メニュー
ゲストさん
 

【ボランティア】飼えなくてもシニアが『犬との暮らし』を始める方法

「ハナちゃん、おはよう」「あら、レオンくん今日も元気ね。おはようございます」
朝や夕方、犬と一緒にウォーキングをしている姿を見て、羨ましいなあと思ったことはありませんか? 犬と暮らし散歩に行くことで、健康寿命が伸びるという報告があるそうです。憧れを持つシニアに無理なく始められる方法をご紹介します。

【ボランティア】飼えなくてもシニアが『犬との暮らし』を始める方法

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

シニア世代が犬を飼うということ

『犬と暮らし、犬と散歩に行く人』は『ペットと暮らしていない人』と比較したとき、健康寿命が男性で0.44歳、女性で2.79歳も長かった(東洋経済ONLINE 2017年6月14日

ペットフード協会の名誉会長で、日本ヘルスケア協会の理事でもある越村義雄氏によれば、過去にこういう調査結果が出ているそうです。犬が与えるシニア世代の健康効果は、近年ますます注目されており、認知症の高齢者にとって、犬とのコミュニケーションがストレスの緩和や、鬱状態の改善につながるという研究も発表されています。

しかし、ペットを昔飼っていた人ならまだしも、一度も飼ったことがないシニア世代にとっては、「初めてペットを飼う」というのはなかなか勇気がいりますよね。

できることから始めよう 保護犬を一時預るボランティア

現在、年間約4万頭にも及ぶ犬が殺処分されているという悲しい現実があります。犬のとの生活を考えられている方は、是非ショップで購入する前に、里親として保護された犬を数日預かることから始めるのはいかがでしょうか。

参考リンク:保護犬の里親募集サイト ドッグレスキュー

ワンちゃんとの出会いは、まず譲渡会でのお見合いから始まります。本当の家族との出会いを待つ可愛い保護犬たちが待っている譲渡会で、どんな子がいるのか会いに行って見ることができます。

参考リンク:ペットのおうち「譲渡会」イベント

飼いやすい犬の紹介

初めてペットを飼いたいシニア世代には、抱き上げられるぐらいの重さで、性格が大人しく世話がしやすいタイプがおすすめです。日本で人気のある3種をご紹介いたします。

●ヨークシャー・テリア
19世紀のイギリスで、作物などを荒らすネズミを獲るための犬として誕生しましたが、次第に美しい体や毛並みが評判となり、貴族などの上流階級でも愛玩犬として飼われるようになりました。小型犬の中でもチワワについで小さい犬で、抜け毛が少なく、落ち着いた性格ですので、室内でも飼いやすい犬種です。
●マルチーズ
1855年頃に日本に輸入され、1970年代前半までの高度成長期にマルチーズの最大のブームが続きました。落ち着きのある従順な性格なので、しつけがしやすいです。愛想もよく、物覚えがいいので、セラピー犬としても活躍しています。手が繊細で毛玉ができやすいので、ブラッシングはこまめにしてあげた方がよいでしょう。
●シー・ズー
その優雅な姿から、中国の宮廷では皇族や貴族だけが飼える犬でした。名前は、中国の神聖な動物「獅子」から「獅子狗(シーズークゥ)」と名づけられたそうです。フレンドリーで落ち着いた性格で、賢くしつけもしやすく、日本でも長年人気を誇っている犬種です。人懐っこく愛情深いですが、一人でもさほどストレスなく過ごせるタイプです。

犬を飼うときに、気をつけること

シニア世代にとって、新しくペットを飼うとき、自分に万が一の事故や病気があった場合を考えると、不安になると思います。
“もしも”のときに、身近に預けられる人がいればいいですが、もし居なかった場合、一時的にペットを預かってくれる支援センターを利用することも考えておいた方がいいかもしれません。

参考リンク:ペット飼育支援センター

飼えなくても・・・いのちを救う活動へ参加する

保健所などで殺処分されてしまう犬と猫を保護し、新しい飼い主さんを探す活動に寄付をする、ボランティアとして参加することで「犬との生活」に少しずつ関わり、そして命を繋ぐ活動を始めることも可能です。

参考リンク:子犬子猫の里親募集【毎日面会可】 – NPO法人犬と猫のライフボート

もちろん、生き物を飼うということはある程度の覚悟が必要ですが、きちんと選んで準備をすれば、シニア世代からでも飼うことはできると思います。新しく犬との生活を初めてみるのはいかがですか?

<こちらの記事もおすすめ>

ペット家族をおおいに自慢しよう! いぬねこ写真アプリ「ドコノコ」

【シニア犬の介護】高齢化に対応!散歩したくても歩けない愛犬にベビーカーを

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2020年10月25日

暮らし・社会

10月から「酒税」が変わったこと、ご存じですか?

10月から酒税が変わったこと、ご存じでしたか? ニュースなどではいわゆる「本物のビール」の税率が下がり、「その他雑酒」などの値段が上がったと報じられました。 酒の種類によっ...
2020年10月20日

暮らし・社会

日本の水道水のクオリティは高い!水道水はそのまま飲んでも問題なし?

みなさんは普段のようなお水を飲んでいますか? ウォーターサーバーを利用されている方もいれば、スーパーやコンビニエンスストアなどで販売されているペットボトルのお水を購入される方もい...
2020年10月16日

暮らし・社会

葬儀の種類、どこまでご存じですか?生前に決めておくことで迷わないことができます!

みなさんは最期、どのように人生を飾りたいですか? 日本では一般的に家族葬を先に思い浮かべる方が多いと思います。 しかし、最近はいろんな葬儀のスタイルが生まれています。 日...
2020年9月29日

暮らし・社会

日用品からマスクのサブスクまで登場!忘れる頃に家まで届けてくれる便利なサブクスサービスを利用してみては?

最近よく耳にする「サブクス(サブスクリプション)サービス」、みなさんは利用したことがありますか? 大手のECサイトなどで日用品を定期便で送ってもらったり、最近は生活必需品になった...
2020年9月27日

暮らし・社会

新型コロナウイルス感染症の流行で電子マネー使用率も上がっている?この機会に検討してみては?

新型コロナウイルス感染症の影響で、手から手へとモノを渡す習慣を見直すようになっています。 最近ではスーパーやコンビニエンスストアなどでも、トレイを介して現金をやりとりするようにな...
2020年9月11日

暮らし・社会

相次ぐ辛いニュースでなんだか気持ちが落ち込む。メディアと正しく付き合うための方法は?

テレビや新聞などでは毎日のように暗いニュースが流れます。 特に最近は新型コロナウイルス感染症で死者の数や外出自粛を求める声など、どうしようもない気持ちになるニュースばかり。 ...