メニュー
ゲストさん
 

もし蒸し暑い日に大地震など災害が起きたらどうする?夏の防災策をご紹介します

エアコンなしでは過ごすことか苦しい真夏。もし大地震が起きて停電になったらどうするか、シミュレーションしたことありますか?
特に近年は台風などの自然災害のリスクも高まっています。

夏は夏の防災準備をしっかりとしておかなければなりません。
本日は夏の防災についてご紹介します。

夏に起こりうる自然災害は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

自然災害が起こる可能性はどの季節も一緒ですが、夏は豪雨や竜巻など、夏特有の災害が起こるもの。そこでまずは夏に起こりうる災害についてみていきましょう。

近年の夏で代表的な災害が「豪雨」ではないでしょうか?特にさっきまで晴れていたのに、突然黒い雲が現れて、豪雨になる。いわゆる「ゲリラ豪雨」が近年増えていますよね。世界的な気候変動などの影響で、気温が上昇傾向にあることがゲリラ豪雨増加の要因につながっているそうです。

雨は空気中に含まれる水分が水蒸気となり、空に昇っていき、冷たい空気で冷やされ、氷や水の粒となって、それが落下するもの。気温が上昇すると空気中に含まれる水蒸気量が増加するため、雨も増加するのです。

ウェザーニューズの発表によると、時間降水量50ミリ以上の「非常に上げ強い雨」はここ30年で約1.3倍に増加しているそうなので、豪雨は気をつけなければならない災害のひとつです。

特に夏は地表の空気が暖かく湿っている状態で、上層に冷たく乾いた空気が流れ込むと大気の状態が不安定となり、上下の空気が混じり合い、積乱雲が発生しやすくなります。
このほか、台風や前線の影響でも大気が不安定な状態となり、雷や突風を伴う激しい雨になることも少なくありません。

竜巻

9月は1年でもっとも竜巻が発生しやすい月です。新学期などで子どもたちが学校への登校を再開する時期。この時期は特に竜巻に注意が必要です。

竜巻は進路や発生が予測しにくいのが特徴。気象庁によると、「雲の底から地上に伸びる漏斗上の雲」「飛散物が筒状に舞い上がる」「ゴーッという音」「気圧の変化で耳に異常を感じた」という時は竜巻が特に起こりやすい状態だそうです。夏の終わり頃からこういった異常を感じたときは、竜巻が発生するかもしれないので、十分注意しましょう。



竜巻が発生したときは頑丈な建物の物陰に隠れるようにします。樹木、電信柱、塀、壁などは倒壊する恐れがあるので、できるだけこれらから距離を取るようにしましょう。
屋内にいるから安心というわけではなく、ガラスが飛散し、ケガをする可能性も十分考えられます。そのため、できるだけ窓から離れた方が安全。家のなかにも被害をおよぼす可能性が十分あるので注意しましょう。

台風

夏〜秋にかけては台風シーズン。ここ最近では2018年9月に西日本を縦断した台風21号が甚大な被害をもたらしました。少なくとも11人が死亡し、300人以上が負傷したのです。
このときは関西国際空港が高潮でかん水し、強風によって関西空港連絡橋にタンカーが衝突。関空が孤島となってしまいました。
記録的な高潮による浸水、激しい雨による土砂崩れなどを避けるため、各地で120万人以上が避難勧告を受けました。大規模な停電も発生し、9月4日21時時点で170万軒が停電。最終的には225万軒以上が停電しました。復旧にも時間がかかり、9月14日になっても550軒ほどが復旧しなかったそうです。

台風単体でも恐ろしいですが、こうした副次的な影響もあります。

夏の不安定な天気は雷も引き起こします。空に浮かぶ雲は太陽の光で温められた地面の湿った空気が空で水滴になった集合体。空は地表よりも寒いため、空に近ければ近いほど、雲は氷の粒で構成されています。氷の粒は少しずつ大きくなり、大きくなった氷の粒は、自重で地表に降りていきます。これが雨の簡単な仕組みですが、このとき、昇っていく氷の粒と落ちていく氷の粒がぶつかると、静電気が発生。雲が成長より電気の力が強くなり、プラス電荷とマイナス電荷が引き合おうとします。すると空気が電気の力に耐えられなくなり、放電。これが雷の簡単な仕組みです。

こうした仕組みであることから夏はより雷が発生しやすい状況にあります。

気象庁によると、2005年から2017年の12年間で、気象官署から報告のあった落雷害の件数は1,540件だったそうです。落雷害のうち、約30パーセントの468件が8月に集中しています。発生地域の内訳は太平洋側で65パーセント、日本海が賄で35パーセントだそうです。
こうした雷は人体に当たると致命傷になるのはもちろんですが、家の近くに落ちると家電が壊れる可能性もあります。

雷を防止することはできないので、雷が落ちたときのことも考えた対策が求められます。

このような防災に備えてガイドブックを常に手の届くところに置いて時間のあるときに読んですぐでも対策ができるようにすることも重要です。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 夏の防災でとくに気にするべきことは?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2021年12月3日

暮らし・社会

自宅で最期を迎えたい。そのために生前準備することは?

人間なら誰しも、死ぬ直前のことを考えるもの。皆さんの理想的な死の瞬間はどのようなものでしょうか? なかにはできるだけ生まれ育てられた場所や家族と過ごした自宅で最期を迎えたいと...
2021年11月19日

暮らし・社会

終活で生前契約する人が増えている!生前契約とは?また、生前契約トラブルにも注意を!

人生の最後、配偶者や子供に迷惑かけたくないよ、と生前に葬儀のことを準備したり、保険や銀行資金にまつわることなど、今から準備される方も多いと思います。 このような終活のことを「生前...
2021年11月16日

暮らし・社会

噴火による火山災害が起きたときはどう対処する?家の近くに火山がある人必見!

最近、九州の阿蘇山の噴火海底火山噴火などのニュースが引き続き、いま住んでいる場所から近い山が噴火するのではないかと心配される方も多いのではないでしょうか? 本日はもし火山が噴...
2021年11月9日

暮らし・社会

おうち時間と共に上がった光熱費、その中でもガス代を節約するためには?

最近は家にいる時間が増え、また、外食するより自炊することも増えることからガス代や電気代など、光熱費がかなり上がった家庭も多いと思います。 そこで本日はガス代の節約方法についてご紹...
2021年10月29日

暮らし・社会

万が一のときを備えて、車の前だけではなく後ろも映すドライブレコーダーを選んでみては?

最近はあおり運転の被害を防ぐため、また事故後の解決をスムーズにするために車にドライブレコーダーを設置する人が多いのではないでしょうか? 標準搭載されている新車も増えてきましたよね...
2021年10月26日

暮らし・社会

資金運用の詐欺が増えている!大事な老後資金を守るためには?

新型コロナウイルスの影響で収入は少ないか、ほぼないものの生活費は上がり続け、より老後資金に対する心配が増えた方も多いのではないでしょうか? そんな不安な状況につけ込むような被害が...