メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 抗がん漢方を考える会01
 

「児童福祉法」が大幅に改正…子どもの虐待を予防するために何が変わった?

平成28年6月3日に制定・施行された「児童福祉法の一部を改正する法律」は、量は少ないものの、質的には大改正だといわれます(一部は平成28年10月1日、同29年4月1日に施行)。

子供

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

では一体何が変わったのでしょうか。それは、目線です。法の理念が「子ども目線」に転換したのです。

子どもが権利の主体へ

まず、第1条を、子どもが児童福祉を受ける権利者であることのみに割り当て、第2条を国民の義務と地方自治体の責任の規定にあてました。

これまで児童福祉法では、子どもは、児童福祉の対象として位置づけられていたのですが、今回の改正で「対象」から児童福祉を受ける「権利主体」へと大転換したのです。

権利と義務という裏表の関係について違う表現をしただけで、意味は同じじゃないのか? そう思っても不思議はないでしょう。しかし、これまでこの法律の基調にあった「大人目線」を「子ども自身の目線」に置き換えるからこそ、児童福祉全体を根本的に見直すことができるのです。

児童虐待の発生予防、虐待発生時の迅速・的確な対応

こうした視点に立った具体策として、児童虐待の発生予防のために下記の3項目を定めました。

①市町村母子健康包括支援センターの設置

②支援を要する妊婦等を把握した医療機関や学校等と市町村との連携

③国・地方公共団体が児童虐待の発生予防・早期発見に資することに留意することの明確化

以上のように、妊娠期から切れ目のない虐待予防策を講じる旨が定められました。
さらに、児童虐待発生時の迅速・的確な対応策として、下記5項目も規定されました。

①支援のための拠点の整備を市町村が努めること

②要保護児童対策地域協議会の調整機関について専門職を配置すること

③政令で定める特別区には児童相談所を設置すること

④都道府県は、児童相談所に児童心理司、医師又は保健師、児童福祉司を置くとともに、弁護士等の配置

⑤児童相談所等と医療機関や学校等との情報連携

ひとつひとつみていけば、うなづける、というより当然の施策にも思えます。しかし、子ども目線を出発点に、権利実現のために何が足りないか発見する作業を経た成果が、これらの具体策になったというわけです。

家庭的養育の促進へ

また、今回の改正では「家庭的養育」の推進を明確にしました。都道府県(児童相談所)の業務として里親支援を位置づけるなど、虐待等により親元で暮らせない子どもの「里親家庭」等での養育推進を盛り込み、従来の「社会的養護」(養護施設など)中心の発想を脱して、里親、特別養子縁組、グループホームなど「家庭的養育」の比重を大きくしようという意図によります。国連の改善勧告があったのも事実です。

家庭的養育と社会的養護、どちらがいいのか、単純に比較するのは難しいものです。施設タイプのほうが子どものメリットが大きいとする経験者の意見もあります。しかし、質の高い里親が少ないままでは、そもそも受け皿の選択肢にすらなり得ていません。今回の改正はそれを改善しようとしています。

子どもたちには、等しく健やかに育ってほしいものです。この改正が機能を発揮できるか見守りたいですね。

*著者:鉄箸法雄(法情報専門の編集者・ライター。出版社で、長年法律書籍・デジタルコンテンツ等の編集に携わったのちに独立。現在も「全ての人に良質な法情報を」をモットーに活動中)

===========================================
※本記事は「シェアしたくなる法律相談所」から提供を受けております。著作権は提供会社に帰属します。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

【関連記事】
・給食費滞納問題で大阪市が弁護士に回収委託…弁護士は何をする?
・もしも交通違反をしたのに反則金も呼出状も無視し続けたら、どんな罪が待っている?
===========================================
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年2月14日

暮らし・社会

タクシーの運転手が道を間違えた! 回り道した分の返金は可能?

何かとトラブルが多い乗り物、タクシー。ドライバーは正確かつ迅速に顧客を目的地に送り届けることが仕事ですが、不慣れな道の場合、遠回りしてしまうなどして時間がかかってしまうことがありま...
NEW!
2019年2月13日

暮らし・社会

【ロマンポルノ女優も】有名人の「終活」に学ぶ。終活をしている?

親を看取ったあと、「自分もそろそろ」と思うシニアも多いと思います。 トレードマークのストールを処分した中尾彬さんや、洋服やタンスなどを断舎離した高橋英樹さんなど、芸能界でも「...
2019年2月6日

暮らし・社会

シニアの恋愛事情、婚活で愛は見つかるか。デート商法の被害も

独身のシニアも多い現在、婚活パーティなどの出会いの場も多様化しています。 しかし、出会いを口実に法外な料金が発生したり、食事代を支払うだけだったり。 そんなデート商法は、あ...
2019年2月4日

暮らし・社会

【Slownetアンケート結果】コンビニのトイレを使用時、店員に一声かけますか?

先日、Slownet特集記事の生理現象の救世主「コンビニのトイレ」一声かけずに借りたら犯罪?にて、みなさまのご意見を募集いたしました。 本日はその結果をお知らせします! [...
2019年1月31日

暮らし・社会

SNSなりすまし裁判で名誉権侵害が成立…仮に被害を受けたらどうすればいい?

SNS『GREE』内で自分になりすまし、他人を罵倒する書き込みをされたとして、長野県に住む男性がなりすまし実行犯に対し、723万円の損害賠償を求めた裁判の判決が大阪地裁で行われまし...
2019年1月26日

暮らし・社会

【Slownetアンケート結果】ネット上で政治関連発言は行うべき?控えるべき?

先日、Slownet特集記事の【政治議論】ネットでの政治議論専門アプリ「ポリポリ」にて、みなさまのご意見を募集いたしました。 本日はその結果をお知らせします! [capti...