メニュー
ゲストさん
大倉様_ザグランリゾートプリンセス有馬_01
 

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。
ゴールデンライフ糖尿病1000万人時代知っておきたい糖尿病の新常識
さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。
健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか?
糖尿病への誤った認識が、病気の進行と予防に大きく影響するかもしれません。



どう向き合う?予備群含めて2000万人




厚生労働省が昨年9月に発表した「国民健康・栄養調査」によると、糖尿病が強く疑われる成人の数は1000万人を超え、糖尿病の可能性を否定できない糖尿病予備群の数も合わせると2000万人に上ることがわかりました(※)。
糖尿病は、インスリンの分泌不足や働きが悪くなることで血糖値が高くなる「2型糖尿病」と、インスリンを作る膵臓(すいぞう)の細胞が壊れ、インスリンが作られないことで発症する「1型糖尿病」に分かれます。
日本の糖尿病患者の約9割が生活習慣と関係する2型糖尿病で、約5人に1人が有病者か、その予備群とされることから、まさに「国民病」ともいえる状況です。その一方で深刻なのは、糖尿病有病者の23.4%が、治療を受けていない現状です(※)。
今月は、今から始めればいざというときに怖くない、糖尿病への正しい取り組み方について紹介します。

※2016年10月~11月に全国から抽出した2万4187世帯を対象に実施した、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」より



食事と運動で防ぐ!糖尿病の「しめじ」と「えのき」とは?!





「糖尿病予備群って自覚症状はあるの?」「糖尿病との違いや判断基準は?」など、知っているようで知らない糖尿病について、東邦大学医療センター大森病院の弘世貴久先生にお話を伺いました。



自覚症状なくても危ない 糖尿病の「境界型」とは?





糖尿病で怖いのが合併症です。しかし糖尿病は進行しないと症状が現れないため、定期検診を受けていないと受診が遅れると弘世先生は言います。その症状を引き起こすのが、糖尿病の合併症です。
「糖尿病の合併症である「神経障害(しんけいしょうがい)」「目の網膜症(もうまくしょう)」「腎症(じんしょう)」は、それぞれの頭文字をとって「しめじ」、動脈硬化による「壊疽(えそ)」「脳梗塞(のうこうそく)」「虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)(狭心症や心筋梗塞)」は、「えのき」とよばれ、合併症予防の標語になっています。「しめじ」とよばれる三大合併症は糖尿病特有のものです。一方「えのき」とよばれる動脈硬化症は、糖尿病予備群にあたる自覚症状のない時期からすでに進行しているため、早いうちに予防することが大切です」

そもそも糖尿病予備群とはどういう状況なのか?弘世先生によると、糖尿病の検査で用いられる
①空腹時血糖値
②75g経口ブドウ糖負荷試験
③HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)

の3つのうち、①が110~125mg/dl、②が140~199mg/dlの場合を指し、これを「境界型」とよぶそうです。
「空腹時の血糖値は正常でも、食後に高血糖の状態になる人も多く、今は食後の血糖値が重要視されていることからも、自分が境界型かどうかを正確に測るには、②の検査を受けることが望まれます」
つまり、空腹時血糖値110mg/dl未満でも「境界型ではない」とは言い切れないのです。

次のページへ続く→

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年3月18日

元気のヒント

耳が聞こえにくい!難聴は身体が発する危険のサイン!進行すると認知症になることも

年齢を重ねると、徐々に身体の機能は衰えてきます。 聴力もそのひとつで、知らず知らずのうちに耳が聞こえにくくなっていくのです。 75歳以上に限定すると、7割以上が難聴状態、と...
NEW!
2019年3月13日

元気のヒント

記憶力がアップするウォーキング術 歩くことで記憶力・思考力が増加し、認知症予防にも

最近の脳科学では運動をすることで、認知症の改善が見られることがわかったそう。 運動をすることで、筋肉や骨といった身体が鍛えられたり、肺や心臓などの心肺機能が改善することはご存...
2019年3月10日

元気のヒント

うるさい「イビキ」なんとかならないの?安眠できるいびき対策グッズ

ゴーゴー爆音が響き渡るいびき。 たまのいびきなら、「疲れているのかな?」「大丈夫なのかな?」と心配になるものですが、毎日長時間のいびきともなると、イライラし、快眠できない原因...
2019年3月7日

元気のヒント

健康状態を簡単にチェック!シニアの健康維持に欠かせない「三種の神器」

年齢を重ねても、いつまでも元気で、そして健康で過ごすためには、日頃の生活習慣がとても大切です。 特に運動は健康維持・増進だけでなく、筋肉をつけることもできるので、シニアにとっ...
2019年3月6日

元気のヒント

動脈硬化がわかる?両手両足の血圧を同時に測定する「ABI検査」とは?

動脈硬化の検査には「ABI検査」が用いられています。 「ABI検査」は両手(上腕)両足(足首)の血圧を同時に測る検査。 なぜ血圧を測定するだけで、動脈の状態がわかるので...
2019年3月3日

元気のヒント

話題沸騰中の「酢納豆」 驚きの健康効果を詳しく解説!

2017年6月28日に放送されたNHK総合「ためしてガッテン」で紹介された酢納豆。 通常タレや醤油を入れて混ぜる納豆に、酢を入れるというのです。 少々奇抜なレシピは懐疑...

脳トレドリル。まずはお試し980円