メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

【60歳ダンサー】最高にかっこいいイマドキ爺ちゃん婆ちゃんの動画がすごい

「震える手」「漏れる尿」「飛び出す入れ歯」・・・・・・『 時は 満ちた。 』
長野県は奥信濃の山間をものすごく低速で颯爽と駆け抜ける、最高にかっこいいお婆ちゃんがネットで話題になりました。先日NKKの「クローズアップ現代+」でも、スポーツクラブやダンススタジオで多くのシニアがヒップホップダンスを楽しむ様子が取り上げられていました。
人生100年時代、「老後」なんて概念はもうないのかもしれません。そんなパワフルな活動をしている最高にかっこいいイマドキな爺ちゃん婆ちゃんの動画を5本ご紹介します!

【1】フリーペーパー「鶴と亀」のプロモーションビデオ

地方にいるイケてるじいちゃんばあちゃんをスタイリッシュに紹介した、長野県飯山市のフリーペーパー『鶴と亀』はいつも配布分がすぐに無くなってしまうほどの人気。そのフリーペーパー「第参号」制作時に合わせて作られたプロモーションビデオが「最高にかっこいい」と話題になりました。
ゆっくり駆け抜けるばあちゃんとヒップホップの音楽とシュールなキャッチコピーで思わず目が釘付けに。

【2】和装のシニア女性が表参道でキレキレのダンス!

「敬老の日」というタイトルで制作されたこの映像。着物姿の女性が想像もできないキレのあるダンスを繰り広げ、「敬うというか、なめんなよ。」という強烈なメッセージを放ちました。
踊っている女性は現役のストリートダンサーTORIさん。
現在62歳のTORIさんは50歳の時にマイケル・ジャクソンに憧れダンスをはじめたそう。ダンスは楽しむもの。続けているうちに「世間体を気にしなくなる」とおっしゃっていました。

【3】世界中で話題を集めるTORIさんのダンス

上記でご紹介した現役のストリートダンサーTORIさんの有名な動画はまだまだあります。
大ブレイクした洋楽アーティスト、ブルーノマーズ『Bruno Mars – 24K Magic』に合わせて踊ったファンキーなダンスは、かっこよさに歳なんて関係ないと大絶賛されました。

ブルーノ・マーズ本人からも「ありがとう、レディーズ!」と直接コメントが寄せられています。


【4】北海道利尻島のスーパーおじいちゃん「ウィーアー リーシリーボーイズ」

利尻町在住、現役漁師・合計年齢246歳の「おじいちゃん3人組」が地元を盛り上げるため、結成したHIPHOPグループ「リーシリーボーイズ」。島の皆が登場するプロモーションビデオで、とにかく楽しそうな雰囲気が伝わってきます。“自由すぎる”感じが良いと話題になりました。

【5】ご長寿の国「高知」をPRする「ちょい悪シニア」

高知県でも地域をPRするためのシニアダンスグループがあります。
「高齢バンザイ!」「高知バンザイ!」という歌とダンスを披露するのは、リーダー80歳、平均年齢は67歳の5人組グループ『爺-POP』。「夜ふかし してみても 5時半 目が覚める」というような、シニアライフのユーモア溢れる歌詞にも注目です。

どの動画からも「自分スタイル」で楽しく生き生きと人生を歩んできた良い顔が見えます。そんな皆さんの活躍は同世代はもちろん、現役世代、若者世代にも「ああ、こんな風に生きよう」と思わせる力を感じますね。

<こちらの記事もおすすめ>

何歳になってもアクティブ! シニア世代のYoutuber | シニアSNS『Slownet』

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?
人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年9月24日

生きがい発見Story

定年後にも夫婦円満!その意外な秘訣とは?

「亭主で元気で留守がいい」 そんなテレビCMがありましたが、定年後に妻が夫に対して持つ不満のひとつは「いつも家にいること」なのだとか。 せめて家事の分担はしたほうがよさそう...
2018年9月16日

生きがい発見Story

人生100年時代!「書く仕事」が手に職として人気に

「シニアから手に職をつけることはできるのかな?」 女性を中心に、「ライター養成講座」の人気が高まっているそうです。 [caption id="attachment_23...
2018年9月2日

生きがい発見Story

「サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)」で芸術家の卵と共生する

「老後はサ高住での暮らしを考えてはいるけど、高齢者しかいないイメージ」 高齢になり一人暮らしや夫婦だけの生活に不安がある人は多くいることかと思います。 そんな人たちの今後の...
2018年8月27日

生きがい発見Story

「あいのり」でシニアの移動をスムーズに

「移動コストがすごく高い」 アメリカやヨーロッパで進むライドシェア、つまり「あいのり」。特にヨーロッパでは、交通過疎地の問題解決として、フランス・パリに拠点を置く「BlaBl...
2018年8月25日

生きがい発見Story

広がるシニア向け少量・低価格食品を賢く使おう

「普通の惣菜って夫婦2人だと量が多い」 シニア向けに少量のお総菜などを提供するスーパーをよく見るようになりました。 もうすでにこうした少量の惣菜を普段から利用されている方も...
2018年8月20日

生きがい発見Story

シニアや障がい者にやさしいホテル・旅館の選び方

「いい宿だと思って行ってみたら、エレベーターがなく、二階の客室に行くのが大変だった…」 そんな経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか? 2020年の東京オリンピック...