メニュー
ゲストさん
ϐnEX yVI[lbg
 

第155回 緊張してもミスしないための練習法

ゴルフ講座

ゴルフ講座

第155回 緊張してもミスしないための練習法

緊張してもミスしないための練習法

 朝一番のティーショット、ここ一番でのパッティングやアプローチなど、ゴルフの場合は、どうしても緊張してしまう場面が何度かあるものです。今回は、緊張した場合でもミスを最小限に抑えてプレーできるような方法について説明してみたいと思います。

  • 時には肩や手に力を入れて球を打ってみることも有効

 皆さんは普段、練習場で緊張しながら球を打っていることはありますか? また、自宅のパッティングマットの上で緊張しながら球を打っていることはありますか? 答えはいずれもノーだと思います。むしろ練習場でドライバーをかっ飛ばしている時などは、緊張どころかリラックスしてストレスの発散をしていたりとか、パッティング練習でもテレビを見ながら球を転がしているなどといったように、リラックスした中での練習に終始しているのではないでしょうか。

 実際のゴルフの場合はここまでリラックスした中でのプレーはあまりありません。反対にリラックスして打てる方が稀なのではないでしょうか。それならば、練習場で敢えて緊張を作って慣れましょう。その方法ですが、グリップを強く、ひじ、肩に力を入れて球を打ってみてください。するとクラブが思うように振れなかったり、球にちゃんと当たらなかったり、という状態になると思います。

 アプローチやパッティングでは距離感が狂ってきたりするはずです。緊張するとまず手に力が入ります。続いて、腕、肩です。よくレッスンでは、肩や手の余計な力を抜いて球を打つように指導していますが、時には肩や手に力を入れて球を打ってみることも有効です。そうした状態ではどんな球が飛ぶか、どんなミスが出るかということを知っておき、本番で対処できるようにしておくことが、緊張の中でも最小限にミスを抑えられる方法なのです。

 今週はこの事に気をつけてみましょう。

提供:日本プロゴルフ協会
http://www.pga.or.jp/

サークルはこちら

ゴルフ(O.C.)

どんな練習をしているか、好きなプロゴルファーのこと、ツアーの感想、使っている道具のレビューなど、ゴルフの話題で盛り上がりましょう。
href=”/sns/circle/200709101321-3000001/top”>≫サークルを見る



コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年2月20日

ゴルフ講座

ゴルフ場で「アクティブシニア企画」新宿から約45分【西武園ゴルフ場】

「ゴルフが趣味にしてみたいけど、お金がかかるし」と躊躇される方はいらっしゃいませんか? また定年退職し収入が減ることでゴルフに行く機会が少なくなった、という方もいらっしゃるかもしれ...
2011年9月19日

ゴルフ講座

第217回 ラフからのショットを上手く打つには

ゴルフ講座 提供:日本プロゴルフ協会 第217回 ラフからのショットを上手く打つには ラフからのショットを上手く打つには  球がラフに入...
2011年9月12日

ゴルフ講座

第216回 好調時のスイングを維持する方法とは

ゴルフ講座 提供:日本プロゴルフ協会 第216回 好調時のスイングを維持する方法とは 好調時のスイングを維持する方法とは  ゴル...
2011年9月5日

ゴルフ講座

第215回 アプローチでシャンクが続いてしまう

ゴルフ講座 提供:日本プロゴルフ協会 第215回 アプローチでシャンクが続いてしまう アプローチでシャンクが続いてしまう  コー...
2011年8月29日

ゴルフ講座

第214回 アプローチでトップもダフリも出る場合

ゴルフ講座 提供:日本プロゴルフ協会 第214回 アプローチでトップもダフリも出る場合 アプローチでトップもダフリも出る場合  ...
2011年8月22日

ゴルフ講座

第213回 フェアウェイウッドがトップしてしまう

ゴルフ講座 提供:日本プロゴルフ協会 第213回 フェアウェイウッドがトップしてしまう フェアウェイウッドがトップしてしまう  ...