メニュー
ゲストさん
slownet_バナー_190401
 

テレビやパソコン、スマホが発生するブルーライト。本当に目に悪いの?視力低下の影響はどのくらいあるの?

テレビやスマートフォン、パソコンなどのLEDディスプレイが発するブルーライト。

強力な青色光のことで、紫外線と波長が近い380ナノメートルから500ナノメートルの光。
可視光線のなかでもエネルギーが高く、網膜にまで到達するほど。

ブルーライトに囲まれる生活が多くなった現代だからこそ、ブルーライトについて詳しく知っておきましょう。

ブルーライトは目に悪い?世界中で論争に

ブルーライトは目に悪い?世界中で論争に

画像提供:imagenavi(イメージナビ

パソコンやスマートフォンなど、LEDディスプレイを使用した端末の画面から発する青色光「ブルーライト」。

長時間ディスプレイを見続けることで目にダメージを与えてしまうということで、気にされている方も多いのではないでしょうか?
イギリスの科学雑誌「サイエンティフィック・リポーツ」に「眼球細胞を殺している」と掲載されたことで、大きな話題となり、「目に悪い」という説が広がりました。

しかし、これに反対したのはアメリカの眼科学会。

「スマートフォンのブルーライト(青色光)は失明しない」という見解を同学会のサイトに掲載し、「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された論文の内容は誤っていると主張。

海外の流れを受け、日本国内に置いてもブルーライトは「安全」なのか? 「危険」なのか? と大きな話題を呼びました。

このような流れから日本でも研究が進められました。
眼科医などで構成されるブルーライト研究会では2018年10月、「ブルーライトの影響は慎重に検討しなければならない」と文書を発表。
ブルーライトが人間の角膜や網膜に与える影響や、視力に及ぼす影響は「まだよくわかっていない」そう。

動物実験や細胞実験などでは影響がある、という結果が出てもいますが、あくまで実験。
すぐに人に当てはめることはできないそう。
加齢黄斑変性のように、紫外線を起因とする病気があることも踏まえて、目に影響がある、とする説も数多く存在しますが、まだまだ研究実績が乏しく、「影響がある」と確定されたわけではないといいます。

しかし、パソコンやスマートフォンが目に影響を与えないというわけではありません。



パソコンをスマートフォンを使用する際はまばたきが少なくなるもの。
これは集中するためですが、まばたきが減ることで目が乾燥する「ドライアイ」になってしまう可能性が高くなります。
目が乾くことで、波長の短いブルーライトが目の表面で乱反射。
このことから「見えづらさ」を感じるといいます。

また、人体への悪影響がはっきりしているものとしては夜間のスマートフォンやテレビ。
ブルーライトは浴び方によっては体内時計を狂わせる原因にもなるそう。
これはアメリカの眼科学会も同様の結果を示しており、ブルーライトは体内時計を狂わせる原因になることは間違いなさそうです。

ブルーライトで失うものとは?体内時計を狂わせるブルーライト

ブルーライトで失うものとは?体内時計を狂わせるブルーライト

画像提供:imagenavi(イメージナビ

アメリカのハーバード大学などの研究者たちが2015年に発表した論文では、就寝前数時間の読書でブルーライトによる影響を調べています。
タブレット端末などで電子書籍を読んだ場合と、紙の本を読んだ場合で体内時計の狂いを調べたのです。

研究の結果、電子書籍を読んだグループの方が入眠までの時間が長く、夜間の眠気が少ないという結果に。
このほか、メラトニンの分泌量が少なく、体内時計に遅れが生じ、翌日の目覚めが悪い、という結果になりました。

こうしたさまざまな研究からブルーライトを発する電子機器の就寝前の使用は控えたほうが良いと言えるでしょう。
睡眠の質、健康、翌日のパフォーマンスに影響を及ぼしてしまうことでしょう。

寝る前までパソコンを使用しなければならない、スマートフォンを使用しなければならない、といった場合はブルーライトをカットするメガネを使用するなど工夫が必要となります。
これも完璧ではありませんが、ブルーライトカットメガネをかけることによって、入眠が阻害されにくくなる人もいるようです。

目にダメージを与えないためには次のことを実践して利用すると良いでしょう。

  • パソコンやスマートフォンから腕1本分離れた位置で利用し、ディスプレイを少し見下ろすような高さに設置する
  • ギラギラと光るような画面を使用している場合は、マットフィルムなどを貼り付け、画面の光沢を抑える
  • 目薬や加湿器を使用し、目が乾燥しないよう工夫する
  • 周囲の明るさと比較し、モニタが明るすぎる、といったことは避ける(暗くする)
  • コンタクトレンズを使用している場合はメガネなどにし、目を休ませる時間を儲ける
  • 眩しさを常に感じたり、目が霞んできた場合は速やかに眼科医に相談を



これらの対策を行うことで、ドライアイなど、目へのダメージを低減することが出来ます。
どれもすぐに実施できることですよね。
パソコンやスマートフォンを使用する時間が長い、という方はなるべく実施してみましょう。

入眠前のスマホは危険?疲れ目を解消するには

入眠前のスマホは危険?疲れ目を解消するには

画像提供:imagenavi(イメージナビ

入眠前に暗い室内でスマホを操作することは、特に睡眠にとっては悪影響です。
また、暗いところで凝視すると疲れ目を加速させてしまいます。

疲れ目はかすみや極端な眩しさを感じる原因にも。

疲れ目を予防するには、利用環境はもちろん、身体のなかからのアプローチも大切です。

ファンケル「サプリメント」で身体のなかから疲れ目予防

高品質なサプリメントを多数販売していることで知られるFANCLは、疲れ目に効くサプリメントを販売しています。

現代人の86.2%が疲れて目を感じていると言われる現代に、必要なサプリメントが「スマホえんきん」

現代ではスマートフォンやパソコンを長時間使用する環境のため、近くのものを見る際にぼやけたり、ピントが合いにくくなる20~30代も急増中。
まるで老眼のような症状が若い世代にも増えているのです。

目の疲れは目だけでなく、全身に影響があります。

眼精疲労は、頭痛、めまい、吐き気、肩コリ、不眠、老け顔、仕事のパフォーマンス低下などさまざまな症状の起因となってしまうのです。

目の疲れは日々蓄積していくもの。
だからこそ、毎日目を休めたり、ブルーライトカットメガネを使用したり、マッサージをするなどのケアが大切です。

しかし、これらのケアだけでは改善しない眼精疲労は身体の中からのアプローチが効果的。

目の疲労をケアするビルベリー由来アントシアニンが57.6mg配合されているスマホえんきんは、4週間で近点調節機能が改善、ピント調整力が7日で改善するなど、効果が出るまでの期間が短いのが特徴です。

こうしたサプリメントは試してみないと効果がわからないもの。
試さないとわからないのに意外と高額なサプリメント。

FANCLのスマホえんきんら2週間分780円で試すことができます。
また、今なら2袋、4週間分がついて780円なのです。
さらに通販では初めてとなる送料も無料。
期間限定でお得に利用できる機会なので、試してみてはいかがでしょうか?

最短2日で届く、FANCLのスマホえんきん

日頃からかすみ、ピント調節が苦手になってきた、という方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?



スマートフォンやパソコンといった道具の普及で、20年前と現代の生活を比較すると大きく変わりました。
20年前にはなかった光が原因で悩む人も増えています。
特に目から得る情報はものすごく増えました。
だからこそ、目を大切に毎日を過ごしたいもの。
パソコンやスマートフォンの見方はもちろん、目を大切にするためのサプリメントなどもぜひ試してみてくださいね。

パソコン・スマホのあとも疲れ目知らず?スマホえんきん

【免責事項について】
「Slownet特集記事」に掲載されている情報は可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。「Slownet」は読者様が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、責任を負いかねますので御了承ください。
「Slownet特集記事」に記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にてお願い致します。
「Slownet」からリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。「Slownet特集記事」上の情報やURLは、予告なしに変更または削除される場合があります。
その他、上記項目に含まれない事項については、当社が定める「利用規約」に準拠するものとします。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年4月19日

健康・美容

自分に合ったサプリメントの選び方は? 曲げると痛いヒザを良くする方法

数多くの健康食品のテレビ、ラジオ、インターネットのCMなどで放送されていますよね。これらの健康食品のなかには、高額なだけで全く効果のないものも存在しているのだとか。 たくさん宣伝...
2019年4月17日

健康・美容

[PR]元気な体を保つために必要なエネルギーを補給「アイソカル ジェリー HC」栄養補助食品

世界有数の長寿国といわれる日本。いつまでも健康で活動的に過ごすためには、毎日の心がけが大切です。しかしながら、歳を重ねるにつれ食事量が減ってきてしまうと、不足しがちな栄養も出てくる...
2019年4月13日

健康・美容

将来の寝たきりを防ごう!自宅でできる筋トレってどんなものがある?何をすればいい?

「寝たきり」というと、病気や怪我を起因として「なってしまう」もの、と考えている方も多いのではないでしょうか? しかし、「寝たきり」は「つくられる」ものなのです。 日々のちょ...
2019年4月11日

健康・美容

白内障の手術ってどんなもの?網膜剥離、緑内障、黄斑変性症など目の病気…老化が引き起こす目のトラブル

目から得る情報はとても多いもの。 人は外界からの情報の8割を目から得ている、と言われています。 死ぬまで目は見えていてほしい、というのは私達共通の願いだといえるでしょう。 ...
2019年4月10日

健康・美容

最強の歯磨きはこれだ!超音波歯ブラシ(電動歯ブラシ)ですっきり口臭ゼロへ!

手磨きよりもキレイに磨くことができる印象がある電動歯ブラシ。 一度使うとツルツルの歯は病みつきになってしまいますよね。 手磨きではなかなか到達できない磨き心地が実現できる電...
2019年4月9日

健康・美容

針を使わない血糖値測定!最新「IoT」を活用した糖尿病治療とは?

糖尿病患者が血糖コントロールを改善するためには、体重管理、運動の習慣化などさまざまな生活習慣を変える、改善することが必要です。 医師や保健指導者は診療や保健指導を通して、自己管理...