メニュー
ゲストさん
toshitsu 京都リカレントステイ
 

【シニアの身だしなみ】お金をかけず素敵に見えるシニアの身だしなみ

「オシャレだと思われたいけれどお金はかけたくない」

自分をよく見せたい、という思いは何歳になってもなくてはならないものです。
身だしなみに気を使わなければ、相手からの印象がとても悪いものになってしまいます。

身だしなみのせいで受けられるはずだったサービスが受けられなくなったり、なんだか人が離れてしまったり、といいことはありません。

とはいえ、お金をかければいいのか? というとそうではありません。
今回はお金をかけずに、相手に良い印象を与えられる身だしなみ術をご紹介します。

【シニアの身だしなみ】お金をかけず素敵に見えるシニアの身だしなみ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

服装も大事だけど見た目の印象はもっと大事!

最も簡単な見た目の印象を変える方法は、姿勢を良くすること。
姿勢が思ってる以上に相手に与える印象を大きく変えてくれます。

ストレートネック

本来あるべき首の骨の S 字カーブがなくなってしまっている状態をストレートネックと言います。
ストレートネックが悪化すると首が前に突き出たようになってしまいます。
不自然に顎が出て見えたり、首が短くすぼまって見え、見た目も美しくありませんし、なんだか暗い印象を与えてしまいます。

巻き肩

肩甲骨がハの字型に広がってしまい方が内側に入り込んだような状態になる巻き肩。
猫背ではないのですが、姿勢が綺麗に見えません。
上のストレートネックの原因にもなってしまうので巻き方は改善したいところです。
これまでデスクワーク中心の仕事だった人は、巻き肩になりやすいので一度確認を見てみましょう。

猫背

背骨が向かってカーブしている状態
街を歩いていると、結構猫背の人見かけますよね。
猫背になってしまうと目線が下がりがちになるため、なんだか自信がなさそうに見えたり、頼りなさそうに見えたり、暗い印象を与えてしまいます。
改善方法としては椅子に座る際、お尻をしっかりと背もたれと座面の隙間にくっつけること。
骨盤が上を向くように意識すると猫背が改善されます。

歩き方

歩き方の人に与える影響は大きいポイントです。
かっこよく、品よく歩いている人は素敵に見えるものです。
肩をゆすって歩いたり、極端にがに股で歩いたり、靴をするように歩いてしまったり
こうした歩き方は決してかっこいいとは言えませんよね。
正しい歩き方を身につけましょう。

何歳になってもオシャレに見せるコツ

【シニアの身だしなみ】お金をかけず素敵に見えるシニアの身だしなみ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

姿勢や歩き方を改善できたら次はファッションです。
姿勢歩き方を改善するだけでもかなりおしゃれかっこよく見えるものですが、ファッションもちょっと気を使えば、より良い印象を与えることができます。

バランス

子供のように毎年成長するわけではないので、自分にジャストサイズの服を選びましょう。
テレビなどでタレントが着ている服を見てみると、皆ちょうどいいサイズの服を着ていますよね。

ここで注目したいのはその服装のバランス
ズボンの場合丈はどのくらいなのか、何色なのか。
上着の場合、どのくらいの丈なのか、細さはどのくらいなのか。

これらは積極的に真似しちゃいましょう。

ズボンを決める

実はズボンのサイズ感はとても重要です。
細身、普通、太めなどいろいろありますが、自分に合ったものを選びましょう。
もし今後購入するのであれば、店員さんに相談するのも良いでしょう。
ズボンがしっかり決まれば、上着はシンプルでもオシャレに見えてくるのです。

色を取り入れる

どうしても自分好み、無難な色ばかりを集めてはいませんか?
派手にする必要はありませんが、ちょっと色を入れてあげるだけでグッとオシャレに見えるのです。
シャツやマフラーなど、無難な色ではなく、少しだけ鮮やかな色を取り入れてみてはいかがでしょうか?
キレイな色味はさわやかな印象に、淡い色味は優しいイメージを与えることができます。

ちょっとだけ流行を取り入れる

流行を追う必要はないですが、少しだけ流行を取り入れるとよりオシャレな印象に。
流行色は以前の記事をご参考に。

【参考】日本流行色協会が選定した「高齢者を元気にするカラー 2018-2019」-スローネット

男性はココを見られている! 気をつけたいポイント

【シニアの身だしなみ】お金をかけず素敵に見えるシニアの身だしなみ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

最後に男性はここを見られている! というポイントをご紹介します。

靴・カバン

靴や鞄はどうしても汚れやすいもの。
汚れやすいからと言って何も手入れをしていないと、だらしない印象を与えてしまいます。
革靴はしっかりと磨くカバンもヨレや痛みがないようきちんと使う、など対策をとりましょう。
スニーカーの場合は、泥汚れがある場合はしっかりと洗浄すると良いです。

小物類

ハンカチやスカーフも汚れのない、キレイで清潔なものを使いましょう。
何日も使っていたり、汚れているものはNGです。

 

これらのポイントに気をつけるだけで、すっきりとした印象を相手に与えることができます。
ファッションは何もお金をかけるだけではないのです。
身の回りのちょっとしたことに気をつけて、おしゃれなシニアライフを過ごしましょう。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年10月15日

暮らし・社会

定年後はUターン?昔住んだ地元に移住して、豊かな老後を過ごすなら地域創世・地域活性が鍵になる?

定年退職後は地元に戻ってのんびりと暮らしたいと考えている方も多いのではないでしょうか? それまで働いてきた東京や大阪などの大都会での経験を活かして、例えば生まれ育った町の「地域活...
2019年10月13日

暮らし・社会

「マウンティングシニア」「マウンティングおじさん」は厄介?最近よく聞く「マウンティング」って一体なに?

シニアだけの特徴、おじさんだけの特徴ではありませんが、「マウンティング」をする人っていますよね。 ほかの人が自分より優位になっているところを我慢できない、他人の自慢話がうっとうし...
2019年10月11日

暮らし・社会

急な停電、どう備える?どう対応する?あなたは停電への備えができていますか?

現在も完全復旧とは行かない千葉県内で発生している停電。 昨年は大阪府や北海道でも大規模停電が発生しました。 停電すると日常生活のなかで驚くほど電気を使用していることがわかります...
2019年10月10日

暮らし・社会

意外と知らない?お供え、引っ越し、処分、花など仏壇の管理方法

仏壇が家にある、という家庭もあるのではないでしょうか? 先立った家族やご先祖様の供養で毎日感謝を込めてお祈りすることが日常になっている方も多いのではないでしょうか? そもそ...
2019年10月8日

暮らし・社会

「生きがい」は必ず必要なの?人生100年時代だからこそ、定年後を楽しく生き生き過ごすためには何が必要なのか

人生100年時代。 実際に100歳以上の高齢者は2019年の厚生労働省の発表では7万1,274人にも上り、49年連続で最多を更新しているそうです。 60歳で定年退職したとす...
2019年10月6日

暮らし・社会

高齢者が外傷を負いやすい場所は「自宅」だった!?骨折、転倒など自宅こそ要注意のわけとは

「転びやすい場所」はどこですか? イメージしやすいのは道を歩いているときなんかですよね。 そういったシチュエーションは外ではないでしょうか? 転びやすいというと外でのシチ...