メニュー
ゲストさん
 

【脱スメハラ】婚活で嫌われる!「加齢臭」対策に効果的な5つの消臭術

年齢を重ねると気になり始める加齢臭。原因物質は40代から急激に増えるそうです。
自分から発する臭いは特に気が付きにくいもの。知らず知らず、周囲を不快にさせているかもしれません。
新たなパートナーと出会い結婚したい、と考えている場合は絶対に気をつけたい、臭いのない、爽やかなシニア世代を考えます。

「加齢臭」や「疲労臭」はなぜ起こる?どこが臭う?

「加齢臭」や「疲労臭」はなぜ起こる?どこが臭う?

画像提供:imagenavi(イメージナビ

汗をかきやすい日に人と近距離で接すると、敏感な人なら自分の臭いが気になってしまうもの。

化粧品などを製造・販売する資生堂が20代~50代のビジネスパーソン2,400人を対象にアンケート調査をしたところ、7割以上の人が「他人の加齢臭」を感じたことがある、と回答したそう。
自分自身では気が付かなくても、クサイ可能性はかなり高そうですよね。

加齢臭は中高年特有のもの。
脂臭く、青くさいニオイと表現されることもあるくらい不快なニオイです。

原因は「ノネナール」という物質。

これは資生堂が1999年に発見した物質で、男女ともに40歳を過ぎた頃から激増するのが特徴です。
男性のみならず、女性であっても40代以降激増する物質なので、加齢臭は男性だけのものではありません。

このノネナールは年齢を重ねるとパルミトレイン酸(脂肪酸)が、皮膚常在菌や過酸化脂質によって酸化や分解が起こることで発生。
特に皮脂量が増える夏場は要注意なのです。

臭いの発生場所は頭や首の後、背中などが多いですが、実際には胸元、脇などからも発生。

一般的に「枕がクサイ」というのは頭部は皮脂量がとても多いから。
身体の正面からの臭いは自分でもわかりやすいですが、首の周り、首の後、背中といった身体の後ろ側からも多く発生するため、自分ではなかなか気が付きにくいのです。



下半身からはあまり臭わず、上半身を中心に発するため、皮脂や汗をこまめに拭いている方も多いはず。

また、40代以上のニオイは加齢臭だけではありません。
疲れが溜まっているときには「疲労臭」も発生します。

体の中のアンモニアが原因で、ツンとした臭いが特徴。

過労状態が続いている、ストレスフルな毎日、肥満傾向、便秘傾向、過度な飲酒をする、という方は注意が必要。
疲労臭はストレスを溜めないことが一番で、夜はしっかりとお湯に浸かる、お酒を飲まない、といった生活習慣の改善・工夫が必要です。

女性はご用心!ダイエット中の臭い

男性の方が皮脂量が多いため、ニオイの話題は男性が非難されがち。

しかし、女性に多いのが「ダイエット臭」と呼ばれる臭い。

食事制限のみでダイエット(=痩せる)を行うと、ケトン体が発生し、結果として体臭や口臭が独特の甘酸っぱいニオイになってしまいます。

ケトン体を減らすには運動が大切。
運動を行うことで、ケトン体は減少し、ニオイが気にならなくなるでしょう。

また、食事にも気を使いましょう。

野菜や果物、大豆といったアルカリ性の食品は、「ダイエット臭」に効果的。

「ダイエット臭」は身体の代謝機能が正しく働いていないために発生してしまうもの。
身体からの危険サインでもあるので、見逃さないよう注意。
ダイエットは食事制限だけでなく、運動もセットで行い、健康な身体を維持するよう心がけましょう。



臭いに自分で気づく! セルフチェックをしよう

加齢臭は自分で気がつくことも可能。

  • 枕のニオイを嗅ぐ
    →クサイと感じる場合はすぐに対策を
  • シャツや襟元のニオイ
    →クサイ場合はしっかりと選択+ニオイ対策を
  • 服や下着のワキのニオイ
    →クサイときはしっかりと汗を拭くことを習慣に
  • 家族や友に確認してもらう
    →自分でわからないときは人の鼻を

家族や友人からのチェック以外は自分で行うことが出来ますよね。
まずはニオイを嗅いでみましょう。

加齢臭を抑える5つの対策法

加齢臭を抑える5つの対策法

画像提供:imagenavi(イメージナビ

それではここからは加齢臭を抑えるための5つのコツをご紹介していきます。

対策1:汗を拭く

汗はニオイの発生源。
汗をこまめに拭き取り、清潔な状態を維持することでニオイを低減することが出来ます。

一般的に加齢臭は「男性」というイメージがあるのは、女性の方が男性よりもきちんと汗の処理をしている割合が高いから。

もちろん、これだけで万全ではありませんが、こまめに汗を拭くことでニオイをグッと抑えこめるでしょう。

対策2:脂質を控えた食生活

動物性の脂肪は皮脂の分泌を促す効果があります。

そのため、脂質を控えた食事を心がけることがとても大切。

特に大豆製品を使った食品(味噌、豆腐)は活性酸素の生成を抑える働きもあるので、老化防止にも効果が。
さらに魚や野菜といった昔から私達日本人が食べてきた食事を摂取すると加齢臭の予防効果高まります。

また、果物は抗酸化作用を持つものが多いので、脂を取りすぎた!というときは果物もセットで。
ブルーベリーやストロベリーといったベリー類や、くるみ、ヘーゼルナッツといったナッツ類が特に良いです。

対策3:適度な運動+身体をしっかり洗う

過度な運動はストレスが溜まるし、身体へもダメージを与えてしまう、毒とも言えるものですが、適度な運動は健康になり、ストレス解消にも繋がります。

運動をし、汗をかくと体内の老廃物も外に排出してくれます。
汗をかかない状態が続いていると、汗腺の機能も低下。
老廃物を外にうまく出すことが出来ず、溜まったままになります。
老廃物が溜まったままの状態で汗をかくと、強いニオイを発してしまうのです。

適度な運動を習慣的に行い、身体に老廃物を貯めないようにしましょう。

また、運動のあとはしっかりと身体を洗いましょう。

洗い残しがあると臭いの原因になるので、しっかりと洗い、しっかりとすすぐようにすると良いでしょう。

ニキビや吹き出物ができやすい体質の人特に注意が必要で、これらの場所は特に皮脂が多い傾向。
常に清潔にするようにしましょう。



対策4:タバコ・酒はNG

加齢臭の原因にもなるのが「タバコやお酒」のニオイ。

タバコはニオイがきついもの。
さらにタバコを吸うと体内で活性酸素を発生させてしまいます。
活性酸素は加齢臭の原因にもなるので、タバコはできればやめたいところ。

また、お酒は汗がお酒臭くなるほどすぐに身体に回るものです。
汗とお酒の混じった臭いは、周囲の人をとても不快にさせるので、できるだけ飲まないほうが良いでしょう。

対策5:専用シャンプーやボディソープを使う

最も簡単にできる加齢臭対策は専用のシャンプーやボディソープを使うこと。

加齢臭の元を分解する成分を配合した専用のシャンプーやボディソープも売られているので、対策商品を使うとニオイを低減することが出来ます。

柿渋エキスや緑茶、炭、ミョウバン、銀イオン、クロロフィルなどが入った商品は、体臭全般に効果があるのでオススメ。

万全のニオイ対策でモテるシニアに

万全のニオイ対策でモテるシニアに

画像提供:imagenavi(イメージナビ

一般的に、女性の方がニオイに敏感だと言われています。

男同士ではあまり感じていなくても、女性だからこそ、ニオイに対し嫌悪感を抱いている可能性もあるのです。

丁寧なニオイ対策はモテる親父への第一歩。

臭いは洗って落とすことも可能で、さきほどご紹介した柿渋エキスが配合された薬用石鹸は特に効果的。

柿渋エチケットソープが医薬部外品になってパワーアップした「薬用柿渋石鹸」は、ニオイを元から断ってくれるスグレモノ。
茶カテキンと柿タンニンという即効性と持続性の消臭効果がある成分を配合し、さらにユーカリエキスもプラス。

また、ヒアルロン酸やコラーゲン、オリーブ油、スクワラン、グリチルリチン酸など天然成分を配合。
これらの成分は全身をしっとりとさせる保湿効果があるので、石鹸とは言え、洗ったあとに突っ張るようなこともありません。

今なら定期コースに申し込むと初回のみ半額でお届け。
このお得な機会に、臭い対策、はじめてみませんか?



人のニオイは気になっても、自分自身の対策はそこまでしていない、という方も多いそう。
自分自身のニオイに自覚があっても、40%の人は何も対策を講じていないそうです。
しっかりと臭いの対策をして、好かれる人を目指しましょう!

全額返金保証の薬用柿渋石鹸☆

【免責事項について】
「Slownet特集記事」に掲載されている情報は可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。「Slownet」は読者様が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、責任を負いかねますので御了承ください。
「Slownet特集記事」に記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にてお願い致します。
「Slownet」からリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。「Slownet特集記事」上の情報やURLは、予告なしに変更または削除される場合があります。
その他、上記項目に含まれない事項については、当社が定める「利用規約」に準拠するものとします。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年9月20日

暮らし・社会

高齢者の自動車事故だけではなく、【自転車事故】も要注意!東京都は損害賠償保険の加入を義務化へ

テレビなどでは高齢者の自動車事故が多く報じられています。 あまり報じられてはいませんが、高齢者の自転車事故も多いのです。 ハンドルの操作ミスなどにより、出会い頭で通行人とぶつか...
2019年9月6日

暮らし・社会

【運転免許返納問題】自家用車を維持する、タクシーを利用する、どっちがお得?どちらが経済的かを徹底比較

最近、高齢者の免許の自主返納に対する厳しい意見が次々と出ていますよね。 実際に高齢で、まだ運転されている方にとっては耳が痛い話題ではないのでしょうか? 運転免許を返納しよう...
2019年9月4日

暮らし・社会

シニア世代に人気急増中のプリウスの魅力は何?シニアにお勧めの車種もご紹介

最近、シニア層の中で車の買い替えで人気が急増中の車種が「プリウス」のよう。 実際に自動車の買い換えを検討しているとき、プリウスが候補に挙がっているという方もいるのではないでしょう...
2019年8月31日

暮らし・社会

【社会貢献】誰かの力になりたい!だけど、どのように始めたら良いのか分からない!ボランティアを始めるには?

定年後、時間的余裕が出来た。 何か自分の時間を有効活用できないかな? と考えている方はボランティアを始めてみてはいかがでしょうか? しかし、どのように始めたら良いのか、また...
2019年8月27日

暮らし・社会

よかれと思ってした行動が相手には「迷惑」かも?自分もやっているかも知れない「ありがた迷惑」とは?

相手のことを真剣に考えて行動したのに、その行動は相手にとって迷惑以外の何物でもない、ということ、経験したことはありますか? もしくは自分が親切にされたけれど、今じゃない、ちょっと...
2019年8月23日

暮らし・社会

2人に1人が癌になる時代。いつか来るその日のため、ホスピスという選択肢。健康な今から考えておくことも重要

あらゆる病気のなかでもっとも死亡率が高いのが「ガン」です。 厚生労働省の人口動態統計によると、1981年以降日本人の死因1位はガンで、全体の3割も占めているのです。 実に3人に...