メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

【ニュース】流通大手イオンがシニア向け大型店 巡回バスやイベントなど充実

「健康のために毎日出歩く、何か良いきっかけはないかな?」と思っていたシニア世代にとっては朗報です。「ウォーキングコース」や「あし湯」があり朝7時から利用可能という、健康と運動のために訪れることができるショッピングモールの登場です。流通大手のイオンが、シニア世代向けの大型店の出店を拡大させていくようです。

イオンスタイル新茨木

イオンスタイル新茨木

2025年までに100カ所以上? シニア向け大型店出店

2017年8月12日付けの日本経済新聞に「イオンは2025年までに、全国100カ所以上にシニア向け大型店を設ける。巡回バスなど来店しやすい仕組みづくりを盛り込むほか、ステッキや老眼鏡などの商品も充実させる」と見出しが踊りました。これはすでにグループの中核企業イオンリテールがイオン葛西店やイオンスタイル新茨木など4店舗で実験を進めていました。
1982年にオープンしたイオン葛西店は、2013年5月に55歳以上のシニア世代に対応した店舗にリニューアル
「ウォーキングコース」や「あし湯」が出現。なんとオープンは朝7時と、健康と運動のために訪れることができるようになっています。4階はカフェ、カルチャー、フィットネスを中心として余暇を過ごすための店舗で構成。これからもシニア向け店舗を広げ、2018年以降も十数店ずつ設置を進めるようです。
イオンではシニア世代を「G.G(グランド・ジェネレーション)」と呼び、人生で最も輝かしい時を迎える世代を指しています。若々しく年齢を重ね、豊かな知識と経験をもちながら、第2の人生をさまざまなスタイルで楽しむ年長者のこと。WAONカードなども、シニア世代向けは「G.Gカード」って呼びますもんね。

55歳以上のお客さま限定のおトクなWAON「G.G WAON」

55歳以上のお客さま限定のおトクなWAON「G.G WAON」

早朝(7〜9時)の来店にポイントをつけたり、歩数に応じてポイントをつけるなど、早起きと運動を楽しむ仕掛けが取り入れられています。

「ウォーキングコース表示」 や「階段の段数表示」イオンスタイル新茨木

「ウォーキングコース表示」 や「階段の段数表示」イオンスタイル新茨木

また、体操教室や健康的な食生活のセミナー、習い事の発表会といったイベントをほぼ毎日開催。行政や医療機関とも連携し、巡回バス運行や健康相談窓口の設置など、各店で検討していくそう。

シニア向けイオンはここが充実! ユニバーサルデザインの店内に椅子やソファも

シニア世代向けに多少店内が変わったとしても、広い大型店は利用するのが結構大変なもの。端から端まで歩くだけで、結構疲れてしまいます。シニア向けイオンでは、店舗にユニバーサルデザインを導入。ゆったり座れる椅子やソファなどを用意するそう。このほか、利用しやすいフィッティングルームや案内板の設置も強化。これなら店内で迷うことはないでしょう。また、巡回バスを運行し、来店しやすい工夫も盛り込んでいくそうです。「だんだん歩くのが大変でイオンに行くことがなくなった」という人も、気軽に楽しめる工夫が満載です!
さらに、買い物はきちんと人から買いたいもの。そんなときには「コンシェルジュ」も利用可能。買い物などの相談を個別に行ってくれます。また、認知症の人やその家族を支援する「認知症サポーター」、高齢者や障がい者の買い物など日常生活を支援する「サービス介助士」も設けています。
これだけ充実したサービスを受けられるなら、近場の慣れたスーパーもいいですが、「イオンで買い物」という選択肢も出てきますよね。

大阪・新茨木では行政と連携で健康に配慮した食品コーナーも

シニア世代向けイオンの魅力は買い物のしやすさ、快適さだけではありません。
1986年にジャスコ新茨木店としてオープンしたイオンスタイル新茨木は、この6月に地域の世代構成やニーズの変化に対応するため、シニア世代向けの店舗にリニューアル。
地元茨木市と連携し、減塩醤油や減塩味噌など健康に配慮した食品コーナーを設置。また、ご当地体操である「元気!いばらき体操」などのイベントを定期的に開催し、シニア世代が集える場所の提供も開始しています。
毎日の健康状態をチェックできるコーナーも用意。このコーナーでは、漢方などを取扱う専門スタッフが健康に関する悩みを聞いてくれ、対応してくれるサービスも開始。シニア世代の強い味方である老眼鏡やステッキの専門店運動を行うためのスポーツ用品店などの店舗が充実しています。

健康に関する相談ができる「ヘルスケアのコーナー」ーイオンスタイル新茨木

健康に関する相談ができる「ヘルスケアのコーナー」ーイオンスタイル新茨木

おしゃれなフレームのリーディンググラスや遠近メガネなどを扱う「グラスアップ」ーイオンスタイル新茨木

おしゃれなフレームのリーディンググラスや遠近メガネなどを扱う「グラスアップ」ーイオンスタイル新茨木

ステッキの専門店「ファンタステッキ」ーイオンスタイル新茨木

ステッキの専門店「ファンタステッキ」ーイオンスタイル新茨木

ウォーキングとハイキング対応のウエアが豊富な「スポージアム」ーイオンスタイル新茨木

ウォーキングとハイキング対応のウエアが豊富な「スポージアム」ーイオンスタイル新茨木

イオンは

「開業から20年以上過ぎた店舗を中心に改装を進め、一部新店もシニア型にする。大正店舗数は大型スーパーの約4分の1から5分の1にあたる」

と話しています。もしかすると、近くのイオンもシニア世代向け店舗になるかもしれませんね。
スーパーもどんどん進化を続けています。さまざまな食品や雑貨、衣料を取り扱うイオンへのお出かけが買い物のほか「健康」にも役立つならうれしいですね。

<こちらの記事もおすすめ>

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?
人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年5月21日

トピックス

天井から音が降り注ぐ! 革新的なシーリングライトが登場

「普段ラジオを聞くけど、なんとなく音が聞こえづらくなってきた」 なんとなく耳が聞こえづらくなってきた。 そのため家族にテレビやラジオの音量を注意されることが増えた。 ...
2018年5月12日

トピックス

国内初、50 歳からのスキルシェアマーケット『ユニプラ』を発表

「自分のスキルを活かせないかなぁ」 定年までしっかりと勤め上げ、素晴らしいスキルを持っているシニア世代。 でも、素晴らしいスキルも定年退職をして、活かすところがないのではも...
2018年5月1日

トピックス

【話題本】「大家さんと僕」から見る健康寿命が長い人の秘訣とは?

「いつまでも元気で生きている人ってどんな暮らしをしているんだろう?」 何歳になっても元気で若々しい人っていますよね。 そのような人は一体普段はどんな生活をしているのか興味は...
2018年4月29日

トピックス

留守番中のペットは何をしている?「FIT P2」でわかるペットの様子

「家族が出かけている最中、家に残されたペットは何をしているのだろうか?」 普段家にいる時は、その愛くるしい姿や動きで私達を癒やしてくれるペットですが、外出している時はどのよう...
2018年4月26日

トピックス

動物だって長寿の時代? シニア世代の元気な動物たち

「飼い猫の年齢が10歳を超えて、人間で言うともうおじいちゃんなんだよね」 10歳を超える飼い犬や飼い猫を育てている家庭も多いのではないでしょうか? 最近ではワクチン接種の普...
2018年3月16日

トピックス

弘前公園のさくらオーナーをふるさと納税で募集! 招待特典付き

青森県弘前市では、日本一とも称される弘前公園の美しいさくらを後世へ受け継いでいくために、ひろさき応援寄附金(ふるさと納税)を活用し「さくらのオーナー」を募集中! 5月31日までの期...