メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
 

【難読】イマドキの孫の名前読めますか?難読名急増中!?

「そろそろ孫が生まれる!どんな名前がいいのかな?」

初孫に限らず、お孫さんの誕生にはワクワクするもの。
どんな子に育ってくれるんだろう? いつまで面倒を見られるだろう? 名前は? 結婚相手は? などなど、お孫さんの話題には事欠きません。

ところでこんな言葉、耳にしたことありませんか?

キラキラネーム

キラキラネームとは名前の通り、キラキラと輝くような名前のこと。

親が子に贈る最初の贈り物として、その子だけの名前をつける親が増えているようなのです。

この名前、とても難読なのでご紹介します。

【難読】イマドキの孫の名前読めますか?難読名急増中!?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

イマドキの名前、読めない!

「赤ちゃん名づけ」(https://namae-yurai.net/main.htm)で発表された2017~2018年男の子・女の子の名前ランキングを見ていきましょう。

男の子1~10位

  1. 陽翔
  2. 湊斗
  3. 凛空
  4. 悠斗
  5. 蒼大
  6. 大樹
  7. 一郎
  8. 優空

女の子1~10位

  1. 希心
  2. 心桜
  3. 咲花
  4. 千愛
  5. 心陽
  6. 栞菜

これらの名前、いくつ読めましたか?
それでは読み方を見ていきましょう。

男の子1~10位

  1. ・・・・・・かける など
  2. 陽翔・・・・・はると など
  3. 湊斗・・・・・みなと など
  4. 凛空・・・・・りく など
  5. 悠斗・・・・・ゆうと など
  6. 蒼大・・・・・あおと など
  7. ・・・・・・おう など
  8. 大樹・・・・・だいき など
  9. 一郎・・・・・いちろう など
  10. 優空・・・・・ゆうく など

女の子1~10位

  1. 希心・・・・・のぞみ など
  2. 心桜・・・・・こころ など
  3. 咲花・・・・・えみか など
  4. ・・・・・・つむぎ など
  5. 千愛・・・・・ちな など
  6. ・・・・・・みお など
  7. 心陽・・・・・こはる など
  8. 栞菜・・・・・かんな など
  9. ・・・・・・けい など
  10. ・・・・・・りん など

いかがでしょうか?
当たっていましたか?

一昔前では使わなかった漢字や読み方が多いですよね。

ここからは特に個性のある人名を見ていきましょう。

特に個性的! 最新の名づけとは?

【難読】イマドキの孫の名前読めますか?難読名急増中!?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

まずは男の子から見ていきましょう。

  • 姫守(ひも)
  • 詩羽楊(じばにゃん)
  • 覇安威(はあい)
  • 弥有二(みゅうつー)
  • 羽々亜(うはあ)
  • 生愛(りばい)
  • 大麻(たいま)
  • 大魂(だいそー)
  • 愛百足(あどり)
  • 宇宙(あーす)
  • 心太(はあふ)
  • 空海(ぶるう)

つづいて女の子編。

  • 唯一神(ゆいか)
  • 月姫(らめ)
  • 歩木鈴(ぽこりん)
  • 凛空(りすか)
  • 神生理(かおり)
  • 闘女(きゅあ)
  • 恥子(さとこ)
  • 妃仁(ひにん)
  • 茄子(かこ)
  • 翁(おきな)
  • 空理鈴(くりりん)
  • 碧(あくあまりん)

いかがでしょうか? なかなか個性的な名前ですよね。
昨今の幼稚園・小学校ではこういった名前の子どもが増えているそうで、教師側も名前を読めないことが非常に増えているようです。

こうした最新の名前を見てどのように感じましたか?

「いい名前だ」
「あまり好ましくない」
「名前は読めるのが大事」
「漢字と読みの意味が違う」

などなどいろいろと感じることはありますよね。
名前というのは一生ついてまわるもの。
そんな名前が他人から読めないならまだしも、音と漢字の意味が違うのは、苦労しそうな気がします。

では、そもそも名付けとは一体どのようなものなのでしょうか?

そもそも名付けとは?

徒然草の第116段には次のように書かれています。

寺院の号、さらぬ万の物にも、名を付くる事、昔の人は、少しも求めず、ただ、ありのままに、やすく付けけるなり

意味としては「お寺の名前やその他すべてのものに名前をつけるとき、昔の人は少しもひねらず、考えず、ただありのままにわかりやすく付けたものだ」となります。
また、この詩の後には「いろいろと考えて、知識・才覚をみせびらかそうとしているように思われるのは、とてもわずらわしくて嫌味だ」と続きます。
なんと吉田兼好の時代から名付けに関してはいろいろと思うことがあったようです。

なんだか最近の読めない名前に似ているような気がしますよね。

名前はその子に一生ついてまわるもの。
名前の意味や音に気を取られて、「読めない」ということはできれば避けたいものです。

名付けとは「親自身の本音を大切にする」「子どもの社会の人を大切にする」という2つの意味があるそうです。
親としてはこんな子になってほしいという希望はもちろんあるでしょう。
しかし、社会としての子どもにとって、その名前が正解か、というのは一度立ち止まる必要がありそうです。

とはいえ、子ども夫婦が付ける名前に対して、あれこれと口出しすると今後の関係がぎくしゃくしてしまいます。
予め名前についてよく話し合っておく必要がありそうですね。

名前に使えない漢字

名前に使用できる漢字は現在大幅に増えています。
昔は使用できなかった漢字も今では使用できるようになっているのです。

今回は、使用できる漢字が増えた今も「名前には使用できない漢字」をご紹介します。

【難読】イマドキの孫の名前読めますか?難読名急増中!?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

自然を感じる漢字

  • 薔(ば)
  • 薇(ら)
  • 薊(あざみ)
  • 荅(あずき)
  • 藜(あかざ)
  • 茗(めい)
  • 棗(なつめ)
  • 檸檬(れもん)

意外と使えない漢字

  • 玻(は)
  • 曖(あい)
  • 唖(あ)
  • 祟(すい)
  • 籐(とう)
  • 淮(わい)
  • 珪(けい)

これらの漢字は現在も使用することができません。
音や字面、意味で探す場合は注意が必要です。

初孫誕生でテンションが上ってしまい、どんな名前でもかわいい! という時期もきっとあるはず。
しかし、ちょっと立ち止まって、20歳、30歳、60歳、80歳になったとき困らないかな? という視点でも考えてみると良さそうです。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年12月17日

社会

重大な病気を見過ごされた…医師を訴えることはできる?

医療従事者はミスが許されないものですが、やはり人間であるだけに、重大な病気などを「見落としてしまう」ことがあります。 昨今は「セカンドオピニオン」も行われていますが、浸透して...
NEW!
2018年12月14日

社会

【Slownetアンケート結果】夫婦一緒お休みですか?それとも別々にお休みですか?

先日、Slownet特集記事の『夫婦の寝室、トップは「別々」でした』にてみなさまのご意見を募集いたしました。 本日はその結果をお知らせします! [caption id="a...
NEW!
2018年12月13日

社会

介護の負担を軽減!進化するベッドの床ずれ防止機能

ベッドは人生の3分の1を過ごす場所。 長く寝ている状態になってしまうと、床ずれを防ぐために定期的に体の向きを変えるなど、介護の負担も大きくなります。 最近、床ずれ防止機...
NEW!
2018年12月12日

社会

不倫夫への復讐で腐ったイカを食べさせる妻…「夫が悪い」で許される?

夫の不倫は妻にとって許せるものではありません。なかには、思いもよらない過激な復讐を行う妻もいます。 [caption id="attachment_24664" align=...
2018年11月25日

社会

【NHKでも話題】死後離婚でトラブル回避?義父母との究極の縁切り

死後離婚という言葉、ご存知のシニアも多いのではないでしょうか? 死んだ相手(配偶者)と離婚するわけではありません。 配偶者を亡くした後、役所に「姻族関係終了届」を出し、義父...
2018年11月24日

社会

80歳の壁は「人の援助」で乗り切ろう!

80代の3人にひとりは、筋肉量や身体機能が日常生活を送るのに不十分な状態に陥っていると、推測されています。 この「80歳の壁」を自分ひとりで、あるいは配偶者(やはり80代)と...