メニュー
ゲストさん
OHUFJ オートバックスペダルの見張り番Ⅱ
 

第33部・第3回 自在にスタイルが変化する新PC登場!

NEWぱそこんライフ講座

第33部 右手にパソコン、左手にタブレット

第3回 自在にスタイルが変化する新PC登場!

 ノートパソコンが変形してタブレットになる「2in1(ツーインワン)」のパソコンが話題を呼んでいますが、今回紹介する「dynabook KIRA L93」はノートパソコン、タブレットをはじめ7つのスタイルに変形します。今回はデジ形平次(以下、デジ形)と妻・ミドリが、「dynabook KIRA L93」の各スタイルの特長をアナ六に紹介します。

講座で使用しているノートパソコン

dynabook KIRA L93

dynabook KIRA L93

CPU:Core i5-4210Y 1.50GHz

メモリ:8GB

SSD:128GB

グラフィック:インテル HD グラフィックス4200(CPUに内蔵)

ディスプレイ:13.3型ワイドWQHD

OS:Windows 8.1 Update 64ビット

イメージ

「大江戸ぱそこんライフ」

【登場人物紹介】

デジ形平次…江戸中に名を知られた腕利きの岡っ引。意外にも趣味はパソコンで、事件のない時は日がな一日ノートパソコンに向かっている。

アナ六デジ形平次の子分で、名前のとおりのアナログ人間。パソコンを使いこなせるようになりたいが、いつもトンチンカンなことを言ってデジ形を呆れさせている。

ミドリデジ形平次の女房。パソコンに関してはデジ形より詳しいというのがもっぱらの噂。

 彼らがお送りする時空を超えた『NEWぱそこんライフ講座』、さて今回のお話は……。

7つのスタイルに変形する「dynabook KIRA L93」

アナ六
「サッカーのワールドカップが終わっちまうと、何だか寂しい感じがしますねえ」

デジ形
「期間中は朝から寝ぼけた顔をしていても大目に見ていたが、これからはタダじゃおかねえぞ」

ミドリ
「オリンピックのときも寝不足で朝からボーッとしていたね」

アナ六
「そういえば、冬のオリンピックがあったのは今年だったんですよね」

デジ形
「ずい分前のように思えるが、まだ半年も経ってねえぞ」

ミドリ
「そんなこと言っているうちに、次のオリンピックやワールドカップが開かれる年になっちまうのさ」

アナ六
「ってことは、東京オリンピックもアッと言う間ですかね?」

デジ形
「東京オリンピック開催が何年後かわかっているのか?」

アナ六
アナ六、困る「ええっと、今年が冬のオリンピックだから、あと2年ですよね?」

デジ形
「何言ってんだ、東京オリンピックは次の次だから6年後だぞ」

アナ六
「あれれっ、そうでしたっけ。じゃあ、次はどこでやるんですかい?」

デジ形
「エーッと……ど忘れしちまったぞ」

ミドリ
「今までワールドカップをやっていたブラジルのリオデジャネイロだよっ」

デジ形
「そ、そうだったな」

アナ六
「親分もあっしと同じように、ボーッとしているんじゃねえですかい?」

デジ形
「ムムッ、じゃあ、ここでお互いに目が覚めるようなものを見せてやろうじゃねえか」

アナ六
「おおっ、こいつは!?……って、ノートパソコンじゃねえですか」

デジ形
「ただのノートパソコンじゃねえぞ。このあいだ発売されたばかりの『dynabook KIRA L93』だ」

イメージ

サテンゴールドのメタリックなデザインが印象的な「dynabook KIRA L93」。見かけはノートパソコンですが、7種類のスタイルに変形します。

アナ六
「ええっと、こいつはどんな特長があるんでしたっけ?」

ミドリ
第32部・第8回で紹介したのに、もう忘れちまったのかい?」

アナ六
「ノートパソコンがタブレットに変形するヤツで?」

デジ形
「そういうモデルは今までもあったが、こいつはノートパソコンとタブレットだけでなく、さらにさまざまな形に変形できるのが特長だ」

アナ六
「思い出しましたぜ、『7つのスタイル』でしたね」

デジ形
デジ形、笑う「その通りだ。家ではいろいろな場面でパソコンやタブレットを使うが、この『dynabook KIRA L93』はそれにあわせて変形できる。7つのスタイルについては前も紹介したが、今回は使用する場面ごとに紹介していこう」

アナ六
「場面ってのは、例えば寝そべって使うとか……」

デジ形
「あまり行儀はよくねえが、それもありだ。そういう場面ではタブレットに変形して使うといいだろう」

ミドリ
「寝ながらじゃなくて、ちょいとヒザの上に載せて使うのにもいいね」

イメージ

タブレットスタイルにしたL93。キーボード部分は画面の背面に折りたたまれています。

アナ六
「こいつは便利ですが、ノートパソコンがタブレットになるってのは他にもありましたよね」

ミドリ
ミドリ、微笑む「ノートパソコンとタブレットの両方が使えるから『2in1(ツーインワン)』パソコンって言われているね」

デジ形
「『dynabook KIRA L93』は、いわば『7in1』だな。タブレットの形で使うのは基本で、ここからが本領発揮だ」

アナ六
「じゃあ、ほかのスタイルはどんな場面で使うので?」

デジ形
「例えばタブレットってのは手で持って使うが、長いあいだ持っていると、疲れてくるだろう?」

アナ六
「確かに、ゲームをずっとやっているとタブレットを持つほうの手が疲れてきますね」

デジ形
「そういうときは、タブレットをちゃぶ台の上なんかに立てて使うといい」

アナ六
「ええっ、平たいタブレットを立たせるなんてムリですぜ」

デジ形
「それが『dynabook KIRA L93』なら可能だ」

イメージ

山型に曲げて立てた「テントスタイル」のL93。タッチ操作主体で使用するときに向いているスタイルです。

アナ六
「へえーっ、こんな立たせ方があったとは。確かに普通のパソコンやタブレットにはできねえ芸当ですぜ」

ミドリ
「これだったら両手があくから、長いあいだ使っても疲れないね」

デジ形
「もうひとつ、こういう立たせ方もあるぞ」

イメージ

キーボードを逆側に折り曲げて立てた「スタンドスタイル」。キーボードのキーの部分は分離させることもできます。

アナ六
「へえーっ、こいつも面白い形ですねえ。でも、さっきのテントスタイルってヤツとはどう違うんですかい?」

デジ形
「それほど違いはねえが、こちらのほうは写真のスライドショーやビデオ映像など、あまりタッチ操作をしないで使うときにいいそうだ」

ミドリ
「勢いよくタッチすると、画面がひっくり返るかもしれないからねえ」

アナ六
「じゃあゲームをやるときはテントスタイルのほうがいいわけですね」

デジ形
「そうかもしれねえな。じゃあ、残りの3つのスタイルも次に紹介していこう」


特設ページには「dynabook KIRA L93」の魅力が満載!

「dynabook KIRA L93」をさらに詳しく知りたい方は、dynabookの特設ページも要チェックです。L93を使用したクリエーターへのインタビューや開発秘話の映像など、ワクワクするようなコンテンツが盛りだくさん。必ずやL93の魅力に引き込まれるでしょう!

画面とキーボードが分離する「デスクトップスタイル」

デジ形
「ここまではタッチ操作を主体としたスタイルを紹介してきたが、最初のノートパソコンスタイル以外でも、キーボードを使って操作することができるぞ」

アナ六
「キーボードを使うのなら、ノートパソコンの形が一番いいんじゃないですかい?」

デジ形
「いや、そうとも限らねえな。例えば液晶一体型パソコンのワイヤレスキーボードなんてのもあるだろう」

アナ六
アナ六、笑う「なるほど、あれは好きなところにキーボードを置けるのが便利なところで」

デジ形
「それと同じことがこの『dynabook KIRA L93』でもできるんだ」

アナ六
「ええっ、ノートパソコンなのに別にキーボードがあるんですかい?」

デジ形
「さっきのスタンドスタイルではキーボードの部分を外すこともできるが、取り外したキーボードは、ワイヤレスキーボードとして使用できるんだ。で、それをスタンドスタイルと組み合わせて『デスクトップスタイル』と呼ぶわけだ」

アナ六
「こりゃあ、見かけが液晶一体型みたいですねえ」

イメージ

キーボードを分離してデスクトップスタイルにしました。キーボードと画面はある程度距離が離れても大丈夫で、キーボードをヒザの上に置いて使うこともできます。

アナ六
「でも、こんなふうに画面とキーボードを切り離すってのは、どんな場面なんですかい?」

デジ形
「うむ、そこが肝心なところだな。例えば普段はタブレットスタイルで使用していて、一時的にキーボードが必要になった場合だ」

ミドリ
「長文のメールを書いたり、家計簿をつけたりね」

デジ形
「あと前も言ったが、画面を台の上に置いてデスクトップパソコンのように使えば、パソコンをするときの姿勢もよくなるぞ」

アナ六
「なるほど、でもノートパソコンなのにデスクトップパソコンにもなるとは珍しいですねえ」

デジ形
「もうひとつ、キーボードをつけたまま使えるスタイルがある。ノートパソコンの画面を平らに倒した状態で使う『フラットスタイル』だ」

イメージ

画面を倒した状態で使用するフラットスタイル。画面はファンクションキーの操作で180度回転できます。

アナ六
「こいつは画面を見る姿勢がかなり悪くなりそうで」

デジ形
「もちろん普段はノートPCスタイルで使うほうがいいぞ。周りにいる人に画面を見てもらいたいときに用いるスタイルだ」

ミドリ
「相談しながら何かの予定を組んだり、文章を作るとか、画面を見ながら共同で作業をするときに便利だろうね」

アナ六
「なるほど、他の人のパソコンを見るときに、いちいち隣りに座るってのは面倒だし、暑苦しいですからね」

デジ形
「ムムッ、誰が暑苦しいヤツだと?」

アナ六
「いえ、親分のことじゃありませんよ。それより、これで6つですから、最後のスタイルの説明をお願いしますぜ」

デジ形
「うむ。『dynabook KIRA L93』のタッチパネルはデジタイザー方式で、付属のペンを使って書き味のよい正確な線が引けるようになっている」

アナ六
「前のモデルのパソコンやタブレットにもあった方式ですね。誰でもプロなみのイラストが描けるんでしたっけ?」

ミドリ
ミドリ、怒る 「それはプロなみのイラストの腕があればの話だよっ」

デジ形
「で、イラストを描くときに便利なのが、最後の『キャンバススタイル』だ」

イメージ

画面を斜めに立てたキャンバススタイル。もちろん絵を描くだけでなく、通常のタブレットと同様に操作できます。

アナ六
「これはスタンドスタイルを横倒しにした感じですね」

デジ形
「ただ倒しただけではなく、好きなように角度を変えられるぞ。イラストを描くときは平らではなく、少し角度がついているほうが描きやすいからな」

アナ六
「そういえばテレビで見たマンガ家は、少し傾いた机の上で原稿を描いていましたぜ。これを使えばマンガ家になれますかね?」

ミドリ
「それはプロなみのマンガが描ければの話だよっ!」


「dynabook KIRA」シリーズならではの高画質・高音質

最初はどうしてもデザインに注目してしまう「dynabook KIRA L93」ですが、「dynabook KIRA」シリーズを引き継いだ高画質・高音質も見逃せないポイントです。画面はフルHDを超えた「2560×1440ドット」のWQHD液晶を使用し、繊細な部分まで美しく鮮やかに表示します。また、有名オーディオブランドの「harman/kardon」ステレオスピーカーを搭載し、低音から高音までムラのない高音質なサウンドを実現しています。もちろんデザインはこのモデルの大きな魅力ですが、手に取ってみれば画質や音質のすばらしさにも驚かされるでしょう。

イメージ

「dynabook KIRA L93」本体に刻まれている「harman/kardon」のロゴマーク。この下の小さい穴の部分はスピーカーと通風孔を兼ねています。

7つのスタイル、その変形の仕組みは?

アナ六
「ここまで7つのスタイルを教わりましたが、どこをどう操作すればこんな風に変形できるので?」

デジ形
「『dynabook KIRA L93』には、普通のノートパソコンにはない仕掛けがある。そのひとつは、キーボード部分が分離できることで、もうひとつは画面(天板)が360度回転することだ」

アナ六
「360度ってえのは、一回転して元に戻るってことですかい?」

デジ形
デジ形、呆れる 「元には戻らねえぞ。グルッと回って画面の裏側とキーボードの底面がピッタリくっつくってわけだ」

ミドリ
「その状態がタブレットスタイルだねっ」

デジ形
「ちなみにタブレットスタイルのときは、キーボードを取り外しておくことを推奨しているぞ。そうするとキーボードの分だけ軽くなるし、背面のWebカメラが使えるという利点もある」

アナ六
「じゃあ、変形の仕方を順番に教えてくださいっ」

デジ形
「うむ。まずはノートPCスタイルで画面を倒すとフラットスタイルになる」

アナ六
「これはわかりやすいですね」

イメージ

デジ形
「ここでキーボードをいったん分離し、裏返しにして接続する」

アナ六
「ええっ、そりゃあ、どういうわけで?」

デジ形
「キーボードを外側に向けないためだろうな。何かがぶつかって故障の原因になるかもしれねえ」

アナ六
「なるほど、そんなことも考えられているとは」

イメージ

デジ形
「そして画面を山形に曲げると、テントスタイルになるわけだ。この山形の角度も自由に変えられるぞ」

アナ六
「なるほど、これは180度以上回転しているわけで」

ミドリ
「これをピッタリ合わせるとタブレットになるわけだねっ」

イメージ

デジ形
「で、テントスタイルをひっくり返して画面を上に向ければスタンドスタイルになる。キーボードの部分は外しても外さなくてもいい」

ミドリ
「キーボード部分があるほうが安定はよさそうだねえ」

イメージ

デジ形
「ここでキーボードを外してワイヤレスキーボードとして使えばデスクトップスタイルだ」

アナ六
「変形はなしですね」

デジ形
「そしてスタンドスタイルの画面を倒せばキャンバススタイルだ」

アナ六
「いやあ、子供のころの分離・合体するオモチャを思い出しますねえ」

デジ形
「この最先端のパソコンをオモチャ扱いするんじゃねえぞ!」

ミドリ
ミドリ、笑う 「まあ、子供がオモチャで遊ぶときのように、ワクワクを感じさせるデザインってことだろうね」

イメージ

デジ形
「どうだ、『dynabook KIRA L93』の魅力がわかったか?」

アナ六
アナ六、笑う「へいっ、さっきからワクワクしていますぜ」

ミドリ
「スタイルごとにいろいろなことができそうだねっ」

デジ形
「7スタイルにこだわらず、自分で使い方を考えるのも楽しそうだな」

アナ六
「親分、ダメもとでお願いしますが、こいつをあっしに一晩貸してくれませんか?」

デジ形
「オレだって買ったばかりだからダメだ……と言いたいところだが、一晩ぐらいなら貸してもいいぞ」

アナ六
「そいつはありがてえ、さっそく家に持って帰りますぜ」

ミドリ
「おや、アッと言う間にいなくなったよ」

デジ形
アナ六め、本体を残してキーボード部分だけ持って行きやがったぞ」

ミドリ
「あいかわらずうっかりしているねえ」


※ソフトウェアのダウンロードは自己の責任において行ってください。また、ソフトウェアの質問は配信サイトの管理者にお問い合わせください。
※このコーナーで使用している画像は、それぞれのメーカー・運営会社等が著作権を有しています。



コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年11月28日

NEWぱそこんライフ講座

動画の見すぎに要注意!スマホの“ギガ”を節約しよう

スマホはもういらない!? もっとパソコンでLINEを活用しよう スマホはもういらない!? もっとパソコンでLINEを活用しよう 最近は「ギガ泥棒」という言葉をテ...
2018年11月21日

NEWぱそこんライフ講座

目指すはシニアインスタグラマー!インスタグラムに写真を投稿しよう

目指すはシニアインスタグラマー!インスタグラムに写真を投稿しよう 目指すはシニアインスタグラマー!インスタグラムに写真を投稿しよう ツイッターやフェイスブックは...
2018年11月14日

NEWぱそこんライフ講座

「インスタ映え」ってどういう意味?インスタグラムで写真を楽しもう!

「インスタ映え」ってどういう意味?インスタグラムで写真を楽しもう! 「インスタ映え」ってどういう意味?インスタグラムで写真を楽しもう! 最近のSNSで一番人気が...
2018年11月7日

NEWぱそこんライフ講座

【保存版】スマホで音楽を楽しもう!CDの曲をスマホで聴くには?

【保存版】スマホで音楽を楽しもう!CDの曲をスマホで聴くには? 【保存版】スマホで音楽を楽しもう!CDの曲をスマホで聴くには? 町に出ると、イヤホンやヘッドホン...
2018年10月24日

NEWぱそこんライフ講座

ブログにアップする写真をもっとキレイに仕上げたい!

ブログにアップする写真をもっとキレイに仕上げたい! ブログにアップする写真をもっとキレイに仕上げたい! ブログやSNSに載せる写真を選ぶとき、写りが今ひとつだな...
2018年10月17日

NEWぱそこんライフ講座

デマに惑わされないように!災害時こそ活用したいSNS

デマに惑わされないように!災害時こそ活用したいSNS デマに惑わされないように!災害時こそ活用したいSNS ツイッターなどのSNSは、災害時に家族と連絡を取り合...