メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

【60歳ダンサー】最高にかっこいいイマドキ爺ちゃん婆ちゃんの動画がすごい

「震える手」「漏れる尿」「飛び出す入れ歯」・・・・・・『 時は 満ちた。 』
長野県は奥信濃の山間をものすごく低速で颯爽と駆け抜ける、最高にかっこいいお婆ちゃんがネットで話題になりました。先日NKKの「クローズアップ現代+」でも、スポーツクラブやダンススタジオで多くのシニアがヒップホップダンスを楽しむ様子が取り上げられていました。
人生100年時代、「老後」なんて概念はもうないのかもしれません。そんなパワフルな活動をしている最高にかっこいいイマドキな爺ちゃん婆ちゃんの動画を5本ご紹介します!

【1】フリーペーパー「鶴と亀」のプロモーションビデオ

地方にいるイケてるじいちゃんばあちゃんをスタイリッシュに紹介した、長野県飯山市のフリーペーパー『鶴と亀』はいつも配布分がすぐに無くなってしまうほどの人気。そのフリーペーパー「第参号」制作時に合わせて作られたプロモーションビデオが「最高にかっこいい」と話題になりました。
ゆっくり駆け抜けるばあちゃんとヒップホップの音楽とシュールなキャッチコピーで思わず目が釘付けに。

【2】和装のシニア女性が表参道でキレキレのダンス!

「敬老の日」というタイトルで制作されたこの映像。着物姿の女性が想像もできないキレのあるダンスを繰り広げ、「敬うというか、なめんなよ。」という強烈なメッセージを放ちました。
踊っている女性は現役のストリートダンサーTORIさん。
現在62歳のTORIさんは50歳の時にマイケル・ジャクソンに憧れダンスをはじめたそう。ダンスは楽しむもの。続けているうちに「世間体を気にしなくなる」とおっしゃっていました。

【3】世界中で話題を集めるTORIさんのダンス

上記でご紹介した現役のストリートダンサーTORIさんの有名な動画はまだまだあります。
大ブレイクした洋楽アーティスト、ブルーノマーズ『Bruno Mars – 24K Magic』に合わせて踊ったファンキーなダンスは、かっこよさに歳なんて関係ないと大絶賛されました。

ブルーノ・マーズ本人からも「ありがとう、レディーズ!」と直接コメントが寄せられています。


【4】北海道利尻島のスーパーおじいちゃん「ウィーアー リーシリーボーイズ」

利尻町在住、現役漁師・合計年齢246歳の「おじいちゃん3人組」が地元を盛り上げるため、結成したHIPHOPグループ「リーシリーボーイズ」。島の皆が登場するプロモーションビデオで、とにかく楽しそうな雰囲気が伝わってきます。“自由すぎる”感じが良いと話題になりました。

【5】ご長寿の国「高知」をPRする「ちょい悪シニア」

高知県でも地域をPRするためのシニアダンスグループがあります。
「高齢バンザイ!」「高知バンザイ!」という歌とダンスを披露するのは、リーダー80歳、平均年齢は67歳の5人組グループ『爺-POP』。「夜ふかし してみても 5時半 目が覚める」というような、シニアライフのユーモア溢れる歌詞にも注目です。

どの動画からも「自分スタイル」で楽しく生き生きと人生を歩んできた良い顔が見えます。そんな皆さんの活躍は同世代はもちろん、現役世代、若者世代にも「ああ、こんな風に生きよう」と思わせる力を感じますね。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?
人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年12月1日

趣味

悲壮と笑いの同居! 第17回「シルバー川柳」入選作品が発表される

「遺言書『すべて妻に』と妻の文字」「『君の名は?』老人会でも流行語」。毎年敬老の日に合わせて公募される大人気「シルバー川柳」が今年も開催されました。思わず吹き出す悲喜こもごもの珠玉...
2017年12月6日

IT・科学

第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」

第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」 第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」 パソコンのユーザーサポートというと、電話をかけた...
2017年12月5日

暮らし

没イチという生き方が増えている? 没イチって何?

「NHKで没イチというおひとりさま特集を見たけれど“没イチ”ってイマイチなにかわからなかった…」という人、いませんか? バツイチという言葉はよく聞く言葉で、1度離婚歴のある人のこと...
2017年12月5日

くらしのマネー情報

12月開始!「スマホおためしレンタル」TSUTAYAがシニア世代のスマホデビューを後押し

「最近あのひともスマホを持ち始めたし、子どもや孫ともLINE(ライン)を使って連絡を取ってみたい。でも、スマホの使い方ってわからないし、買ってみて後悔はしたくない」。新しいものを購...
2017年12月4日

暮らし・社会

SNS利用拡大で広がる「炎上」の恐怖! 快適に利用する"秘訣"とは

「気軽に書いた一言で、いろいろな人から批判されてしまった」という経験がある人も多いのではないでしょうか? 2010年代から、インターネットリテラシー(インターネット利用時のマナー)...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
関連記事
NEW!
2017年12月10日

生きがい発見Story

三日坊主は「浮気」で克服!? 慶應義塾大学と20万人の習慣化アプリ「みんチャレ」

「何をはじめても三日坊主になってしまう。なかなか長続きしないなぁ。長続きするコツはあるのかな?」シニア世代に限らず、三日坊主はいくつになっても直らないもの。しかし、そんな三日坊主は...
NEW!
2017年12月8日

生きがい発見Story

【ご意見募集中】お年玉は何歳まであげる? 相場はどのくらい?

「新年を迎えるから孫にお年玉をあげなくちゃ。でもいくらあげるのが平均なんだろう?」 毎年年末から年始にかけて頭を悩ませるシニア世代も多いのではないでしょうか? お孫さんが小学生な...
NEW!
2017年12月7日

生きがい発見Story

行列ができる「遺影撮影会」!? テレビでも話題の美しすぎる遺影が人気

いま「最高に美しく撮れる」と人気の、とある写真サービスがあります。 「終活」という言葉がブームになって10年ほど。身の回りの整理を始めると同時にシニア世代の多くが真っ先に取り掛か...
2017年12月5日

生きがい発見Story

没イチという生き方が増えている? 没イチって何?

「NHKで没イチというおひとりさま特集を見たけれど“没イチ”ってイマイチなにかわからなかった…」という人、いませんか? バツイチという言葉はよく聞く言葉で、1度離婚歴のある人のこと...
2017年12月4日

生きがい発見Story

SNS利用拡大で広がる「炎上」の恐怖! 快適に利用する"秘訣"とは

「気軽に書いた一言で、いろいろな人から批判されてしまった」という経験がある人も多いのではないでしょうか? 2010年代から、インターネットリテラシー(インターネット利用時のマナー)...
2017年12月3日

生きがい発見Story

【100円家事代行】乾電池の交換など生活の小さな困りごとを助けてくれるサービス

「生活に不便があるけれど、ちょっとしたことだから頼むのは気がひける」と思うことはありませんか? とても簡単なことだと電球の交換や大きなものの買い出しなど。こうした身の回りのささいな...


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円