メニュー
ゲストさん
大倉様_ザグランリゾートプリンセス有馬_01
 

今や歯列矯正は当たり前! 孫にも歯列矯正を

最近の子どもは歯並びがいいなぁ

と感じたことはありませんか?

昔ほどガチャガチャな歯並びの子どもが少なくなってきています。

その理由のひとつが歯列矯正
今や多くの人が歯列矯正を行っています。

しかし、歯列矯正には多額の費用が必要です…。
ぜひお孫さんへの投資として歯列矯正を考えてみてはいかがでしょうか?

今や歯列矯正は当たり前! 孫にも歯列矯正を

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

歯列矯正をする人が増えている

最近では歯列矯正をしている人は珍しくありません。

歯列矯正とは歯に器具を装着し、力をかけて移動することで正しい位置に歯を移動し、噛みあわせを整える治療のことを言います。

歯列矯正をすることで、歯並びがとてもきれいになるのは、噛みあわせが正しくなるからななのです。

子どもの頃からコンプレックスを抱えて、大人になってから自分でお金を貯めて歯列矯正を始める人も増えていますが、可能ならコンプレックスなどない状態で育ったほうがいいですよね。
また、費用面で考えても大人になってから始めるより、子どもの頃から始めたほうが安く抑えられます。
良い歯並びは発育にも影響するので、早めに行いたいところです。

 

最近では歯に金属をつけるのではなく、マウスピースを定期的に交換することで歯を動かしていくマウスピース矯正も増えてきているので、子どもの歯に金属をつけたくない、という方も安心できます。

参考
マウスピース矯正の5つのメリット|インビザライフ(https://www.invisalife.net/matome/merit5/)

シニア世代へのアンケート調査で、「10代の自分に伝えたいこと」を訪ねたところ、多くの回答を集めたのが「歯並び」に関すること。
なかでも、若いうちに歯列矯正してほしかった、という回答が多かったのです。

 

正しい歯列にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?

60代以上の男女400名を対象とした「歯並びと歯の残存数に関する意識調査」(アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社の調査)によると、失ってから後悔したものの1位は「」という結果が出ています。
また同じ調査によると、歯並びが良い人のほうが悪い人よりも2本以上歯が残っているという結果になりました。

美しい歯並びは、それだけで長い間歯を残すことができるのです。
その理由の一つは歯磨きのしやすさ。
歯並びが悪いと影になっていたりして、どうしても磨き残しが発生してしまいます。

歯並びがキレイであれば、きちんとすべての歯を磨くことができるので虫歯リスクを抑えることができるのです。

歯列矯正をするなら子供のうちに

今や歯列矯正は当たり前! 孫にも歯列矯正を

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

これらの理由のほかにも、子どものうちから歯列矯正を行ったほうが良い理由があります。

1つ目は顎の成長を整えられること。
特に永久歯の生え揃っていない一期治療では、顎の成長を整える矯正が主体となります。
この時期に矯正をすれば上下の顎のバランスや大きさを整えやすいというメリットがあります。

2つ目は抜歯する必要がない、ということ。
大人になってから歯列矯正をすると抜歯をしなければならないケースが多いのです。
これは顎が小さいため、歯のスペースがないから。
子どもの矯正の場合は顎の成長も整えられるので、抜歯の必要性が低いのです。

3つ目は大人になってから矯正の必要性が減ること。
顎が適切な成長をしていたり、歯列が整っていれば、大人になってからの矯正の必要性が軽減されます。

4つ目は定期的な虫歯チェックができること。
歯列矯正をすると、1ヶ月~2ヶ月に1度通院しなければなりません。
その際に虫歯チェックとともに歯磨きの方法なども指導してくれるので虫歯リスクを減らすことができます。

歯列矯正は大人になってから始めるよりも、子どものうちに行ってしまうのが良さそうです。

歯列矯正にかかる費用

今や歯列矯正は当たり前! 孫にも歯列矯正を

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

子どもの歯列矯正は一期治療二期治療の2段階に分けられます。

一期治療は6歳頃~小学校中学年くらいまで
乳歯~乳歯と永久歯が混在する時期が一期治療となります。
永久歯がきちんと生えてきてくれるよう、スペースを確保したりバランスを整える矯正が中心となります。

気になる費用は10~40万円ほど。

続いて。
永久歯が生えそろうと二期治療になります。
基本的な二期治療は小学校高学年~中学生くらいまで矯正は大人と同じで、歯列を正しい位置に戻す治療がメインとなります。

気になる費用は30~60万円ほど。
一期治療からおこなっている場合は安くなるケースが多いようです。

それぞれ一番高いところをとっても100万円です。
大人になってから歯列矯正を行う場合、100万円~200万円とかなり高額な費用がかかってしまいます。

子どものうちから歯列矯正を始めれば、50万円ほどで済む場合がほとんどなので、半額以下です。

キレイな歯列は今後の人生でとても大切な宝物になるでしょう。
歯列矯正中は多少不便な思いをするかもしれませんが、キレイな歯列はきっといつか感謝されるはず。
お孫さんへの投資として、歯列矯正はいかがでしょうか?

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント
  1. 必ずしも反対はしませんが、なんでもかんでも歯列矯正というのは考えもの。残念ながら世の中には、不心得な歯科医が存在するのも事実で、歯列矯正が必要ない子供にまで強く勧められた人がいます。なので、歯列矯正が必要かどうか、必要と言われたらためらわずセカンドオピニオンを求めるべきです。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年3月23日

健康・美容

【本気の花粉対策】6年ぶりの花粉大量飛散に備えて!今からでも間に合う花粉症対策とは

全国平均で、平年の6割増となる見込みが発表された花粉の飛散量。 なんと、花粉の飛散が少なかった2018年と比べると、2.7倍も多いというのだから驚きです。 花粉症対策には薬...
NEW!
2019年3月21日

健康・美容

認知症予防に効く食品とは?認知症の発症と進行を遅らせよう!

認知症はどんどん進行していく病気で、治療方法はまだ確立されておらず、治る見込みのない病気です。 現在できる治療は進行を遅らせることのみ。 そこで大事になってくるのは認知症に...
NEW!
2019年3月20日

健康・美容

40代以上女性の3人に1人が「尿もれ」原因や不安を解消するトレーニング、外出時のケアなどご紹介

年齢を重ねると、したくなくてもしてしまうのが「尿もれ」。 なかなか相談をすることもできず、毎日ひとり悩んでいるという方も多いのではないでしょうか? 「尿もれしてしまうか...
NEW!
2019年3月19日

健康・美容

テレビやパソコン、スマホが発生するブルーライト。本当に目に悪いの?視力低下の影響はどのくらいあるの?

テレビやスマートフォン、パソコンなどのLEDディスプレイが発するブルーライト。 強力な青色光のことで、紫外線と波長が近い380ナノメートルから500ナノメートルの光。 可視...
NEW!
2019年3月18日

健康・美容

耳が聞こえにくい!難聴は身体が発する危険のサイン!進行すると認知症になることも

年齢を重ねると、徐々に身体の機能は衰えてきます。 聴力もそのひとつで、知らず知らずのうちに耳が聞こえにくくなっていくのです。 75歳以上に限定すると、7割以上が難聴状態、と...
2019年3月13日

健康・美容

記憶力がアップするウォーキング術 歩くことで記憶力・思考力が増加し、認知症予防にも

最近の脳科学では運動をすることで、認知症の改善が見られることがわかったそう。 運動をすることで、筋肉や骨といった身体が鍛えられたり、肺や心臓などの心肺機能が改善することはご存...

脳トレドリル。まずはお試し980円