メニュー
ゲストさん
 

あれ?頭皮がクサイ?大人の男性の頭皮のニオイ対策決定版!

日常生活のなかで、なぜか真正面を向いて話をしてくれない、という経験がある方は要注意。

知り合いでふたりきりなのに正面ではなく、常に左側か右側で会話をされるケースが多いという場合、体臭が原因になっているかもしれません。

自分自身の体臭は自分では気が付きにくいもの。
今回は加齢臭やアンモニア臭など、自分からの体臭への対策についてお伝えします。

脂汗から香る「加齢臭」 何歳になっても爽やかになるためには?

何歳になっても爽やかになるためには?

画像提供:imagenavi(イメージナビ

よっぽどひどくなければ、他人から指摘されることは多くない体臭。
もしかすると自分はクサイのかもしれない、と悩むこともあるでしょう。

体臭の原因のひとつは加齢臭と呼ばれる、40代以降発生するニオイ。
男女ともに発生するもので、20代、30代と比較すると、40代以降に爆発的にニオイが強くなります。

加齢臭が発生する場所は腰、背中、胸、首、耳の裏、頭など。

ニオイの原因は皮脂で、特に頭皮は皮脂の分泌量が多いため、ニオイやすい部位です。
そのため、枕が臭う場合は要注意。
強烈な加齢臭を周囲に振りまいているかも。

加齢臭は特有のニオイがあり、「脂臭い」「青臭い」と表現されます。

加齢臭は1999年に資生堂が加齢に伴って発生するニオイ物質「ノネナール」を発見。
「加齢臭(かれいしゅう)」という名前もこの頃つけられました。

ノネナールの発生原因は年齢を重ねると増加するパルミトオレイン酸という物質。
パルミトオレイン酸が過酸化脂質や皮膚常在菌によって分解されたり、酸化したりすることで発生します。
ノネナールは皮脂量が増えると増加。
皮脂の多い場所は、特にニオイやすいのが特徴です。

実際に自分の加齢臭を自覚することがある方も多く、多くは夕方など脂汗がにじみやすい時間帯。
この時間帯に自分から「嫌なニオイ」を感じ取り、加齢臭を自覚した、という人も多いそう。

加齢臭を自覚しやすいのは頭皮(=枕)や耳の後ろ。
気になる方は指をこすりつけてニオイを嗅いでみましょう。
不快なニオイがする場合、周囲は思っている以上に不快な思いをしているかもしれません。



外出前に頭髪、頭皮、耳の後ろをしっかり洗う

加齢臭を防ぐには朝晩、最低限シャワーを浴び、余計な皮脂や汗などニオイの原因を洗い流したり、加齢臭対応のデオドラント製品を使用したり、衣服を定期に敵にクリーニングに出したりするのが有効。
しかし、これらを継続的に行うのはなかなか難しいものです。

人と会うことがわかっている場合は以下のような対策をしてみてはいかがでしょうか?

会う前にシャワーを浴び、頭髪、頭皮、耳の後ろをしっかりと洗う。

前述の通り、加齢臭が発生するのは皮脂の多い場所。
特に寝汗をかいて皮脂が多い状態の頭皮や頭髪、耳の後ろは重点的に洗いましょう。
寝汗は思っている以上にかくものです。
その汗は頭髪や頭皮だけでなく、耳の後ろへと流れ、溜まっていき乾きます。
乾くとニオイが発生しやすくなるだけでなく、洗いにくい部位なのでどんどんニオイが蓄積していき、不快なニオイを発生させることも。
頭皮、頭髪はもちろん、耳の後ろまでしっかりと洗うことで、ニオイはかなり低減されます。

また、腰、背中といった部位は日中でも汗をかきやすい部分。
面積が広い部位でもあるので、ここの皮脂対策を怠ると、あっというまにニオイを発生させてしまいます。
背中、腰、胸の汗、皮脂対策には、皮膚をサラサラに保ってくれる商品がオススメ。
薬局などに売られているので、手軽に購入することができます。

なかでもネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームは朝塗るだけで効果が夜まで保つと好評。

殺菌力が高いため、加齢臭の原因菌の対策をしっかりと行うことができます。
塗るだけで対策できるので、朝出かける前でも手軽に行うことができますよね。



ほかにもさまざまな製品が売られているので、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

これらは外出前に家で行える対策です。
しっかりと対策することで、夕方まである程度加齢臭を低減させることができます。

しかし、家にいる時間よりも外出時間が長い、といったケースではどうでしょうか?
外出先で頻繁にシャワーを浴びることってなかなかできませんよね。

次の項では外出先でできるニオイ対策についてご紹介いたします。

外出先でできる加齢臭対策!デオドラントボディペーパーが最強?

「加齢臭」や「疲労臭」はなぜ起こる?どこが臭う?

画像提供:imagenavi(イメージナビ

外出先でできるニオイ対策として、最も手軽で、最も効果が高いのは「デオドラントボディペーパー」。
汗をかいたな、少し臭うな、というタイミングで手軽にさっと汗や皮脂を拭き取ることができます。

例えば外出中に気になったらトイレの個室などでも手軽に行えるので、外出先でのニオイ対策としてはデオドラントボディペーパーが最適です。

とはいえ、ドラッグストアに行くと、さまざまな種類が販売されていますよね。

「制汗タイプ」「殺菌タイプ」など、デオドラントボディペーパーによって得られる効果はさまざま。

加齢臭対策にはどのようなデオドラントボディペーパーを選べばよいのでしょうか?

加齢臭の原因はニオイ物質「ノネナール」。
ノネナールを除去しなければ加齢臭を防ぐことは出来ません。



そのため、手軽な制汗タイプのデオドラントボディペーパーでは加齢臭を防ぐどころか、ニオイを上書きしてしまい、加齢臭と合わさり耐えられないほどの悪臭になる可能性があります。

ドラッグストアなどでは「殺菌タイプ」のデオドラントボディペーパーを選ぶと良いでしょう。

殺菌タイプでもさまざまな種類があります。
加齢臭対策に良い、と書かれている製品も多いので、用途に合わせて選ぶのが良さそうです。

デオドラントボディペーパーでは胸や背中、腰といった面積の広い部位を重点的に拭き取るようにすると良いでしょう。
こまめに汗を拭き取る女性は多いですが、男性はあまり多くないそう。
だからこそ、しっかりとニオイ対策を行いたいところです。

胸・腰・背中・耳の後ろは外出先で対応できるけど、頭皮はどうする?

デオドラントボディペーパーを使用することで、胸、腰、背中、耳の後ろといった部位のニオイ対策はバッチリです。
しかし、汗をかきやすい頭皮の対策は外出先ではなかなか行えないもの。

頭皮のニオイ対策は外出前にしっかりと行っておかなければなりません。頭皮のニオイへの対策は、しっかりと効果のあるシャンプーの使用が一番。

なかでも【コラージュフルフルプレミアム】は、頭皮のニオイを防ぐことができる「薬用シャンプー」です。

消臭、抗菌、抗真菌と3つの有効成分が配合されているため、しっかりとニオイを防ぐことができます。

コラージュフルフルプレミアムは皮脂をただ落とすだけでなく、脂肪酸や菌の増加を防ぐことで、ニオイの原因にアプローチ。

元を断つことでニオイがしにくくなる、という特徴があります。

こうしたシャンプーは洗浄力が高く、肌が弱い人は使えない、というのが一般的。
しかし、コラージュフルフルプレミアムは低刺激性なので、肌が弱い人であっても安心して使うことが出来ます。

フルーティーフローラルな香りなので、薬用シャンプーにありがちな不快なニオイもありません。
優れたシャンプーを使用し、頭皮のニオイ対策も完璧にすると、臭わない、好かれる人になれることでしょう。



年齢を重ねると避けては通れない加齢臭。
多くの人は自分のニオイに気がついておらず、知らず知らずのうちに嫌われる原因を作っているものです。
だからこそ、しっかりとしたニオイ対策をして好かれる人になりましょう!

【免責事項について】
「Slownet特集記事」に掲載されている情報は可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。「Slownet」は読者様が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、責任を負いかねますので御了承ください。
「Slownet特集記事」に記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にてお願い致します。
「Slownet」からリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。「Slownet特集記事」上の情報やURLは、予告なしに変更または削除される場合があります。
その他、上記項目に含まれない事項については、当社が定める「利用規約」に準拠するものとします。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2020年2月16日

暮らし・社会

【終の棲家】老人ホーム・介護施設の種類・選び方

終の棲家として、老人ホームや介護施設などを選ぶ方も多いかと思います。 実際に高齢者の夫婦ふたりの暮らし、ひとりでの暮らしは負担が大きいため、これらの施設に入居することを望んでいる...
NEW!
2020年2月15日

暮らし・社会

遺族年金はいつまで・いくらもらえる?よくある疑問徹底解説

家族を養っていた人が突然亡くなってしまった。 そんなとき、遺族は「遺族年金」を受け取ることができます。 ただし、家族であれば誰でも良い、というわけではなく、一定の条件が設けられ...
NEW!
2020年2月14日

暮らし・社会

2022年には高齢運転者「実車試験」が追加され、合格できないと運転免許取り消しに

昨年大ニュースとなった高齢運転者による事故。 今もなおテレビで話題となっていますよね。 今後、少子高齢化社会で益々高齢運転者が増えていく見込みを考慮し、国は2022年から高...
2020年2月9日

暮らし・社会

もし、病気になって死ぬかもしれないとしたら、最期はどこにいたいですか?

もし、あなたが医者から死の宣告を受けたとしたら、最期はどこで迎えたいと思いますか? 多くの人が自宅で最期を向かいたいと思うかもしれません。 ところが、多くの人は病院で最期を...
2020年2月7日

暮らし・社会

高齢者の万引きなど、犯罪を予防するための相談窓口があること、ご存じですか?

高齢者の万引きや軽犯罪のニュースは珍しくなく、たまに耳にします。 実際に高齢者による万引きはかなり増加してきているようです。 万引きというと軽い罪のように感じますが、窃盗罪...
2020年2月5日

暮らし・社会

今飼っている猫や犬。可愛いペットを人間の年齢に換算する方法は?

ペットを飼っているご家庭も多いのではないでしょうか? 人気のペットといえば、イヌやネコでしょう。 ずっとそばに寄り添ってくれるペットは家族のような存在で、もしも亡くなってし...