メニュー
ゲストさん
 

今年の夏は節電ポイントで賢く過ごそう!節電ポイントとは?

今年の夏も容赦ない暑さでクーラーなしの暮らしは想像できないですね。
そこで心配になるのが電気代です。電力不足が叫ばれているのはもちろんですが、電気代も高騰しているので、できるだけ節電を心がけたいところです。

今年から始まる節電プログラムの参加でいくら節約できるのか紹介していきます。

節電プログラムとは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

政府は2022年6月28日、今年8月中を目途に、電力会社などの節電プログラムに参加する家庭に、国が2,000円相当のポイントを付与する制度などを開始できるよう、準備を進める考えを示しました。

受付は開始されており、10万件を超える申し込みがあった節電プログラムもあるそうです。
この節電プログラム。一体どういうものなのでしょうか?まずは節電プログラムについて見ていきましょう。

東京電力エナジーパートナーは7月1日から、電気の使用量が直近数日間の平均よりも減った家庭に、買い物などで使える独自のポイントを付与するキャンペーンを始めました。

参考

夏の節電チャレンジ2022

Web サイトでキャンペーンの参加申し込みをすると、東京電力から節電してほしい時間帯についてメールが届きます。1キロワットアワー(kWh)節電すると、節電ポイントを獲得することができます。節電チャレンジの対象時間帯の節電量に応じて、節電ポイントが付与されるのです。
初回ボーナスとして0.01キロワットアワー以上の節電に初めて成功した人には、ボーナスとして100節電ポイントを追加付与してくれるそうです。
獲得した1節電ポイントは、1くらしTEPCOポイントと換算し付与されるので、様々なサービスのポイントと交換することができます。
ポイント交換可能なサービスは T ポイント、Ponta ポイント、WAON ポイント、nanaco ポイント、au、dポイント、Amazon ギフト券です。暮らしで使える場面が多いポイントに交換できるのはとても良いですね。

申し込みは8月20日まで受け付けており、会社側はキャンペーン期間中に延べ45万人の参加を見込んでいるそうです。
キャンペーンに参加できるのは東京電力と契約している人のみ。最近は新電力などがあり、様々な電力会社と契約している方もいることでしょう。電力会社によって行われているキャンペーンが異なりますので、まずは契約している電力会社のホームページなどをチェックしてみると良いでしょう。

この他にも契約者の多い東京ガスも「節電チャンスタイム」の設定を行っています。東京ガスは関東地方を中心におよそ300万世帯に電力を販売しています。東京ガスは7月27日から節電キャンペーンを行います。
キャンペーンは電力需要のひっ迫が予想される日に「節電チャンスタイム」を設定し、参加者がその時間帯の電力使用量を直近数日の平均よりも減らすことができれば、ポイントが貰えるという仕組みです。
現在のところ、3万6,000人の申し込みがあるそうで、まだまだ申し込みまで時間がありますので、東京ガスの電気と契約されている方は是非、チェックしてみてください。

参考

東京ガス「夏の節電キャンペーン」

他にも節電に協力に対してポイントを付与する仕組みは北海道電力、東北電力、中部電力、関西電力、四国電力、北陸電力、九州電力、そして楽天の新電力「Rakuten Energy」なども行うことになっています。制度の詳細は会社によって異なるので是非、各社のホームページをチェックしてみてください。

北海道電力

東北電力

中部電力

関西電力

四国電力

北陸電力

九州電力

Rakuten Energy

萩生田経済産業省大臣は6月28日の記者会見で、節電ポイントについて言及しています。「電力各社の節電プログラムに参加すると、2,000円相当のポイント付与するしくみを、8月中に開始できるように準備する。秋以降は、寒くなる日に節電するとポイントを付与するといった形を想定している」とのこと。
上記キャンペーンは電力会社が独自で展開している節電プログラムです。政府は独自の節電プログラムに相乗りする形になりますね。萩生田大臣は「すでに始めている事業者の良い例を横展開して、節電プログラムを知ってもらい、後押しする。先行して各社がやっていたものを『政府として後押し』して使わせてもらう。また、一番厳しいのは今年の冬。プッシュ型で節電のお願いをできる仕組みを作っていくのは、今後を考えても重要」とはじめる理由について話しています。

ただでさえお得になる節電キャンペーン。この夏は節電をして、お得に過ごしてみませんか?

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 節電ポイントでいくら節約できる?

ページ: 1 2 3 4

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2022年8月9日

暮らし・社会

マイナポイント第2弾は最大2万ポイント?申し込みの方法は?

みなさんはマイナンバーカードを作りましたか? マイナポイント第1弾では5,000円のポイントが支給されました。第2弾はなんと最大20,000ポイントが還元されるようです。 ...
2022年8月5日

暮らし・社会

急なゲリラ豪雨に対応して身の安全を守るためには?

夏になるといきなりゲリラ豪雨になって困った経験をした方も多いのではないでしょうか?  特に近年はゲリラ豪雨の頻度が上がっていますよね。 突然降る大雨。雨に濡れるだけでも体調を崩...
2022年7月26日

暮らし・社会

ネットショップでモノを買うとき、改正された「特定商取引法」を確認すべき!

みなさんはネットで何か買うときに特定商取引法を確認していますか?今年から特定商取引法が改正されたようです。 気軽に利用できるネット通販ですが、状況はいろいろと変わってきているよう...
2022年7月12日

暮らし・社会

60歳から65歳の人もiDeCo加入が可能になったこと、知っている?

公的年金にプラスして給付を受けられるiDeCo。 ご存じの方は興味があるのではないでしょうか? そんなiDeCoは以前、60歳までの人が対象で当時すでに60歳以上だった方は...
2022年7月1日

暮らし・社会

要介護レベルによって老人ホームの選び方は違う?自分に合う老人ホームを選ぶためのチェックポイントは?

老後、どこでどのように過ごすのかは多くの方の悩みだと思います。 在宅で最期を迎えられるのが理想という方、老人ホームなどに入居し家族には迷惑をかけずに最期を迎えたいという方、さまざ...
2022年6月10日

暮らし・社会

老人ホームの名義貸し詐欺急増中!詐欺を見分けるためには?

最近、中高年をターゲットとした名義貸し詐欺が急増しているようです。 昔からある名義貸し詐欺。実際にどんな人をターゲットにしていて、どんな手法で行われているのか。 ご存じの方も多...