メニュー
ゲストさん
OHUFJ オートバックスペダルの見張り番Ⅱ
 

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。
ゴールデンライフ糖尿病1000万人時代知っておきたい糖尿病の新常識
さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。
健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか?
糖尿病への誤った認識が、病気の進行と予防に大きく影響するかもしれません。



どう向き合う?予備群含めて2000万人




厚生労働省が昨年9月に発表した「国民健康・栄養調査」によると、糖尿病が強く疑われる成人の数は1000万人を超え、糖尿病の可能性を否定できない糖尿病予備群の数も合わせると2000万人に上ることがわかりました(※)。
糖尿病は、インスリンの分泌不足や働きが悪くなることで血糖値が高くなる「2型糖尿病」と、インスリンを作る膵臓(すいぞう)の細胞が壊れ、インスリンが作られないことで発症する「1型糖尿病」に分かれます。
日本の糖尿病患者の約9割が生活習慣と関係する2型糖尿病で、約5人に1人が有病者か、その予備群とされることから、まさに「国民病」ともいえる状況です。その一方で深刻なのは、糖尿病有病者の23.4%が、治療を受けていない現状です(※)。
今月は、今から始めればいざというときに怖くない、糖尿病への正しい取り組み方について紹介します。

※2016年10月~11月に全国から抽出した2万4187世帯を対象に実施した、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」より



食事と運動で防ぐ!糖尿病の「しめじ」と「えのき」とは?!





「糖尿病予備群って自覚症状はあるの?」「糖尿病との違いや判断基準は?」など、知っているようで知らない糖尿病について、東邦大学医療センター大森病院の弘世貴久先生にお話を伺いました。



自覚症状なくても危ない 糖尿病の「境界型」とは?





糖尿病で怖いのが合併症です。しかし糖尿病は進行しないと症状が現れないため、定期検診を受けていないと受診が遅れると弘世先生は言います。その症状を引き起こすのが、糖尿病の合併症です。
「糖尿病の合併症である「神経障害(しんけいしょうがい)」「目の網膜症(もうまくしょう)」「腎症(じんしょう)」は、それぞれの頭文字をとって「しめじ」、動脈硬化による「壊疽(えそ)」「脳梗塞(のうこうそく)」「虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)(狭心症や心筋梗塞)」は、「えのき」とよばれ、合併症予防の標語になっています。「しめじ」とよばれる三大合併症は糖尿病特有のものです。一方「えのき」とよばれる動脈硬化症は、糖尿病予備群にあたる自覚症状のない時期からすでに進行しているため、早いうちに予防することが大切です」

そもそも糖尿病予備群とはどういう状況なのか?弘世先生によると、糖尿病の検査で用いられる
①空腹時血糖値
②75g経口ブドウ糖負荷試験
③HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)

の3つのうち、①が110~125mg/dl、②が140~199mg/dlの場合を指し、これを「境界型」とよぶそうです。
「空腹時の血糖値は正常でも、食後に高血糖の状態になる人も多く、今は食後の血糖値が重要視されていることからも、自分が境界型かどうかを正確に測るには、②の検査を受けることが望まれます」
つまり、空腹時血糖値110mg/dl未満でも「境界型ではない」とは言い切れないのです。

次のページへ続く→

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年8月19日

元気のヒント

最近の冷凍弁当はハイクオリティ!配膳の手間もいらず、夫婦ふたり、ひとり暮らし世帯に特にオススメ!

子供たちが独立し、配偶者とふたり暮らしになったり、ひとり暮らしになった場合、3食を準備するのはとても面倒ですよね。 また、これまでよりも食材を効率よく使うことができなくなるので、...
NEW!
2019年8月16日

元気のヒント

【認知症】配偶者と離別した人は認知症リスクが高くなる!老後のお一人様の認知症予防のために何が有効?

配偶者やパートナーと死別や離別などでお別れし、一人暮らしになった場合、認知症になるリスクが高くなるとの研究結果が出ました。 認知症は誰にでも起こりうる病気ですが、生活習慣などに気...
2019年8月2日

元気のヒント

あなたの体に潜む「悪玉コレステロール」。知らぬ間に心疾患のリスクを向上させることも…

悪玉コレステロールと呼ばれる「LDLコレステロール」について詳しく知っていますか? スローネットでも過去に何度かご紹介してきました。 LDLコレステロールが増加すると、動脈...
2019年7月31日

元気のヒント

【夏の天敵】熱中症ってどんな症状?こんな症状は直ちに病院へ!熱中症対策は何が有効なの?

暑い日はテレビやラジオで「熱中症に気を付けてください」という案内が頻繁に流れるようになりました。 また、全国各地で何名の方が熱中症で亡くなった、というのも盛んに報道されていますよ...
2019年7月30日

元気のヒント

体脂肪率を減らすには!あなたの体脂肪率は何パーセント?高齢者の肥満はとても危険

定期的な健康診断でわかる体脂肪率。みなさんは理想的な体脂肪率をキープできていますか? 年齢を重ねていくと、若い頃のように簡単に体脂肪を減らすことが難しくなります。 今回は体脂肪...
2019年7月26日

元気のヒント

「老人性うつ病」は認知症に間違えられやすい!「老人性うつ病」は周囲の人の注意深い症状の観察が大事

「うつ病」と聞くと、どのような症状を浮かべますか? 精神的に落ち込み、気分が晴れず、部屋に引きこもりになる、何もやる気がしない、ただただ一日をぼーっと過ごすなどのマイナスイメージ...