メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
 

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」

年齢を重ねると避けては通れない老眼。
どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうものです。

しかし近視や乱視と同じように、老眼が進行するとずっと使ってきた老眼鏡でもピントが合わないということもあるでしょう。
ピント調節が常にできる老眼鏡があればいいですよね。

今回はそんな老眼鏡の他に、年齢を重ねて不便になってきた動作や症状などを手助けできる便利グッズをご紹介します。

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

ダイヤル式老眼鏡「度数調整可能シニアグラス」

PR TIMESより:度数調整可能シニアグラス

東京都に本社を構える株式会社ディノス・セシールは60代・70代のアクティブシニア向けに年齢に応じて生じる悩みを解決するアイテムや、暮らしを豊かにするグッズを提案するカタログ「ずっと、ときめくカタログ。vol.5」において、フレーム裏のダイヤルを回すことで+0.5〜4.0まで自在に度数を調整できる「度数調整可能シニアグラス」を今年1月4日に発売しました。

このシニアグラスは左右それぞれのフレームにダイヤルが取り付けられており、度が進んで見えなくなっても、ダイヤルを回すことで常にピントを合わせられる仕組みとなっています。

従来もこのような商品はありましたが、度数調整可能シニアグラスが優れている点は、表側からはダイヤルが見えないという点。

従来の商品はダイヤルが飛び出すような形でダイヤルがつけられており、 お世辞にものデザインが優れているとは言えない商品でした。
しかし、この度数調整可能シニアグラスなら、 表側からはダイヤルが見えず一見すると全く普通のシニアグラスにしか見えません。

このシニアグラスはフロントレンズ、スライドレンズ、リアカバーの三枚の重なりで調整をする仕組み。
フレーム裏のダイヤルを回すことで真ん中のスライドレンズが動き、+0.5〜4.0までの度数を無段階で調整することが可能なのです。

PR TIMESより:度数調整シニアグラス ダイヤル

年齢とともに視力がどんどん変化していっても、さらに視力の異なる夫婦でも、この眼鏡が一本あれば使用することが可能です。

人間は常に左右対称ではありません。
右目と左目の視力が違うということも当然あるでしょう。

度数調整可能シニアグラスは左右それぞれで度数を変えることができるのでこうした悩みも解決することができます。

フロントレンズとリアカバーにはそれぞれ傷防止コーティングが施され、さらに3枚のレンズの隙間にゴミが入らない完全密閉構造を採用。
日常生活でも使いやすい、高品質でファッショナブルなイギリス製のシニアグラスです。
シニアグラスを探している方は是非検討してみてはいかがでしょうか?

 

介護目線で作られた外反母趾防止シューズ

年齢を重ねた女性に特に多いのが外反母趾
外反母趾の原因は「女性・遺伝・ハイヒール」だと言われていて、その中でも特に遺伝によって発症しやすい病気だとされています。

ハイヒールが主な原因だと思われがちですが、裸足で生活する民族の調査でも男性より女性の方が多く外反母趾が見られるそうです。
女性の方が第一中足骨が内転しやすく、母趾が外転しやすい傾向にあることが原因だと考えられています。

このように先天的に外反母趾になりやすい方は、外反母趾を防止できるシューズを検討している方も多いはず。

上でご紹介した度数調整可能シニアグラスを販売しているディノスから外反母趾を防止できるシューズが発売されています。

リハビリケアシューズは履きやすさ、歩きやすさなど機能性を追求したシューズです。
反対におしゃれなコンフォートシューズはデザインを重視した設計となっています。
介護用シューズのデザインがなんかイマイチだと感じてしまうのは、そもそもの設計思想が異なるからです。

クラースというシューズメーカーはケアシューズの履きやすさ、歩きやすさと、コンフォートシューズのデザインを融合させたウェルネスシューズを開発しました。

2年かけて開発したクラースの靴は、足の指を自然な状態で保つ木型、体幹をニュートラルなバランスに導く基本設計が特徴。
さらに足が上がらない方にとって、床と靴底との摩擦が大きすぎると、つんのめってしまい転倒の危険があります。
そのため靴底はグリップがききすぎないように適度なグリップ力を採用することで、すり足に配慮した靴底設計にもなっています。

今回発売されたのは、パッチワーク風のデザインが非常におしゃれで、履き口が大きく開くため脱ぎ履きも楽な「カノン」と、華やかなツイード素材で反射材がついている「リフレクト」の2種類です。

履きやすく歩きやすい靴を探している方は是非検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

ファスナーもあげられる2Wayネックレスやお供え用和菓子、ほのかに光る仏花も

ディノスではこの他にもアクティブシニア向けに様々な商品を展開しています。

背中のファスナーの上げ下げを補助してくれるネックレス。
留め具が服に固定されているのでネックレスが回ってしまうという悩みにも対応している商品です。

ネックレスの留め具にありがちな、細かな服ではなくマグネット式なので簡単に着脱ができ、アジャスターを外してしまえばネックレス単体としても使用できる商品です。

 

 

また、日本の職人が手作りした精巧なお供え用の和菓子
本物ではなくイミテーションということが特徴です。

紅白落雁&菊最中の3種類の和菓子と漆塗りの高月のセット。
旅行でしばらく家を空けるときや、忙しくてなかなかお供えの用意が出来ない時、さらにカラス対策などで本物のお菓子が持ち込めない場所へのお供え、といった用途に大活躍してくれるのがこのまるで本物のお供えセットです。

 

ほんのり光る仏花など、日常生活においてあるとちょっと便利だなと思うものが多数揃っている「ずっと、ときめくカタログ。vol.5」。

ただ眺めるだけでも楽しいので、一度手に取ってみてはいかがでしょうか?

【記事関連おすすめ商品】

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年12月8日

元気のヒント

【本気の肌対策】見た目が若い人は長生きする?!

最近、テレビCMで中年男性が肌対策を訴えるているものを、見かけるようになりました。 シニアにとっても、男女にかかわりなく肌の美しさは気になりますよね。 見た目が若い人は、実...
2018年12月6日

元気のヒント

【シニアの性病】梅毒が急増中!心当たりのある人は即検査を

「梅毒なんて過去の病気」 そう思っているシニアも多いでしょう。 しかし、東京都感染情報センターの統計によれば、2017年の患者は2014年の3.5倍の1788人。 今...
2018年11月22日

元気のヒント

シニアも実は低栄養?大人の食育が話題に

食育というと、子供への教育と思われがちですが、最近は大人への食育が広がっています。 カゴメやキューピーなど、食品メーカーは大人への食育を事業として始めたそうです。 シニア世...
2018年11月19日

元気のヒント

【認知症予防にも効果】「芸術は健康だ!」アートの力に注目を

今、世界でアートの力に注目が集まっています。 人々の健康や長寿に、いい影響を与えることがわかってきたのだとか。 [caption id="attachment_2435...
2018年11月18日

元気のヒント

スーパーエイジャーに学ぶ、若々しい心を維持する4つの習慣

「スーパーエイジャー」という言葉、お聞きになったことはありますか? 健康的なライフスタイルを維持し、脳を成長させ続けている人たちのことなのだとか。 実年齢よりも、20歳以上...
2018年11月17日

元気のヒント

【ほんとは怖い】インフルエンザ対策!シニアは予防接種が第一

今年は早くもインフルエンザが流行の兆しを見せています。 60歳以上の人は、15歳から59歳の人に比べて、約17倍も多くかかるとみられているのだそう。 シニアの予報対策の基本...