メニュー
ゲストさん
toshitsu 京都リカレントステイ
 

いつまでも若々しく「グランド・ジェネレーション(G.G.世代)」とは?

「グランド・ジェネレーションって一体なんのことだろう」
イオンから発行されている「GGカード」というカードを知っているでしょうか? この「GG」とは「グランド・ジェネレーション」の略称らしいのです。このイオンが打ち出したGG世代とは、50代以上のアクティブシニアを総称して呼ぶ呼称で、イオンではその世代を対象にした商品やサービスに力を入れているようです。
今回はそんな「GG世代」にまつわる話を紹介していきたいと思います。

いつまでも若々しく 「グランド・ジェネレーション(G.G.世代)」とは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

高齢者、シニア世代はもう古い!? まずはGG世代について詳しく知ろう

GG世代とは放送作家の小山薫堂さんが提唱しているシニアに代わる世代の呼び方です。この言葉で使われる「グランド」は、最上級を意味し、人生の中でも最上の世代ととらえ、若々しく年を重ね、ゆたかな知識と経験をもちながら、人生をさまざまなスタイルで楽しまれている時代の年長者を、敬意をもって表しているというのです。

GGメイン

PR TIMESより

また、小山さんは「高齢化社会の到来を憂うばかりではなく、その世代の消費を促すアイデアがこの国には必要だと思う」とも述べ、この考え方に賛同した複数企業がG.Gの取り組みを進めているそうです。
50代といえばこれまでは「シニア世代」と呼ばれていたが、これからは「GG世代」や「人生最上の世代」なんて呼ばれるようになるかもしれませんね。たくさんの趣味や仲間に恵まれ、充実した生活を送る人達にはピッタリな呼び名ではないでしょうか。

市場の目も向けられている スーパーではGG世代向けの取り組みも

イオンではGG世代に焦点を当てた「GGモール」という売り場をもうけています。
GGモールでは朝7時頃から体操教室などの「朝活」を展開し、店内のフードコーナーでは朝食の販売も行っている。この様にGGモールでがある売り場では、ただのスーパーとしてだけではなく、人と人の交流の場としても機能しているのです。

イオン

イオンスタイル新茨木:PR TIMESより

GG世代へ向けた店作りの3つのポイント

1.モノ」から「コト」へ

人生で最高の時を過ごしていただくのにふさわしい「モノ」を販売するだけでなく「コト」も体験できる、新しい「場」を提供することを目的としています。「いつまでも健康でいたい」「若々しくきれいでいたい」「上質な時間を過ごしたい」といったGG世代の要望に答えるために、品揃えだけではなく多くのイベントも開催されます。

2.暮らしを総合的にサポート
マネープラザやサポートカウンター、ファッション・美容のコーナーなど、ライフスタイルに応じた総合的なニーズや相談に答えてくれます。たくさんの選択肢から、より自分に合ったものを選んでいく事が出来ます。

3.誰にでもやさしい、便利
店内にコンシュルジュを配置、巡回バスの運行など幅広い世代の方に便利でやさしいサービスを提供してくれます。
また買った商品を自宅まで届けてくれるサービスもあるので、運ぶストレスもなく買い物がさらにしやすくなります。

このように、GGモールがある売り場ではGG世代が快適に楽しく生活するための工夫が施されています。

美しさを諦めない! 年相応の美しさを追求

女性であれば誰もが「いつまでも美しく」そう願ってしますものです。GG世代の方は「若さ」を追い求めるのではなく「年齢に合った美しさ」と追求してみてはいかがでしょうか?

GG雑誌

クロワッサンプレミアム特別編集 GG style Book (マガジンハウスムック)

参考リンク:クロワッサンプレミアム特別編集 GG style Book (マガジンハウスムック)

最近では花王を始め多くの化粧品メーカーで50代向けの商品が販売されてきています。
花王であれば、シャンプーなどのヘアケアブランド「セグレタ」を展開しています。髪のボリュームが少なくなってくる同世代の方からシャンプー1本で簡単にケアできるとして好評のようです。
資生堂ではシニア向けの化粧品「プリオール」が発売され、下がる、凹凸、影、色、乾く、見えにくい、おっくうという「大人の七難」の解決を手助けしています。また、資生堂の調査では「いくつになっても女であることをあきらめたくない」というアンケートに答えた女性の96%が「イエス」と回答し、美しさへの意識の高さを伺わせていました。

いかがだったでしょうか。健康や美容はもちろん、趣味や生きがいを満喫して、皆さんもただ「シニア世代」と呼ばれるのではなく「GG世代・人生最上の世代」と呼ばれることを目指して、これからの人生を意気揚々と楽しく生き抜いてみませんか?

【記事関連おすすめ商品】

<こちらの記事もおすすめ>

【ニュース】流通大手イオンがシニア向け大型店 巡回バスやイベントなど充実

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年10月15日

暮らし・社会

定年後はUターン?昔住んだ地元に移住して、豊かな老後を過ごすなら地域創世・地域活性が鍵になる?

定年退職後は地元に戻ってのんびりと暮らしたいと考えている方も多いのではないでしょうか? それまで働いてきた東京や大阪などの大都会での経験を活かして、例えば生まれ育った町の「地域活...
NEW!
2019年10月13日

暮らし・社会

「マウンティングシニア」「マウンティングおじさん」は厄介?最近よく聞く「マウンティング」って一体なに?

シニアだけの特徴、おじさんだけの特徴ではありませんが、「マウンティング」をする人っていますよね。 ほかの人が自分より優位になっているところを我慢できない、他人の自慢話がうっとうし...
NEW!
2019年10月11日

暮らし・社会

急な停電、どう備える?どう対応する?あなたは停電への備えができていますか?

現在も完全復旧とは行かない千葉県内で発生している停電。 昨年は大阪府や北海道でも大規模停電が発生しました。 停電すると日常生活のなかで驚くほど電気を使用していることがわかります...
2019年10月10日

暮らし・社会

意外と知らない?お供え、引っ越し、処分、花など仏壇の管理方法

仏壇が家にある、という家庭もあるのではないでしょうか? 先立った家族やご先祖様の供養で毎日感謝を込めてお祈りすることが日常になっている方も多いのではないでしょうか? そもそ...
2019年10月8日

暮らし・社会

「生きがい」は必ず必要なの?人生100年時代だからこそ、定年後を楽しく生き生き過ごすためには何が必要なのか

人生100年時代。 実際に100歳以上の高齢者は2019年の厚生労働省の発表では7万1,274人にも上り、49年連続で最多を更新しているそうです。 60歳で定年退職したとす...
2019年10月6日

暮らし・社会

高齢者が外傷を負いやすい場所は「自宅」だった!?骨折、転倒など自宅こそ要注意のわけとは

「転びやすい場所」はどこですか? イメージしやすいのは道を歩いているときなんかですよね。 そういったシチュエーションは外ではないでしょうか? 転びやすいというと外でのシチ...