メニュー
ゲストさん
Tv VjASk
 

新型コロナウイルス感染症流行時、もしも大地震や台風など、災害が起きて避難所に行かないといけなくなったとき、注意すべき点は?

新型コロナウイルス感染症の収束がまだ見込めない状況の中、もし災害が来たらどうするのかの声が上がっています。
大地震や台風のときに避難所にいくのが常識ですが、新型コロナウイルス感染症が流行っているとき、「3密」になりかねない避難所にいくのはとても怖いですよね。
今、このような状況で避難しなければならないとき、どのようなことに気をつけなければならないのでしょうか

本日は万が一のために、今の状況で災害が来たときの行動についてご説明します。

今、避難勧告が出たら?災害が起きたときのために、各地域では避難所に感染防止のためのグッズを準備している

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

宮城県は6月12日、「みやぎ県民防災の日」を定めています。
2020年6月7日、東松島市はマグニチュード9.0の自身と津波を想定した総合倍再訓練を行いました。

例年は約1万人で行っていましたが、今年は新型コロナウイルス感染症対策で、市職員や自主防災組織の会員ら約600人で行いました。

密閉・密集・密接の「3密」の環境になりやすい避難所に来た人を分散させるシミュレーションを行い、感染リスクに配慮した災害対応シミュレーションを行いました。

避難所のひとつ、矢本一中にはマスク姿の市職員らが約15人集まり、毛布・食糧などの備蓄品の点検や、備蓄品の保管場所など、避難所開設の手順を確認したそうです。

同市では感染症対策として、避難所の収容定員を通常の約半数に設定。
市役所の災害対策本部には「避難所が定員に達しそう」「37.5度以上の発熱者が居る」など各避難所からの連絡が入り、担当者が別の避難所へ誘導したり、発熱者を隔離するよう指示をしたり、と現在の状況に即したシミュレーションを実施しました。

新型コロナウイルス感染症は人が集まりやすい、人が話すような場所は感染リスクがあります。
こうしたシミュレーションを自治体が行ってくれるのは嬉しいポイントでしょう。

新潟県上越市の場合

新潟上越市議会は災害対策特別委員会を6月5日に開催。
避難所における新型コロナウイルス感染症対策の概要がここで明らかになりました。

上越市では災害時における指定避難所で新型コロナウイルス感染症などの新型ウイルス対策を策定しています。
委員会では現状と具体的な対策について市から説明がありました。

この説明によると、対策の柱は避難所での感染リスクを避けるため、避難所以外への避難も検討するよう周知することや、避難所でのスペースの確保、衛生環境の確保、発熱などの症状が出た人への対応の4点。
避難所のスペースについて、災害時に想定される最大避難者数1万9,000人が市内128の避難所に避難した場合でも、感染症予防に必要なスペースを充分に確保できる見込みであることも報告されました。



備蓄品については消毒液やマスクといった衛生用品に加え、非接触型の体温計も追加で配備することが決定。
発熱などの症状が出た人の専用スペースなど、必要なものはすべて確保できる見込みだといいます。

同市では、6月中に避難所を設営する職員向けマニュアルを作成し、避難所ごとに設営や運用に支障が出ないかを検証するそうです。

同委員会では、高齢者は障がい者が利用する福祉避難所の対策についても報告されました。

感染症予防の対策を徹底すること、原発事故を想定した対策を新潟県と急いで協議するよう求める声も上がりました。

ページ: 1 2 3

コメント
  1. 私の地域の自治会は災害の避難訓練はしたものの、その総括がされませんでした。参加者も少なく、危機感は極めて弱かったと感じました。これまで災害の少なかった地域なので、危機感が薄いのでしょう。でも、せめてハザードマップくらいは各戸配布すべきと自治会に提案しています。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2020年8月7日

暮らし・社会

夏休みの連休、旅行に行く人が注意すべきことは?新型コロナウイルス感染症予防・対策をしっかりしながら旅行を楽しも・・・

まだコロナの終息が見えないまま、夏休みが近づいてきています。 まだ怖いけどどうしても親戚訪問やイベント参加など、短期&長期旅行を計画されている方も少なからずいるのではないでしょう...
2020年8月2日

暮らし・社会

8月まではカラスに要注意!運悪いと後ろから攻撃されるかも!攻撃された経験はありますか?

都会部ではカラストラブルでゴミを散乱させられたり、カラスの鳴き声がストレスになったりなど、さまざまな問題が起きています。 カラスはとても頭が良い鳥。 最近は人間を攻撃するこ...
2020年7月31日

暮らし・社会

Instagramやfacebook、twitterで広がる「ハッシュタグ社会運動」とは?

最近、アメリカで起きた人種差別の問題で多くの海外有名人が「#blacklivematter」といったハッシュタグとともに、真っ黒の画像を上げる運動が広がったことや、コロナの最前線で...
2020年7月28日

暮らし・社会

暑い季節は「布マスク」?布マスクの正しい利用方法や洗濯方法など、布マスクの疑問にお答え!

夏は暑くて不織布の使い捨てマスクより、柔らかくて通気性の高い布マスクを着用する人が増えているのではないでしょうか? しかし、今時期のマスクの一番重要な役割はウイルスを身体の中に入...
2020年7月17日

暮らし・社会

毎日家にいるとなにをすればさっぱりわからずダメになってしまう。規則正しく日々を過ごすためにはスケジュール管理が・・・

これまでの人生で経験したことがないほど、毎日家にいる、という方も多いのではないでしょうか? ずっと閉じこもりきりになっていると、あまり疲れることもないので、ついつい夜更かししてし...
2020年7月7日

暮らし・社会

【片付けのお困りごとをネットで解決】引越し時のたくさんの片付け。誰か助けて欲しいときは?

老後は楽に生活するため、一軒家からマンションに引越しを考える方も多いのではないでしょうか? しかし、何十年も住んできた家には、数え切れないほどのものがあふれ、どこから手を出したら...