メニュー
ゲストさん
Tv yVI[lbg
 

第164回 水を含んだ芝からのショットの注意事項

ゴルフ講座

ゴルフ講座

第164回 水を含んだ芝からのショットの注意事項

水を含んだ芝からのショットの注意事項

 雨の日でラフなどに球が行き、芝の抵抗で思ったように打てなかった、というような経験はありませんか? 今回は、水を含んだ芝からのショットで注意すべきことを説明したいと思います。

  • クラブを短く強く握り、コンパクトなスイングを心がけましょう

 水を含んだ芝からのショットで注意しなければならないのが、やはりラフからのショットです。春から夏にかけては芝生の成長が著しいため、ラフからのショットでは様々な点で注意が必要です。

 球がそうしたラフに行った場合には、まず通常のラフからのショット同様に球のライをよく観察してください。そして、球がすっぽりと埋まってしまっているのか、それとも浮いているのかを観察し、目標に対して狙えるのか狙えないのかを判断します。そして、ショットに臨む場合には次の点に注意しなければなりません。

 まず初めは、クラブを極端に短く握ります。そしてグリップの強さも普段より若干強く握ります。強く握り過ぎるとスムーズなスイングの妨げとなりますから、グリップが回らない程度の強さで握ります。そうしたらあとは大振りをせずコンパクトなスイングを心がけてショットしてください。
 水を含んでいるため、通常のラフよりも抵抗が大きくなっていますから、球の手前を何度か素振りをしてみて、芝の抵抗を確認しておくといいと思います。

 最後に注意することとしては、球のライを良く見て正しい状況判断をすることです。アマチュアゴルファーはグリーンやピンばかりを見てプレーしてしまいがちですから、もしライが悪いようでしたら脱出を第一に考え、次のショットで狙いやすいポジションに打つ、という冷静な判断も必要です。

提供:日本プロゴルフ協会
http://www.pga.or.jp/

サークルはこちら

ゴルフ(O.C.)

どんな練習をしているか、好きなプロゴルファーのこと、ツアーの感想、使っている道具のレビューなど、ゴルフの話題で盛り上がりましょう。
href=”/sns/circle/200709101321-3000001/top”>≫サークルを見る



コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年2月20日

ゴルフ講座

ゴルフ場で「アクティブシニア企画」新宿から約45分【西武園ゴルフ場】

「ゴルフが趣味にしてみたいけど、お金がかかるし」と躊躇される方はいらっしゃいませんか? また定年退職し収入が減ることでゴルフに行く機会が少なくなった、という方もいらっしゃるかもしれ...
2011年9月19日

ゴルフ講座

第217回 ラフからのショットを上手く打つには

ゴルフ講座 提供:日本プロゴルフ協会 第217回 ラフからのショットを上手く打つには ラフからのショットを上手く打つには  球がラフに入...
2011年9月12日

ゴルフ講座

第216回 好調時のスイングを維持する方法とは

ゴルフ講座 提供:日本プロゴルフ協会 第216回 好調時のスイングを維持する方法とは 好調時のスイングを維持する方法とは  ゴル...
2011年9月5日

ゴルフ講座

第215回 アプローチでシャンクが続いてしまう

ゴルフ講座 提供:日本プロゴルフ協会 第215回 アプローチでシャンクが続いてしまう アプローチでシャンクが続いてしまう  コー...
2011年8月29日

ゴルフ講座

第214回 アプローチでトップもダフリも出る場合

ゴルフ講座 提供:日本プロゴルフ協会 第214回 アプローチでトップもダフリも出る場合 アプローチでトップもダフリも出る場合  ...
2011年8月22日

ゴルフ講座

第213回 フェアウェイウッドがトップしてしまう

ゴルフ講座 提供:日本プロゴルフ協会 第213回 フェアウェイウッドがトップしてしまう フェアウェイウッドがトップしてしまう  ...