メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

これからペットを飼うシニア世代(60代・70代)が読んでおきたい心構え

シニアの方が犬や猫などのペットを飼うのなら、特に最期まで責任を持って飼う覚悟と準備が必要となります。
ペットが高齢になると人間同様に介護を要するする可能性があり、トイレや食事なども飼い主の補助や工夫が必要になり、考えているより手がかかるようになります。

画像提供:YOURSTOCK(ユアストック)

ペットの長寿化している今、老犬・猫介護で思わぬ現実に直面することがあります

ペットを飼ってみたいと考えているシニアの方もおられると思いますし、犬や猫などの動物を家族同然に可愛がっている方もたくさんいます。
特にお子さんのいない方や、家族とは別居されているシニアの方だと寂しさを埋めるためにペットを飼いたいと考えることはよくあります。
しかし、これから犬や猫などペットを飼いたいのならいくつか注意すべきこともありますから覚えておきましょう。

近年、ペットは飼い主のモラルや獣医学の向上により長寿化しており、場合によっては老猫や老犬の介護が必要になるケースがあります。
ペットが長生きしてくれるのは飼い主として嬉しいことですが、シニアの方ではペットの頻繁な通院や介護を行うのが厳しい方もいます。
ペットも高齢化している現在、愛犬・愛猫の介護という思いがけぬ可能性を考慮して、最期までしっかり面倒を見るという責任を持ちたいものです。

ペットを今までに飼ったことがある方ならまだしも、初めてペットを飼うという方の場合は事前に知っておきたいことがたくさんあります。
「飼えなくなった、介護できなくなったから手放したい」というのは大変身勝手な行為です。
愛するペットが高齢化したとき、どのような問題が発生するかを考えたうえで、対処の方法を考えておくことも大切です。
自分で世話をしきれなくなった時は、ペットシッターさんなどのプロに助けてもらうことを検討するのも一つの手です。

参考リンク:ーペットシッター 留守番わんにゃんー

犬猫を最後まで責任を持って飼うために、準備と覚悟を持ちましょう

先ほども少しお話しましたが、ペットを飼うということは責任が伴います。
飼えなくなったからと平気でペットを捨てるような人もいますが、捨てられてしまったペットはどうやって生きていけばよいでしょう?最悪の場合、保護された後に殺処分されてしまう自治体もあります。
飼えなくなったからといってペットを捨てるような人は、最初からペットを飼う資格はありません。一度家族として迎え入れたのなら、最期まで責任を持って飼うべきです。

ペットを飼うのなら、最期までしっかり看取る覚悟を持ちたいものです。
厳しいことを言うようですが、それができないのなら最初からペットを飼うべきではないのです。
最期まで飼えないかもしれないと不安に思う方はむやみに飼ったりせず、かわいい猫と触れ合えるような猫カフェや動物と触れ合えるようなスポットに行く選択肢があります。
責任を持ってペットを飼うためにも、事前に十分に考えるようにしてください。

ペットの介護で苦労する場面と対策

人間と同じように動物も歳をとります。犬や猫の寿命は人間よりもずっと短いですが、最近では平均寿命以上に長生きする猫や犬もいます。
人間と同じく高齢になると動物も介護や補助といった世話が増えますが、当然これはまず飼い主が行う必要があります。

ペットの介護でもっとも苦労するのはやはりトイレでしょう。
高齢になると自分でトイレに行けなくなったり、トイレに間に合わずに粗相をしてしまうということもあります。うんちを自力でできなくなってしまった子には、お尻をマッサージしてうんちを出すお手伝いが必要なこともあります。
普段からおむつを履かせたり、もし広い家に住んでいるのなら、トイレを数か所に設置するなど工夫しましょう。
また、ペットシーツを少し広めに敷いておくのも有効な対策です。

高齢になると食事も昔のように摂れなくなります。
食欲がなくなってしまうことはよくありますから、食事の量よりも質に注意してあげましょう。
高齢犬や高齢猫用のフードを基本に、少しでも食欲が湧くように少しずつフードの味付けなどを変えてあげるといいでしょう。

さらに高齢になると、目が見えなくなったり、耳が聞こえなくなったり、上手に歩けなくなったりといった状態になることもあります。
耳が聞こえない子を突然触ったりすると驚かせてしまいますし、目が見えない子はどこかにぶつかって怪我をしてしまう可能性があります。
生活に支障が出るような状態になった場合は、ケアや世話について獣医さんに相談したりアドバイスをもらいながら、少しでも過ごしやすいように工夫していきましょう。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?
人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年11月15日

IT・科学

第46部・第7回 パソコンで美術館を巡ろう

第46部 パソコンで美術館を巡ろう 第46部・第7回 パソコンで美術館を巡ろう  今年の秋も,さまざまな美術展が目白押しですね。でも、忙しくて行くヒマがないとい...
2017年11月22日

IT・科学

第46部・第8回 Windows 10でできるセキュリティ

第46部・第8回 Windows 10でできるセキュリティ 第46部・第8回 Windows 10でできるセキュリティ パソコンのセキュリティは悩ましい問題です...
2017年11月19日

暮らし

【生前整理・断捨離】良いものだけど使わない、捨てるには惜しいものを譲る方法

先日行きつけのスナックのママから「ねえ、田辺聖子全集欲しい人いないかしら。好きな方に譲りたいのだけれど。」と相談を持ちかけられました。なんでも一人娘はもう嫁いで孫も生まれ肩の荷も下...
2017年11月20日

エンタメ

【60歳ダンサー】最高にかっこいいイマドキ爺ちゃん婆ちゃんの動画がすごい

「震える手」「漏れる尿」「飛び出す入れ歯」・・・・・・『 時は 満ちた。 』 長野県は奥信濃の山間をものすごく低速で颯爽と駆け抜ける、最高にかっこいいお婆ちゃんがネットで話題にな...
2017年11月14日

健康・美容

【60代・70代】いつまでも脳を若々しく保ちたい!認知症予防にも役立つ生涯学習のすすめ

平均寿命が80代を超えようとしているこの時代だからこそ、リタイア後の60代・70代のシニア世代にとって生涯学習は必要不可欠です。趣味として開いている時間を有益に活動できるだけでなく...
関連記事
NEW!
2017年11月22日

暮らし・社会

電子タバコという選択肢 ~シニア喫煙者のあたらしい嗜好のかたち~

先日職場の役員(67)の机の上に見慣れないケースが。メンソールのガムかな?と思ったら今話題の電子タバコIQOS(アイコス)用のタバコでした。健康志向の高まる昨今、喫煙できる場所が減...
NEW!
2017年11月20日

暮らし・社会

【60歳ダンサー】最高にかっこいいイマドキ爺ちゃん婆ちゃんの動画がすごい

「震える手」「漏れる尿」「飛び出す入れ歯」・・・・・・『 時は 満ちた。 』 長野県は奥信濃の山間をものすごく低速で颯爽と駆け抜ける、最高にかっこいいお婆ちゃんがネットで話題にな...
NEW!
2017年11月19日

暮らし・社会

【生前整理・断捨離】良いものだけど使わない、捨てるには惜しいものを譲る方法

先日行きつけのスナックのママから「ねえ、田辺聖子全集欲しい人いないかしら。好きな方に譲りたいのだけれど。」と相談を持ちかけられました。なんでも一人娘はもう嫁いで孫も生まれ肩の荷も下...
2017年10月31日

暮らし・社会

シニアだからこそ念を入れたい、災害の備えのすすめ

いざというときに慌てず済むよう、災害へはきちんと備えておきたいものです。 特にシニア世代になると、判断や行動が若い時と比べて鈍くなりますし、いざという時の行動も遅れかねないので、...
2017年5月16日

暮らし・社会

「高額療養費制度」を知ってますか? ~200万円の医療費自己負担が10万円に~

保険で悩むシニア世代  私が活動するNPO法人シニアわーくすRyoma21(http://www.ryoma21.jp/)のメルマガに、メンバーがこんな編集後記を書い...
2016年5月20日

暮らし・社会

応急処置、とっさの時にできますか?

人を集めること 突然、人が倒れたら、どう対処すればよいのでしょうか? まずは、周囲の安全を確保するとともに、声をかけ、肩を叩いて、意識があるか確かめるこ...


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円