メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
 

【100円家事代行】乾電池の交換など生活の小さな困りごとを助けてくれるサービス

「生活に不便があるけれど、ちょっとしたことだから頼むのは気がひける」と思うことはありませんか? とても簡単なことだと電球の交換や大きなものの買い出しなど。こうした身の回りのささいな困り事は、これからも歳を重ねていくシニア世代にとって大きな問題になりがちです。こうしたちょっとした問題を[5分100円]というわかりやすい料金体系の生活支援[御用聞き]サービスで解決する、新しいスタイルの便利屋さんをご紹介します。

【100円家事代行】乾電池の交換など生活の小さな困りごとを助けてくれる御用聞きサービス

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

5年間で4,000件を超える依頼 学生やシニア世代も御用聞きとして活躍

東京都板橋区にある「株式会社御用聞き」。一度聞いたら忘れられないこの名前の会社が「100円家事代行」と「たすかるサービス」という生活支援サービスを提供する、新しいスタイルの便利屋さんです。
「100円家事代行」とは5分100円で電球や電池交換、宛名書き、郵便物回収、ビンのフタ開け、カートリッジ交換などの比較的簡単な作業を請け負います。
「たすかるサービス」は5分300円からで粗大ごみや家具の移動、草むしり、大掃除などやや体力などを使う作業が対象。これらのサービスは5年間で4000件を超える依頼があるといいます。
これらの「御用聞き」はスタッフとして登録されている、大学生や元気なシニア世代が行ってくれるそうで、5分100円、5分300円というわかりやすい料金体系がボランティアスタッフの確保にも役立っています。有償か無償かはスタッフ本人が選択できるそう。

この事業を営む「株式会社御用聞き」代表の古市盛久さんは

「スタッフは月に1度や週に数時間など柔軟にシフトを組んで対応しています。学生は地域支援活動を通してコミュニケーション力や問題解決能力などを養うことができ、終活のアピール材料になるというメリットがあります。シニア世代にとっては地域で困っている高齢者の役に立つことで、やりがいを感じてもらえています」
ーHELPMAN JAPAN “5分100円”で生活者を支援 医療と介護の隙間を埋める「御用聞き」より引用

とコメントされています。
古市さんがこのサービスを始めるきっかけとなったは、ある時仕事で訪れたお宅のインターホンが壊れているのに気づいた際だったそうです。「株式会社御用聞き」ホームページにその時のエピソードが紹介されていました。

御用聞きの創業ストーリー

そのお客様のご自宅に初めて訪問した時、インターホンが鳴らず、
爆音でテレビ番組が放送される中、お客様の名前を叫びながらお部屋の中に入りました。

おひとりで暮らす、高齢者の女性でした。
ご注文は電球交換で、5分100円で無事終了。

精算時、インターホンが故障していることを何気なく告げると、
その女性は思いもがけない心の内を話してくれました。

「インターホンが壊れていることは、ずっと前から知っているんだよ。
 でも、誰も直してくれないし、誰に相談したらいいかもわからないしねぇ…。
 インターホンが鳴らないから、友達が訪ねて来ても分からないと困ると思って
 それで友達に嫌われるのが怖くて、ずっと鍵を開けっ放しにしているの」

それが不安で、夜も眠れないと打ち明けてくれました。

インターホンのカバーを開けると、それは電池式。
電池を交換することで、簡単に直す事ができました。

インターホンが鳴った瞬間、お客様は私のほうを向いて大粒の涙を流されました。
手をあわせ拝むようにしながら、私に何度も何度も頭を下げ、お礼を言われました。

「ありがとう。ありがとう。これで安心してゆっくり眠れる。
 人様に迷惑かけないで暮らせる……」

電球交換がきっかけで生まれた会話から見えてきた、本当の困りごと。
それは他人から見れば何でもないような、ちょっとしたことかも知れません。
しかしご本人にとっては、とても大きな生活の困りごとになっていたのです。

これが、「御用聞き」としての活動を本格化する、始まりのストーリーでした。

「株式会社御用聞き」ホームページより引用

こうした助け合いの心を大切にしたあたたかいサービスが増えることで、生活のちょっとした困りごとを頼み安心して暮らせる方が増えるのではないかと感じます。

御用聞きのサービスメニュー

■100円家事代行
5分100円メニュー
・電球交換
・電池交換
・あて名書き
・郵便物回収
・びんのフタ開け
・カートリッジ交換
・ウォーターサーバー付け替え
・日常的なお掃除

■たすかるサービス
5分300円メニュー
・家具、粗大ゴミ移動
・草むしり

たすかるメニュー
・大掃除のお手伝い
・ふろ掃除(しっかりめ)
・トイレ掃除(しっかりめ)
・キッチン掃除(しっかりめ)
・ちょっとしたPCサポート
・その他いろいろ

お住まいの地域でサービスが受けられるかなどのお問い合わせは下記の電話番号、またはFacebookのメッセージから行うことが可能です。

■株式会社御用聞き
0120-309-540(平日:9:30〜17:00)
御用聞きFacebookページ

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年12月12日

暮らし・社会

不倫夫への復讐で腐ったイカを食べさせる妻…「夫が悪い」で許される?

夫の不倫は妻にとって許せるものではありません。なかには、思いもよらない過激な復讐を行う妻もいます。 [caption id="attachment_24664" align=...
2018年11月25日

暮らし・社会

【NHKでも話題】死後離婚でトラブル回避?義父母との究極の縁切り

死後離婚という言葉、ご存知のシニアも多いのではないでしょうか? 死んだ相手(配偶者)と離婚するわけではありません。 配偶者を亡くした後、役所に「姻族関係終了届」を出し、義父...
2018年11月24日

暮らし・社会

80歳の壁は「人の援助」で乗り切ろう!

80代の3人にひとりは、筋肉量や身体機能が日常生活を送るのに不十分な状態に陥っていると、推測されています。 この「80歳の壁」を自分ひとりで、あるいは配偶者(やはり80代)と...
2018年11月11日

暮らし・社会

気に入らない兄弟と縁を切りたい!法的に可能なのか弁護士が解説

兄弟や姉妹や血の繋がった肉親であり、助け合う存在。ところが、一度仲がこじれてしまうと、友人以上に憎み合うといわれています。そのような場合、残念なことですが、「縁を切りたい」と考える...
2018年11月8日

暮らし・社会

【実録】元不倫相手に「慰謝料払え!」は認められる?

最近多くの反響をいただいている、シェアしたくなる法律相談所の【実録】シリーズ! 今回は、私の友人から聞いたトンデモ話をご紹介します! [caption id="attach...
2018年11月1日

暮らし・社会

【夫婦のスレ違い】家事に男女の意識差!仲睦まじい老後を過ごそう

定年退職後、家事にも協力しているのに、なぜか妻の顔色がいま一つ冴えない!? そんなもやもやを感じているシニア男性もいるのではないでしょうか? その原因は「妻と夫で、相手にも...