メニュー
ゲストさん
 

非常用で買っておいた薬や以前病院で処方された薬、使用期限ってあるの?時間が経ったけど使っていい?

夜遅く急に風邪気味になったり、前と同じ症状が急に現れたとき、いつ買ったか、あるいはいつ病院からもらったのか分からない薬をとりあえず飲む方も多いのではないでしょうか?
しかし、薬にはそれぞれ使用期限があり、乱用した場合は健康に影響を与えるリスクが高いのです。今まではなんともなかったかもしれませんが、今後、問題が発生する場合があります。

本日は薬の使用期限についてご紹介します。

市販薬や病院から処方された薬の使用期限は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

前提として、病院で処方された薬はそのときのみ使用するもので、飲みきるのが基本です。
医師や薬剤師から指示があるときは別ですが、基本的には飲みきるようにしましょう。

食べものにも賞味期限・消費期限があるように、薬にも使用期限が設けられています。
薬は未開封の状態で、正しい環境で保存された場合、製造から3年〜5年は効果が変わらず使用できるといわれています。もちろん、薬によって異なるので、それぞれの薬について正しい知識を持たなければなりません。
痛み止めとしてよく処方されたり、薬局でも購入可能なロキソニンは概ね2年〜3年ほどが使用期限だと言われています。
多くの市販薬は薬によってさまざまな使用期限が設けられているので、使い始める前に使用期限もしっかりと確認しましょう。



一方で病院で処方された薬の場合、冒頭でもお伝えしていますが、特別な指示がある場合を除き、定められた期間で飲みきるのが基本です。飲み忘れてしまったからといって次の機会に多く飲んだり、飲み残していたものを次に同じ症状が現れた時に飲むのは推奨されません。同様に、自分と同じ症状だからと言って他人に薬を譲渡する行為は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」「麻薬及び向精神薬取締法」とふたつの法律に抵触し、「3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金、又はこれを併科」「5年以下の懲役、又は情状により5年以下の懲役及び100万円以下の罰金」という罰則が課せられることがあります。この点はしっかりと覚えておきましょう。

処方された薬の使用期限は保存方法によって短くなる場合があります。また薬によって使用期限はバラバラなので、処方される際にきちんと薬剤師などに確認した方が良さそうですね。
一般的に粉薬は3ヶ月〜6ヶ月ほど、カプセルや錠剤は6ヶ月〜1年以内、シロップなどの水薬は雑菌繁殖などの恐れがあるため、処方日数が使用期限となっています。うがい薬などは特に注意が必要ですね。
瓶やチューブに入っていることが多い外用薬は、瓶やチューブなどに直接使用期限が記載されています。しかし、これは未開封の場合。開封してしまった場合は処方日数までの使用に留めておきましょう。ほかの薬と比べると長期間使用できるのが特徴ですが、チューブの先端を患部に直接着けて使ってしまうと細菌が先端で繁殖してしまうこともあります。

また、同様に不衛生な手で使っても細菌が繁殖してしまいます。使用前はきちんと手を洗い、清潔にした後指先などに絞り出し、患部に塗るようにしましょう。綿棒を使うとより衛生的に使うことができます。チューブなどに外用薬を使う際は綿棒を使うと良さそうですね。
目薬は使い方にも注意しなければなりません。点眼容器の先端は目に触れたりしないよう十分注意しましょう。もしも先端に触れてしまうと目やに、ほこりが付着・吸い込む場合があり、そのまま使用すると感染症を引き起こすこともあり得ます。正しい使い方をするよう心がけましょう。そんな目薬は一部を除いて開封後1ヶ月程度が使用期限。残っていても取っておくのではなく、きちんと処分するようにしましょう。

糖尿病を患っている人が使うインスリンのような自己注射は、開封後1ヶ月で使い切るよう設計されています。注射忘れがないよう、定められた期間できちんと使い切るようにしましょう。
期間内に使い切って正しく服用するために、処方された薬の使用期間やどのような症状に効く薬なのかをメモしておくこともおすすめです。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 病院から処方された薬はいっぱいあるけど、どんな症状に効く薬なのか分からない場合は?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2021年7月25日

健康・美容

日焼け止めに書いてあるSPFの区別方法、あなたは知っている?今年は正しく日焼け止め対策をしよう!

最近、昼間は日差しが強くなってきました。 強い日差しから肌を守るために日焼け止めを塗ったりしている方も多いのではないでしょうか? 皆さんはどのような日焼け止め対策を行ってい...
2021年7月23日

健康・美容

エアコンつけっぱなしで夏の冷え性に。「冷房病(クーラー病)」には注意を!

昼間は熱くなり、エアコンをつけ始めた家庭も増えたのではないでしょうか? しかし、温度調節や長時間のつけぱなしは「冷房病」を招くリスクがあります。 現代病とも言える「冷房病」。ど...
2021年7月20日

健康・美容

ごはんの代わりにオートミール!最近人気のオートミールとは?コロナ太りを解消!

最近は外食を控えるようになり、自宅で食事を摂る機会が増えた方も多いでしょう。 しかし、外出自粛も相まって運動不足になり、少し太り始めた…なんて人も多いようです。 日本人は元...
2021年7月18日

健康・美容

ビタミンは何時に飲むのが一番良い?サプリメントをより賢く摂取するには飲む時間が重要!

日々の健康を維持するためにサプリメントを毎日飲まれる方も多いと思います。 朝に一気に一日分を飲む人もいれば、夜にまとめて飲む人もいるなど、サプリメントを飲む時間は人によってバラバ...
2021年7月9日

健康・美容

白髪を黒髪に回復する方法がある!?白髪になる原因と対策、失敗しない染め方も

黒に染めたばかりなのにいつの間にか白髪が生えてきてがっかりする方も多いのではないでしょうか。 最近は美容室に行くのもできるだけ避けている人も多く、家でセルフ染めをする人も多いでし...
2021年7月6日

健康・美容

7月までは梅が旬!おうち時間を活用して自家製梅酒や梅シロップを作ってみてはいかが?

この時期のスーパーには旬の食材である「梅」がずらり。 毎年この時期になると、青梅を購入して梅酒を漬けたり、梅ジャムを作ったりされる方も多いのではないでしょうか? 本日は梅の...