。長続きするコツはあるのかな?」シニア世代に限らず、三日坊主はいくつになっても直らないもの。しかし、そんな三日坊主は...
NEW!
2017年12月8日

暮らし・社会

【ご意見募集中】お年玉は何歳まであげる? 相場はどのくらい?

「新年を迎えるから孫にお年玉をあげなくちゃ。でもいくらあげるのが平均なんだろう?」 毎年年末から年始にかけて頭を悩ませるシニア世代も多いのではないでしょうか? お孫さんが小学生な...
NEW!
2017年12月7日

暮らし・社会

行列ができる「遺影撮影会」!? テレビでも話題の美しすぎる遺影が人気

いま「最高に美しく撮れる」と人気の、とある写真サービスがあります。 「終活」という言葉がブームになって10年ほど。身の回りの整理を始めると同時にシニア世代の多くが真っ先に取り掛か...
2017年12月5日

暮らし・社会

没イチという生き方が増えている? 没イチって何?

「NHKで没イチというおひとりさま特集を見たけれど“没イチ”ってイマイチなにかわからなかった…」という人、いませんか? バツイチという言葉はよく聞く言葉で、1度離婚歴のある人のこと...
2017年12月4日

暮らし・社会

SNS利用拡大で広がる「炎上」の恐怖! 快適に利用する"秘訣"とは

「気軽に書いた一言で、いろいろな人から批判されてしまった」という経験がある人も多いのではないでしょうか? 2010年代から、インターネットリテラシー(インターネット利用時のマナー)...
2017年12月2日

暮らし・社会

【終活準備】これぞ最先端!お経ペッパーにVRお葬式!?「エンディング産業展」人生の仕舞い方

「終活が流行っているけれど、人生の仕舞い方にはどのようなものがあるのだろう?」そう疑問に思うシニア世代は多いはず。終活という言葉が使われだしてから10年ほど。終活事情はどんどん変わ...


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円