メニュー
ゲストさん
 

暑いときによく部屋に現れるゴキブリ! どうやったらしっかり駆除できるの?

暑い夏にゴミ捨てを怠ったり、浴室の掃除を行ったら急にどこからかゴキブリが出てきた!なんて経験ございませんか?動くのもすごく早く、中には飛んでしまうやつもいるのでなかなか厄介ですね。
何より見た目のグロテスクさでゴキブリを好きなひとは少ないのではないでしょうか?

本日はゴキブリの種類からなぜゴキブリが現れるのか、どう退治すればいいのかなど、詳しく解説していきたいと思います。

ゴキブリが現れる原因は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

害虫の中でも身近な存在がゴキブリ。どこからやってくるのか、どのように増えるのか、といったことを詳しく知っている方はあまりいないもの。まずはゴキブリについて詳しく見ていきましょう。

2021年3月、中国などの科学者は1億1000万年前のゴキブリの親戚の化石を発見しました。このように昔から地球上に生息しているゴキブリは少なくとも3億4000万年前にはすでに存在していたことがわかっています。とはいえ、当時のゴキブリは現在のゴキブリと見た目は似ていても身体の構造は少し異なっていたようです。

私たちの暮らしにゴキブリが現れ始めたのは約200万年前。はじめは北京原人の住まいに住み着くようになって以来、地球上のさまざまな場所に生息するようになっていきました。

ゴキブリの由来・語源

ゴキブリは「御器噛り(ごきかぶり)」から転じた言葉。御器は食べものを盛るお椀のことで、噛りはかぶりつくやかじるといった意味がある。
ゴキブリは食べものだけでなく、お椀までかじることから「御器噛り」と名付けられたといわれている。

ゴキブリの構造

ゴキブリをはじめ多くの昆虫は骨格を体外にまとっています。外骨格なんていわれますよね。この殻はキチン質でできています。キチン質はエビやカニといった甲殻類の殻やカブトムシのような節足動物の外骨格、軟体動物の器官部、カビ、酵母、キノコなどの真菌類の細胞壁などに含まれるムコ多糖のこと。ゴキブリのキチン質は極めて軽いのが特徴です。

ゴキブリの筋肉は人間よりも多いため、体重の何倍もの重さのものを引っ張ることができます。身体は多くの昆虫と同様に頭部、胸部、腹部の3つから成り立っており、脚は胸部についており、呼吸器官は胸部と腹部についています。腹部の両側にある小さな穴から呼吸をしているのが特徴で、これは地球上ではゴキブリとその仲間の昆虫だけだと言うことが分かっています。



ゴキブリはシロアリやカマキリなどのといくつかの共通点を持っており、そのひとつが卵鞘(らんしょう)です。卵鞘は卵を入れておく器官のことで、メスは固いからに覆われた卵鞘の中に産卵をします。

さらに詳しく見ていくと、頭部にはヒゲのような触角がありますよね。これは昆虫全般に言えることです。ヒゲの様に見える触角ですが、実際はストローのような管状になっています。どこでも曲がりそうな触角ですが、130の節からできていて、それぞれの節で温度や動き、ニオイを感知しているそうです。
また、頭部には目が2つついており、1つは8角形のレンズを2000個含んだ複眼。もう1つは明るさを感知しているそう。
御器噛りの名前の通り、ゴキブリは器まで噛んでしまうのが特徴ですが、頭部には歯が生えた大顎があります。触角や脚の毛繕いは小顎で行うそうです。顎の近くには小さな脚が生えており、この脚をモノに突き刺し、食べられるかどうかを判断していると言います。

胸部には3対の脚が生えています。それぞれ2つの関節がついており、膝の関節には耳である膝下器官があります。この器官があることで、わずかな足音を聞き分けているのです。
羽も胸部にあって、後翅は破れやすいため、厚い前翅が覆う構造になっているのが特徴です。

最後に腹部には8組の気門があって、いずれも器官に接続されています。ここは雌雄差があって、オスは腹部に3本の鉤爪状の生殖器がついており、メスは細い穴が空いています。
ゴキブリは尾角という尻尾のような触角があり、この尾角で危険を察知し、有事の際には反射的に脚が動いて逃げ出してしまうのです。
また、心臓は腹部にあります。細い管が無職の血液を身体中に送り出しており、この体液は消化器官から得た栄養素で、体内組織を潤しています。

ゴキブリの身体の特徴

ゴキブリの構造について詳しく見ていきました。そのほかにはどのような特徴があるのでしょうか?

ゴキブリは食べものを口に入れると、まずはかみ砕きます。咀嚼した食べものは唾液と混ざり合い、食道を通って素嚢(そのう)に到達。素嚢は袋状の器官で、食べものの収容量に合わせ、膨らむのが特徴です。胃の中は歯のような突起があって、ここで食べものをさらに細かく砕いていきます。栄養を十分吸収したら、残りは結腸に流れ、腸の中で代謝老廃物と混ざり、直腸で水分吸収してできた粒状の糞が肛門から排出されます。



驚きなのが脳です。ご存じの方も多いかもしれませんが、ゴキブリは脳をふたつ持っています。頭部にある2組の神経球のほか、尾角にも神経球がついており、巨大な神経線維でつながっていて普通の神経の10倍の速度で刺激を伝えているそうです。この働きがゴキブリの素早さの要因だそうです。

ゴキブリを逆に好きだと感じている人も少なからずいるようです。ゴキブリに魅力を感じる方向けの本も出ているので興味のある方は読んでみてはいかがでしょうか。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 日本のゴキブリの種類と特徴は?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2021年10月12日

暮らし・社会

知らない番号の電話を受け取ったら中国語の自動音声。中国語自動音声は詐欺の証?

ある日、知らない番号から電話がかかってきて受けてみると自動音声の中国語が流れた経験ありませんか? 受けてしまった人は詐欺ではないかと不安になると思います。 本日はその中国語...
2021年10月8日

暮らし・社会

携帯を紛失した場合、直ちに行うべきことは?紛失リスクに備えてスマホ保険を検討すべき!

みなさんは携帯電話やスマートフォンを紛失した経験はありますか? 誰かの電話を借りて自分の番号にかけ、誰かが出てくれたり、公共交通機関利用中に紛失したときは紛失届でなんとか探せ...
2021年9月7日

暮らし・社会

災害に備えると共に環境にも優しい「ローリングストック」とは?ローリングストックのためのサブスクもある!

みなさんはローリングストックという言葉を聞いたことがありますか?  ローリングストックは非常食を食べてまた、新たに非常食を足すことを意味します。 本日はローリングストックに...
2021年8月31日

暮らし・社会

免許返納のメリットは?自主返納の流れを詳しくご紹介

未だに相次いでいる高齢ドライバーの運転事故、みなさんは免許を返納していますか?  免許を返納することでメリットもたくさんあり、より生活の質が上がる可能性もあります。 本日は...
2021年8月27日

暮らし・社会

1日私たちが使っているプラステックの量は?「ゼロ・ウェイスト」を実践してみよう?

最近、全世界的に環境問題に対する意識が高まっています。 できるだけゴミを減らし、使える資源はしっかり使う、再利用するなど、いろんな工夫で環境に優しい商品もたくさん出ています。 ...
2021年8月15日

暮らし・社会

フードデリバリーサービスの比較!一番使いやすくて取り扱い店が多いのは?

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が各地に出され、外食好きにとっては不便な思いを強いられています。 外食がまだ不安な中、フードデリバリーサービスは引き続き利用者が増えているようで...