メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 大倉様_ザグランリゾートエレガンテ_04
 

【夫婦のスレ違い】家事に男女の意識差!仲睦まじい老後を過ごそう

定年退職後、家事にも協力しているのに、なぜか妻の顔色がいま一つ冴えない!?

そんなもやもやを感じているシニア男性もいるのではないでしょうか?
その原因は「妻と夫で、相手にもっとしてほしい家事」が違うからかもしれません。

歌う夫婦

これから主夫としても活躍しようとしている男性はとくに必見!
ズレない主夫になるポイントを解説します。

「掃除」の意識差が大きい

定年退職後は念願の自宅で配偶者とのんびり暮らす、という方も多いのではないでしょうか?
しかし、なぜか夫婦間がうまくいかない、という方も増えてきているのだとか。

ワタベウェディングの調査によると、女性がしてほしいほどには男性はしたいと思っていない、ということがわかりました。

女性がしてほしいこととは掃除や運転、介護など。
特に「掃除」に関しては男女の意識の差が大きいことがわかりました。

インターネットを通じて今年5月にワタベウェディングが実施したアンケートでは、未婚・既婚合わせて男女904人から回答を得ました。
この調査では家事において、男性には自分の好きを高めたいこと女性には男性にスキルを高めてほしいことを複数回答で尋ねています。

男性がしたいことで最も多いのは料理で73%
次いで掃除が50%育児と洗濯はいずれも49%という結果になりました。

対して女性がしてほしいことでもトップは料理でしたが、69%という結果になり、男性ほど料理には期待していない、ということがわかります。
女性が男性に求めているのは「運転」や「掃除」で男性の意欲といずれも14ポイントも差が開くという結果に。

 

運転、冠婚葬祭対応、介護にもっと協力する

掃除道具

こうした結果を受けて、男性に実際にできることを聞くと、ごみ捨てが70%と最も多く、洗濯と掃除が65%、買い出しが64%という結果になりました。
女性が「パートナーができている」と評価したのはゴミ捨て54%、運転53%、掃除45%
運転を除き、男性の意識より女性の評価が低い結果に。

男性の自己評価が女性視点から最も離れて高かったのは買い出しで、「必要なものをきちんと買ってこない」という思いが女性にはありそうだ、ということがわかります。

アンケート結果から女性は運転に苦手意識を持っている人も多く、苦手な部分を男性に代わってほしいと思っている、ということが伺いしれます。
運転が得意な男性は積極的に運転を代わるのが良さそうです。

また、女性の期待がさほど高くはありませんが、冠婚葬祭の対応や介護でも男女の意識差は12ポイントと大きく開き、男性の関心が低いことがわかります。
この辺りを積極的に行うことが、これからの夫婦円満の秘訣だと言えそうです。

アンケート調査から、洗濯や整理整頓、掃除でも女性の評価以上に自分が家事をできている、と認識している男性が多そうだ、ということがアンケート結果からわかりました。
「実際の結婚生活で家事を分担できる」と考えている人は、男性では95%にも上りましたが、女性では78%にとどまるなど、「家事」といっても男女では求めている「水準」に大きな差がありそうですね。

各種サービスの活用も方法の一つ

スポーツカー

自分自身、掃除も運転も苦手だ、という方はさまざまなサービス(商品)を活用してみるのもひとつの手だと言えそうです。

近年流行しているロボット掃除機なんかは、苦手な掃除を代行してくれる商品だと言えるでしょう。
最近では導入コストも下がってきているので、ぜひ家電量販店などで比較検討してみてはいかがでしょうか?
高いところにあり、手が届きにくいエアコン掃除、換気扇周りの掃除といった大掛かりな掃除は、専門業者に依頼するのもあり。
自分では手の届かない部分まで、しっかりと掃除してくれるので満足度は高いはずです。

運転に関しては、自動ブレーキなどの安全装備を搭載している車に買い換えるのもひとつの手でしょう。
運転していて不安がない、安心できる車を準備するのも夫婦仲を円満に保つ秘訣だと言えそうです。

こうしたサービスは年々拡大傾向にあります。
自分が苦手な部分は、実は相手も苦手で、お互いフラストレーションが溜まっているかもしれません。
便利なサービスや商品を活用して、夫婦円満な毎日を過ごしませんか?

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年1月21日

暮らし・社会

急成長「ストロング系」人気が過熱する3つの理由・シニアのお酒事情

2018年爆発的に売れた高アルコール酎ハイ「ストロングゼロ」など安くしっかり酔えるのが人気の要因。 Slownetのみなさんどうですか? 昨年一番飲んだお酒を教えてくだ...
NEW!
2019年1月17日

暮らし・社会

【政治議論】ネットでの政治議論専門アプリ、「ポリポリ」・アンケート実施中

政治的な問題についての発言が、時々スローネットでも盛り上がりますが、専門アプリが登場しました。 その名もポリポリ。 一方的な攻撃にならないよう、工夫がされており、シニア...
2019年1月14日

暮らし・社会

【終活】遺品は誰に?どうやって?生前整理のプロに学ぶ終活

シニアにとって終活は切実な話ですよね。 両親のことでもあれば、自身のことでもあります。 特に一軒家の場合、生前整理を考えただけでも、気が滅入りそうな人もいるのではないでしょ...
2019年1月11日

暮らし・社会

「誰にも相談できない…」美人局被害に遭ったらどうすればいい?

美人局(つつもたせ)はかなり古くから存在するトラブルですが、現在でも基本的な構造は変わらぬまま存在し、相談件数は増加しているように思います。 その原因は、出会い系サイトなど、異性...
2019年1月3日

暮らし・社会

故人が遺言書をのこしているかどうかわからない…こんな時どう探せばいい?

何十年と生きていると、必ず家族との別れ、つまり家族の死を経験することになるでしょう。 病気などで死を意識した人が遺言を書いている可能性が高いのは想像しやすいですが、たとえ、突然の...
2018年12月31日

暮らし・社会

雪道をノーマルタイヤで走ったら違法ってホント?

今年の年末年始は全国的に厳冬となるようです。昨年の冬は東京都心でも4年ぶりに大雪が降り、各種交通機関では入場規制や大幅な遅延が発生するなど、混乱が発生しました。 普段雪の降らない...