メニュー
ゲストさん
toshitsu 京都リカレントステイ
 

【社会貢献】誰かの力になりたい!だけど、どのように始めたら良いのか分からない!ボランティアを始めるには?

定年後、時間的余裕が出来た。
何か自分の時間を有効活用できないかな? と考えている方はボランティアを始めてみてはいかがでしょうか?

しかし、どのように始めたら良いのか、また、自分ができるボランティアはどのように探したらいいのか、迷っている方も多くいるのではないでしょうか。
本日は「ボランティア」の始め方についてご紹介します。

定年後の社会とのつながりは「ボランティア活動」で。ボランティアを行う意味とは

定年後の社会とのつながりは「ボランティア活動」で。ボランティアを行う意味とは

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

長い老後を豊かに暮らすために何が必要でしょうか?

お金、趣味、生きがい、など人によってさまざまですよね。
人生100年時代において、長い老後をいかに豊かに過ごすかは重要なテーマです。
特に仕事にじっくりと向き合い、仕事一筋で生きてきた方にとって、定年退職後、老後の居場所を作るのは非常に大切。
皆さんはどんなことをして老後を過ごしますか?

定年退職後、特にやりたいことがない場合、「お金」を目的としない仕事をしてみてはいかがでしょうか?
公的年金をそこそこの金額もらえる場合、退職金と現役時代に貯めたお金で当面、生活の不安はないでしょうからお金を目的としない仕事がオススメです。

現代は少子高齢化で働き手は減ってきており、さまざまな業界で人手不足状態です。
しかし求人はあり、定年退職後のシニア世代を登用する企業が増えてきています。
今の60代、70代はまだまだ体力があるので、働く気力・体力は充分。

ここで見つける仕事はこれまでの経験を活かしたものでも良いですし、全く新しい業界にチャレンジしても良いでしょう。
働き方は現役のようにガツガツ、バリバリ働かなくともいいのです。
週2日、3日、1日2時間から3時間など今までのようにバリバリ働かなくとも、生活にメリハリが生まれ、いくつになっても若々しく、生き生きと暮らせることでしょう。
何もせず家に閉じこもりきりになると、徐々に元気がなくなってしまうものです。
だからこそ、生活にメリハリをつける意味でも、短時間働いてみるのがオススメです。

このほか、趣味、習い事、家事、地域活動、ボランティアなどできることはたくさんあります。
仕事で空いた時間があって、その時間にやることがない。
仕事はもうしたくない、という場合は趣味をはじめてみたり、習い事をはじめてみたり、家事分担の比率を大きくしたり、地域活動・ボランティアに参加してみるのもオススメ。



趣味や習い事はこれまで行ってきた物でも良いですし、今まで始めるきっかけがなかったことを新たにはじめてみたり、今の趣味をさらに極めてみたり、時間をたっぷりと使えますよね。
新たに始めた趣味でも、70歳、80歳まで続ければ他人にも教えられるほど極められます。
定年退職後のライフプランを練って、新たな趣味に没頭してみるのも良いですね。

また、家事分担の比率はこれまで仕事を続けてきた男性にとっては深刻な問題。
どうしても夫婦一緒にいる時間が長くなると、妻の家事負担が大きくなりがちに。
また、お互いの生活サイクルが急変してしまうため、どんどんストレスが溜まってしまいます。
だからこそ、しっかりと家事を分担し、家庭への参加比率を上げましょう。

地域活動は町内会、祭りの役員、サークル活動などざまざまなものがあります。
今までは仕事があったから参加できなかった地域活動に参加すると新たな人間関係ができて、そこから新たな趣味が見つかることもあります。
年齢を重ねたからこそ見えてくる世界が地域活動にはあるのです。

同様の理由でボランティア活動もオススメ。
ボランティア活動はより幅広い年齢の人と関わることになるので、より新しい世界が見えてくることでしょう。
ボランティア活動はお金ではなく、やりがい、生きがい、感謝される喜びがあります。
体力的に困難な場合は、ゆるめのボランティアを行ったり、自分にできる範囲で活動するのも良いでしょう。
ボランティア活動を行っている人も多いので、より社会に参加している実感が得られるはず。
ぜひ定年退職後は何かしらのボランティア活動をはじめてみてはいかがでしょうか?

自分にあうボランティアを探すには?どこで募集してる?アプリ?サイト?イベント?ボランティアセンター?ボランティアの探し方

自分にあうボランティアを探すには?どこで募集してる?アプリ?サイト?イベント?ボランティアセンター?ボランティアの探し方

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

とはいえ、ボランティアだったらなんでもいいわけではないですよね。
自分の考えにマッチした活動を行いたいところです。
自分らしさを活かしたボランティアを探すにはどのような方法があるのでしょうか?

ボランティアは基本的に、純粋に困った人の力になりたいから、社会課題解決に関心があるから、という心がけで参加するのが大切。
ボランティアといっても種類は膨大なので、自分がどんなボランティアが合っているのか、どんなボランティアに関心があるのかを探ることは重要です。
そこで、まずはどんなボランティア活動があるのかを知っておきましょう。

例えばアカデミックに解決したいのか、身体を動かして活動したいのか、で参加するボランティア活動の種類は大きく異なります。

難しい問題に取り組みたい、考えたい、という方は「NPOインターン」が最適。
NPOインターンはアカデミックに解決するボランティア活動が豊富に揃っています。



反対に成長を求めるのではなく、自分のペースで活動を行い、やりがいを感じたい、力になりたい、という方はボランティアイベントや単発のボランティア、ボランティアサークル、NPOのコミュニティに参加するのがオススメ。

日本各地にはボランティアセンターがあります。
このボランティアセンターではさまざまな相談を受け付けています。
ここでは地域密着した情報交換が行われており、ボランティア求人を探すことも可能。
専門スタッフと顔を合わせて相談し、自分にできること、できないことを話して自分に向いているボランティア活動に参加できます。
さらに募集している団体もきちんとした団体が多いので、安心して参加できるのも大きなメリットでしょう。

ボランティアはいろいろな団体が募集しています。
しかし、その団体が信頼できるのか? 自分に向いているのか? はとても重要なポイント。
だからこそ、しっかりとした施設を通してボランティアを探した方が良いでしょう。

どこでボランティア活動の始め方

どこでボランティア活動の始め方

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

ボランティア活動をはじめるにはボランティア活動の情報を収集するのが大切。
さまざまなものから情報を収集しましょう。

情報の集め方は新聞、情報誌、パンフレット、書籍といったアナログの媒体から、テレビ、ラジオ、インターネット、ビデオといったもの、さらに友人、知人などの紹介といった手段が一般的。
これらから情報を収集し、どんなボランティアが自分に向いているのかをしっかりと見極めましょう。

ボランティアセンターや市民活動センターへの相談もオススメ。
直接行って相談したり、電話して問い合わせてみたりすると、コーディネーターが活動先を紹介してくれます。

活動先に直接問い合わせるのがオススメ。
活動内容などを聞いて、自分にできそうならやる、という決め方でも良いでしょう。

また、自分ではじめてみる、という選択肢もあります。
自分の生活のなかの課題を解決するためのボランティアをまずはひとりではじめてみるのも良いでしょう。

ボランティア活動を始めるのに決まりはありません。
自分なりの活動方法を模索して、社会に参加してみませんか?

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年10月20日

暮らし・社会

年金生活者支援給付金が10月から開始!一方で詐欺の手口にもなり得るかも?制度を知って詐欺から身を守ろう!

10月から消費税が10%となりましたが、食料品は8%に据え置き、キャッシュレス決済で2%または5%の還元が受けられる店舗が登場するなど、増税前よりも却ってお得に買い物ができている、...
NEW!
2019年10月15日

暮らし・社会

定年後はUターン?昔住んだ地元に移住して、豊かな老後を過ごすなら地域創世・地域活性が鍵になる?

定年退職後は地元に戻ってのんびりと暮らしたいと考えている方も多いのではないでしょうか? それまで働いてきた東京や大阪などの大都会での経験を活かして、例えば生まれ育った町の「地域活...
2019年10月13日

暮らし・社会

「マウンティングシニア」「マウンティングおじさん」は厄介?最近よく聞く「マウンティング」って一体なに?

シニアだけの特徴、おじさんだけの特徴ではありませんが、「マウンティング」をする人っていますよね。 ほかの人が自分より優位になっているところを我慢できない、他人の自慢話がうっとうし...
2019年10月11日

暮らし・社会

急な停電、どう備える?どう対応する?あなたは停電への備えができていますか?

現在も完全復旧とは行かない千葉県内で発生している停電。 昨年は大阪府や北海道でも大規模停電が発生しました。 停電すると日常生活のなかで驚くほど電気を使用していることがわかります...
2019年10月10日

暮らし・社会

意外と知らない?お供え、引っ越し、処分、花など仏壇の管理方法

仏壇が家にある、という家庭もあるのではないでしょうか? 先立った家族やご先祖様の供養で毎日感謝を込めてお祈りすることが日常になっている方も多いのではないでしょうか? そもそ...
2019年10月8日

暮らし・社会

「生きがい」は必ず必要なの?人生100年時代だからこそ、定年後を楽しく生き生き過ごすためには何が必要なのか

人生100年時代。 実際に100歳以上の高齢者は2019年の厚生労働省の発表では7万1,274人にも上り、49年連続で最多を更新しているそうです。 60歳で定年退職したとす...