メニュー
ゲストさん
toshitsu 京都リカレントステイ
 

スマホで撮影した写真がすぐ届く!「まごチャンネル」

「卒業式や入学式の孫の姿が見たい。でも住んでいる場所が遠いし…」

遠方に住んでいる孫の姿を見たいと思っても、住んでいる場所が遠いからなかなか見られないもの。
近くに住んでいても四六時中一緒にいるわけにもいかず、 可愛い孫の成長をリアルタイムで見続けることは難しいですよね。

でも家にあるテレビに、可愛らしいお孫さんの動く様子や、写真が勝手に送られてくるのであれば、 機械が苦手でもお孫さんの姿をいつでも見られます。

今回はそんな商品をご紹介します。

テクノロジーが人に歩み寄った「まごチャンネル」とは

スマホで撮影した写真がすぐ届く!「まごチャンネル」

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

まごチャンネルは、スマホに苦手意識のあるシニア世代向けの最も簡単な動画・写真共有サービスです。
専用のスマホアプリで撮影した動画や写真をアップロードすると、すぐに遠く離れたテレビに配信され、まるでテレビにお孫さんのチャンネルが加わったような体験ができます。

テレビのリモコンを使って簡単に操作できるので、 PC の操作が苦手でスマートフォンを持っていない祖父母世代に、子供夫婦や孫の毎日の生活を、ストレスなく共有することを目指して開発されています。

従来のこうしたサービスは、ある程度パソコンやスマートフォンを使いこなしている人を想定されているものが多かったのです。
まごチャンネルができるだけシンプルに、直感的に使える、家族のコミュニケーションの温度を感じられる、と考えられて作られています。

まごチャンネルに動画や写真が届くと、家の形をしたまごチャンネル受信ボックスの窓に明かりがともり、更新があったことを知らせてくれます。

まごチャンネルの本体の家の形は、離れて暮らす家族が集まる家に見立てたことから。
中に明りが灯るのは、お孫さんや家族がこの家に帰ってきたような楽しさを少しでも感じてもらいたい、からとメーカーの株式会社チカクは話します。

動画や写真を送信する離れて暮らす子供や孫にも、まごチャンネルで動画を見たことを知らせる通知が届きます。
言葉を交わさなくてもお互いに似ているということが分かる商品です。

まごチャンネルの利用方法

スマホで撮影した写真がすぐ届く!「まごチャンネル」

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

まごチャンネルの購入方法はとても簡単。

公式ホームページ:https://www.mago-ch.com/

ホームページにアクセスをして、ページ上部の購入についてをクリック。
それともまごチャンネルストアにつなぐことができるので、まごチャンネルストアから購入可能です。

まもチャンネルの利用は月額1480円(税別)。
1年契約プランだと15000円(税別)なので、お得になります。

まごチャンネル本体の価格は19800円。
今ならサービス利用料が最大2ヶ月無料となっています。

Amazonなどでも販売を行っていますが、まごチャンネルストアで購入すると二つの特典が付いてきます。

特典1:名入れサービス

まごチャンネルの受信ボックスの箱に、お子様の名前を名入れすることが可能です。
名入れすることで、世界にひとつだけの特別なまごチャンネルになりますよね。

特典2:全て設定済みで出荷

まごチャンネルを購入すると、テレビに接続したり、スマートフォンと連携させたり、少しだけ設定する必要があります。
公式ストアから購入することですべて設定済みで送られてくるので、その場ですぐにお孫さんの姿を見ることができますよ。

購入するなら、「まごチャンネルストア」からがおすすめです。
(まごチャンネルストア:https://store.mago-ch.com/okaiba/)

まごチャンネル利用者の声 家族の声を紹介

最後に、まごちゃんねるの利用者の声をご紹介します。

東京と香川をつなぐまごチャンネル。
いつもはスマホの小さい画面に、ぐっと顔を近づけて見ていたというお母さん。
まごチャンネルを購入してから、大きな画面で色々な表情を見られるので、なんだか近くにいるようだと話します。

宮城の実家と東京の孫とお伝えたまごチャンネル。
連絡がたまにしかしないけれど、動画で子供の成長が見られるのは本当に嬉しい。
頻繁に写真を送ったりして、話さないコミュニケーションが増えた。

大好きな家族がいつも近くに感じられるまごチャンネル。
大画面に映るお孫さんを見たい方は、是非導入を検討してみてはいかがでしょうか?

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

 

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年10月15日

暮らし・社会

定年後はUターン?昔住んだ地元に移住して、豊かな老後を過ごすなら地域創世・地域活性が鍵になる?

定年退職後は地元に戻ってのんびりと暮らしたいと考えている方も多いのではないでしょうか? それまで働いてきた東京や大阪などの大都会での経験を活かして、例えば生まれ育った町の「地域活...
NEW!
2019年10月13日

暮らし・社会

「マウンティングシニア」「マウンティングおじさん」は厄介?最近よく聞く「マウンティング」って一体なに?

シニアだけの特徴、おじさんだけの特徴ではありませんが、「マウンティング」をする人っていますよね。 ほかの人が自分より優位になっているところを我慢できない、他人の自慢話がうっとうし...
2019年10月11日

暮らし・社会

急な停電、どう備える?どう対応する?あなたは停電への備えができていますか?

現在も完全復旧とは行かない千葉県内で発生している停電。 昨年は大阪府や北海道でも大規模停電が発生しました。 停電すると日常生活のなかで驚くほど電気を使用していることがわかります...
2019年10月10日

暮らし・社会

意外と知らない?お供え、引っ越し、処分、花など仏壇の管理方法

仏壇が家にある、という家庭もあるのではないでしょうか? 先立った家族やご先祖様の供養で毎日感謝を込めてお祈りすることが日常になっている方も多いのではないでしょうか? そもそ...
2019年10月8日

暮らし・社会

「生きがい」は必ず必要なの?人生100年時代だからこそ、定年後を楽しく生き生き過ごすためには何が必要なのか

人生100年時代。 実際に100歳以上の高齢者は2019年の厚生労働省の発表では7万1,274人にも上り、49年連続で最多を更新しているそうです。 60歳で定年退職したとす...
2019年10月6日

暮らし・社会

高齢者が外傷を負いやすい場所は「自宅」だった!?骨折、転倒など自宅こそ要注意のわけとは

「転びやすい場所」はどこですか? イメージしやすいのは道を歩いているときなんかですよね。 そういったシチュエーションは外ではないでしょうか? 転びやすいというと外でのシチ...