メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 西武グループおとなの上級な遊び方
 

熱中症かな? と思ったら、すぐにやる3つのこと

「なんだか暑くて頭がぼーっとする……」

もしかするとそれ、熱中症のサインかも知れません。

熱中症が心配な季節。
「私は大丈夫」と思っていても、気温・室温が上がったり、水分補給を怠ったりすると、年齢に関係なくリスクは高まります。

桟橋とモーターボート

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

今回は熱中症の「こんなサインが出たら、要注意」と「そのときすぐやる3つのこと」をお伝えします。

めまいや顔のほてり…これが熱中症のサイン

熱中症のサインはさまざまあります。
ここでは「この症状が出たら熱中症かもしれない」というサインをご紹介していきます。

めまいや顔のほてり

熱中症の代表的なサインのひとつが、めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状。
なんでもない場面でこの症状が出たら、熱中症を疑いましょう。

一時的に意識が遠のいてしまったり、腹痛などを併発する場合があります。

普通の風邪ではなく、熱中症の場合もあるので注意が必要です。

筋肉痛や筋肉のけいれん

いわゆる「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉が釣るなどの症状が出る場合があります。

筋肉がピクピクと痙攣したり、極端に筋肉が固くなる場合もありまうす。

筋肉痛になる覚えがないのにもかかわらず筋肉痛になった場合は、熱中症を疑いましょう。

体のだるさや吐き気

なんだか体に力が入らない、ぐったりする、吐き気がある、実際に嘔吐してしまう、頭痛がするなどの症状は熱中症のサイン。

見逃さずに、水分補給をして病院にいきましょう。

異常な汗・まったく汗をかかない

拭いても拭いても汗が止まらない、汗をまったくかかない、など汗のかきかたに以上がある場合、すでに熱中症かもしれません。

体温の急上昇、皮膚の赤み

発汗異常により、体温を下げられないため体温が急上昇したり、皮膚が赤く、乾いているといった症状は熱中症のサイン。

皮膚の状況にも気を配りましょう。

真っすぐ歩けない、反応が遅れる

声をかけても反応しなかったり、返答がおかしかったりする場合は熱中症かも。
また、体がガクガクとして力が入らなかったり、ひきつけを起こしたり、真っ直ぐ歩くことができない場合も熱中症かもしれません。

こうした症状が出ると、重度の熱中症が疑われます。
すぐに医療機関を受診しましょう。

水分補給ができない

自分で水分補給ができない場合はとても危険な状態が疑われます。
ここまで悪化してしまった場合は、無理やり水分補給させるのではなく、すぐに医療機関を受診しましょう。

熱中症が盛んに騒がれていますが、熱中症はとてもコワイ病気。
体は必ずサインを出すので、見逃さずにすぐに対応するようにしましょう。

応急処置はこの3つ、必ず実践を

医者

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

それでは実際に熱中症になってしまった場合、どのような応急処置が必要なのでしょうか?

ここからは熱中症になったときの応急処置について、詳しく見ていきましょう。

日陰、エアコンの効いた室内など涼しい場所へ

熱中症が疑われる場合、まず大事なのは涼しい場所への移動。

エアコンの効いた室内や、車のなかなどに速やかに移動しましょう。

もし屋外で涼しい場所がない場合、風通しの良い場所や日陰に移動しましょう。

移動した先では安静に過ごし、無理に動いたりしないよう注意を。

体を冷やし、体温を下げる

熱中症が疑われる場合、体温が上がっている場合が多いです。
そのため、熱中症かも? と疑ったら、体温を下げる応急処置が有効です。

衣服をゆるめ、体の熱を外に放出しましょう。
氷枕や保冷剤で大きな血管周辺(首筋、脇、足の付根)を冷やすと、体温は下がりやすいです。

また、皮膚に直接水をかけてうちわや扇子などであおぐことでも体温は下がります。

うちわなどがない場合、タオルを振るのも効果的。

とにかく風を起こし、涼しく感じられるようにしましょう。

塩分・水分補給を

ポカリなどスポーツ飲料のほか、OS1など経口補水液などで水分補給しましょう。

水だけの補給では、塩分が不足するため、体の中が塩分不足になってしまいます。
汗などで体の塩分も外に放出されてしまうので、必ず塩分をセットで摂取しましょう。

梅干しと麦茶のセットが特にオススメで、塩分とミネラルを同時に摂取できます。

おう吐の症状や意識混濁などの症状が出ている場合、無理に水分摂取をさせる必要はありません。
無理に水分補給をしたことで、気道に水分が入る危険性があります。
無理に飲ませることはやめましょう。

熱中症対策には水分補給と涼しい環境が必須。
また、熱中症予防も同様です。

正しい知識を持って、適切な水分補給をしましょう。

対策グッズを活用して、熱中症を予防しよう

波

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

熱中症対策は、日頃の水分補給の習慣と共に、さまざまなグッズを活用するのもひとつの手。

自分だけで対策できない夏の暑さは便利グッズを積極的に活用しましょう。

ここからはオススメの便利グッズをご紹介します。
以下のリンクを是非御覧ください。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年9月23日

健康・美容

いびき・腰痛改善にも! 抱き枕で健康になろう

「良質な睡眠を取るには良い枕が必要?」 いびきや腰痛で悩んでいる方も、きっと多いことでしょう。 [caption id="attachment_23449" align...
NEW!
2018年9月18日

健康・美容

昼寝で認知症予防!毎日ぐっすり眠るために

「認知症にはなりたくない!」 どんな病気も嫌ですが、特に「認知症にはなりたくないなあ」というのが、シニアの本音ではないでしょうか? [caption id="attac...
2018年9月17日

健康・美容

「頭脳のスポーツ」麻雀で、楽しく健康に

「徹夜でマージャン、懐かしいなあ」 そう思われる方も多いのでは? 最近では「賭けない、飲まない、吸わない健康マージャン」がシニアを中心に広がっています。 スーパーのイ...
2018年9月14日

健康・美容

【本気のハゲ対策】あなたの髪は蘇る…かも!手軽にできる頭髪ケア

「最近、薄くなってきたなあ」 鏡を見て、そう思う人も多いのでは? シニアにとって、薄毛や白髪は、ひそかな悩みのひとつ。 [caption id="attachment...
2018年9月8日

健康・美容

誤嚥防止など、健康に効果のある「声磨き」してみませんか

「誤嚥を防ぐにはどのようなことを行えばよいのだろう?」 「声磨き」という言葉を初めて聞く方も多いかもしれません。 良い声のコンディションを作ることです。 [capti...
2018年9月3日

健康・美容

もし食べられなくなったら? 栄養剤の基礎知識

「もう満足に食べ物を噛めなくなってしまったら、一体どうなってしまうのだろう」 年齢と共に顎の力が衰えてしまう、病気を患いまともに食事を摂ることができなくなってししまうなど、加...