メニュー
ゲストさん
Tv VjASk
 

暑い季節は「布マスク」?布マスクの正しい利用方法や洗濯方法など、布マスクの疑問にお答え!

夏は暑くて不織布の使い捨てマスクより、柔らかくて通気性の高い布マスクを着用する人が増えているのではないでしょうか?
しかし、今時期のマスクの一番重要な役割はウイルスを身体の中に入れないためのもの。
同じマスクを毎日使い回すなど、不衛生なマスクの使用を続けることはウイルス感染リスクが高まります。

そこで本日は布マスクの正しいケア方法についてご紹介します。

ひんやり、息しやすいマスクが次々と出ている!しかし、マスクの役割はしっかり認識しよう

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

暑い季節には収まると思われていた新型コロナウイルス感染症も収まる気配を見せず、感染者数が増加の一途をたどっています。
そんな状況だからこそ欠かせないのがマスク。
「人に移さない」という目的においては一定の効果を発揮するようです。
また、マスクを着用することで顔に直接触れる機会が減少し、結果としてウイルス感染リスクが低くなるのだとか。

とはいえ、寒い季節ではなく、今は暑い季節。
マスクを着用すると熱中症リスクが上がりますし、顔が汗まみれ、なんてことも起こります。

そこで登場しているのが「冷感マスク」。
少しヒヤッとするマスクが今、たくさん販売されています。

夏用マスク

これらは夏用マスクとして販売されており、通気性、吸水性、接触冷感といった機能を備えています。
スポーツ用品メーカーやアパレルメーカーがこぞって販売しており、洗って繰り返し使うことができるのが特徴だといえるでしょう。

家電や日用品などを扱うアイリスオーヤマは、独自素材で息苦しさや蒸れを解消する国産マスク「ナノエアーマスク」を6月中旬に発売。
7枚入りで498円(税別)と手頃な価格であることから、人気を集めています。

このナノエアーマスクは、特殊ナノファイバー加工を施した中間層が特徴。
従来の製品と比較すると、着用時の口元の温度上昇は約半分になるのだそう。
さらに、長時間着用していても耳が痛くなりにくい柔らかい耳紐を採用しているので、マスクが欠かせない2020年の夏に最適な商品だといえるでしょう。

アイリスオーヤマ:ナノエアーマスク
https://www.irisohyama.co.jp/nano-air-mask-pollen-virus/

また、スポーツ用品メーカー「ミズノ」も夏用の布製マスクを販売。
水着や陸上競技のウェア素材で作られたマスクということもあり、特にスポーツをする人から注目を集めています。
価格は850円(税別)と安くはありませんが、繰り返し使用できるという点が好まれており、アクセス集中でサイトにアクセスできないこともあるほど。
この商品は耳への負担が少なく、速乾性に優れ、蒸れず、息苦しくないという特徴があります。

ミズノ:水着素材を採用したマウスカバーを発売
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000089.000009202.html

同様に、スポーツメーカー「ヨネックス」も布製マスクを販売。
植物由来キシリトールの涼感効果を持つ素材「ベリークール」を採用し、口元が爽やかになる「スポーツフェイスマスク」を7月上旬から販売しました。
吸汗速乾素材を採用することで蒸れにくく、鼻部分はよりフィットするよう調整機能を備えました。
6月15日から先着予約販売の受付を開始。
現在は追加販売などが行われているので、ぜひヨネックスホームページをご確認ください。
価格は3993円(送料・税込)。

ヨネックス:スポーツフェイスマスクAC480 追加販売のお知らせ
https://www.yonex.co.jp/sp/badminton/news/2020/07/2007061500.html

また、ユニクロやGUを展開するファーストリテイリングは通気性・速乾性に優れたエアリズム素材を使用したマスクを販売。
無印良品などを展開する良品計画はオーガニックコットン素材に抗菌防臭加工を施した夏素材の布マスクを展開しています。

さまざまなメーカーなどで夏用マスクを販売しているので、お住まいのエリアで販売されているかぜひチェックしてみてくださいね。

センチュリーロイヤルホテル×Yシャツメーカー ひんやりクールマスク販売開始
https://kitagura.com/2020/06/01/mask/

マスクの着用方法を改めて確認

マスクを着用するのが当たり前の毎日になっていますが、正しくマスクは着用できていますか?
マスクは正しく着用しなければ意味がありません。
今一度、マスクの正しい着用方法を確認しましょう。



まずマスクを着用する際は、「鼻」「口」の両方が確実に覆われていることが重要です。
耳紐をかけてから調節するのでは無く、鼻・口の位置を決めてから耳紐をかけるようにしましょう。
その後、顔にフィットするよう微調整を行います。

鼻を出していたり、アゴが出ていたりするとマスク着用の効果が薄れます。
ぜひ正しい方法でマスクを着用してくださいね。

また、マスク表面にはさまざまな汚れが付着しています。
できるだけマスク表面には触れず、耳ひもから慎重に外すようにしましょう。

>>次ページ 夏につかう布マスク、ひんやりマスクは安全?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2020年8月7日

暮らし・社会

夏休みの連休、旅行に行く人が注意すべきことは?新型コロナウイルス感染症予防・対策をしっかりしながら旅行を楽しも・・・

まだコロナの終息が見えないまま、夏休みが近づいてきています。 まだ怖いけどどうしても親戚訪問やイベント参加など、短期&長期旅行を計画されている方も少なからずいるのではないでしょう...
2020年8月2日

暮らし・社会

8月まではカラスに要注意!運悪いと後ろから攻撃されるかも!攻撃された経験はありますか?

都会部ではカラストラブルでゴミを散乱させられたり、カラスの鳴き声がストレスになったりなど、さまざまな問題が起きています。 カラスはとても頭が良い鳥。 最近は人間を攻撃するこ...
2020年7月31日

暮らし・社会

Instagramやfacebook、twitterで広がる「ハッシュタグ社会運動」とは?

最近、アメリカで起きた人種差別の問題で多くの海外有名人が「#blacklivematter」といったハッシュタグとともに、真っ黒の画像を上げる運動が広がったことや、コロナの最前線で...
2020年7月17日

暮らし・社会

毎日家にいるとなにをすればさっぱりわからずダメになってしまう。規則正しく日々を過ごすためにはスケジュール管理が・・・

これまでの人生で経験したことがないほど、毎日家にいる、という方も多いのではないでしょうか? ずっと閉じこもりきりになっていると、あまり疲れることもないので、ついつい夜更かししてし...
2020年7月12日

暮らし・社会

新型コロナウイルス感染症流行時、もしも大地震や台風など、災害が起きて避難所に行かないといけなくなったとき、注意・・・

新型コロナウイルス感染症の収束がまだ見込めない状況の中、もし災害が来たらどうするのかの声が上がっています。 大地震や台風のときに避難所にいくのが常識ですが、新型コロナウイルス感染...
2020年7月7日

暮らし・社会

【片付けのお困りごとをネットで解決】引越し時のたくさんの片付け。誰か助けて欲しいときは?

老後は楽に生活するため、一軒家からマンションに引越しを考える方も多いのではないでしょうか? しかし、何十年も住んできた家には、数え切れないほどのものがあふれ、どこから手を出したら...