メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 西武グループおとなの上級な遊び方
 

日焼け・シミ・そばかす…ケアや手術の方法

「なんだか最近シミが増えてきたみたい」

いつまでも若々しく、美しい肌でいたいもの。

でも、どんなに注意していても、日焼けしてしまう今年の猛暑。
日焼けはシミやそばかすの原因でもあります。

青空と草原

画像提供:imagenavi(イメージナビ)


今回は日焼けやできてしまったシミ、そばかすのケア、そして手術や美容整形の方法を紹介します。

日焼けには冷やす、保湿、水分補給

シミ、そばかすの大敵が「日焼け」
日焼けをすると、肌の奥深くでメラニン色素が生成され、時が立つと表面に出てくることでシミやそばかすになってしまいます。

日焼けをしてもすぐに対処することで影響を最小限に抑えることができます。

ではどのような対処方法が有効なのでしょうか?

1.とにかく冷やす

日焼けをした箇所は火傷と一緒。
皮膚が炎症を起こしているので、冷やして火照りをとる必要があります。
冷水などで冷やして火照りをとることで、炎症の進行を抑えることができます。

そのままにしておくと、皮膚が腫れてしまうこともあるので、すぐに対処することが大切です。

日焼けした肌を冷やす方法は

  • 冷たいシャワー(冷水・流水)
  • 保冷剤や保冷ジェルを当てる
  • 氷水で冷やした濡れタオルをあて続ける

の3つが有効。
ただし、氷などを直接当てると、皮膚組織にダメージを与えてしまうこともあるので注意。
保冷剤などを当てる際は、タオルに包むなどして肌に直接触れないようにしましょう。

皮膚の火照りがなくなるまで、あて続けることが大切です。

2.しっかりと保湿する

日焼けした肌は、水分がなくなり、カラカラの状態。
火照りが落ち着いたら、しっかりと保湿をしましょう。
しっかり保湿することで、その後の肌トラブルやシワなどを防ぐことができます。

保湿に使用するのは「保湿化粧水(低刺激のもの、敏感肌用)」が良いでしょう。
ビタミンC誘導体配合など普段使いに最適な美白系化粧水は、日焼け直後の肌には刺激が強すぎるので、避けるとよいでしょう。

使用する化粧水の量は普段の2、3倍を目安に。
とにかくたっぷりと肌に染み込ませましょう。
ただし、パッティングやこする行為は、日焼けによって低下した肌バリアをさらに下げてしまうので、ハンドプレスしながら、たっぷりとなじませていきましょう。

化粧水後は乳液やクリームなどの油分のベールでうるおいをしっかり閉じ込めましょう。
日焼け直後の肌は、吸い込みも速いですが、蒸発も速いので、しっかり閉じ込めるようにしましょう。

3.水分補給を欠かさない

日焼けをすると、ダメージは肌だけに集まるわけではありません。
肌から水分が蒸発しやすくなるので、体も水分不足になりがち。
だからこそ、しっかりと水分補給をしなければなりません。

おすすめは常温の水やスポーツドリンク

体の内側からしっかりと保湿することで、体内の水分量が増え、肌の保湿にも役立ちます。

水ぶくれしたらすぐに皮膚科へ

診察イメージ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

子どもの頃から何回もした日焼けですが、ひどくなると水ぶくれができることがあります。
通常日焼けのことを日光皮膚炎と呼びますが、炎症によって血管から水分が漏洩し、水ぶくれを作ってしまう、火傷と同じ状態を急性皮膚炎と呼びます。

この急性皮膚炎は日焼けしてから12~24時間ほどで水ぶくれの症状が出てきます。
夜寝る時は皮膚が赤いだけだったのに、朝起きると水ぶくれが…、という経験がある方も多いのではないでしょうか?

水ぶくれまでできてしまった場合は、患部をしっかりと冷やし早めの皮膚科受診がおすすめです。

水ぶくれの水分は自然に皮膚の中で吸収され、皮が全部むけていきます。
健康な人なら1~2週間ほどで自然に治っていきますが、痛みが強い、広範囲に渡る場合は皮膚科で適切な処置を受けたほうが良いでしょう。

日焼けだと簡単に思っていると、思わぬリスクがあるかもしれません。
いつもどおりの日焼けだとしても、水ぶくれができるなど、違和感を感じたら病院に行っておいたほうが良いと言えそうです。

美容整形で若返る逆転ワザもあり

レーザー光線

画像提供:imagenavi(イメージナビ)


幼い頃から避けては通れない、日光。

この日光によって日焼けをすると、肌にメラニン色素が生成されるため、シミやそばかすの原因になってしまいます。
また、日焼けすると肌は乾燥するため、シワの原因にも。

現在美容整形外科では、レーザーを用いて簡単にシミやそばかすを消すことができます。

費用は1回1万円~3万円(レーザーの照射範囲、医院によって異なる。自由診療)。
多くの人が利用しているポピュラーな治療です。

照射直後はターンオーバーが活性化されているため、皮膚のなかに埋まっていたシミやそばかすが浮き出てきますが、次第に薄くなり、気がつくとなくなってしまいます。

治療時間も短く、人によっては痛みを感じない、という人もいるほど手軽な治療方法なので、シミやそばかすでお悩みの方は利用してみてはいかがでしょうか?

シミやそばかすが多いと、なんとなく肌がくすんで見えたり、実年齢よりも上に見えてしまうものです。
今はレーザーで簡単に除去できるので、行ってみてはいかがでしょうか?

【記事関連商品のご紹介】

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年9月23日

健康・美容

いびき・腰痛改善にも! 抱き枕で健康になろう

「良質な睡眠を取るには良い枕が必要?」 いびきや腰痛で悩んでいる方も、きっと多いことでしょう。 [caption id="attachment_23449" align...
NEW!
2018年9月18日

健康・美容

昼寝で認知症予防!毎日ぐっすり眠るために

「認知症にはなりたくない!」 どんな病気も嫌ですが、特に「認知症にはなりたくないなあ」というのが、シニアの本音ではないでしょうか? [caption id="attac...
2018年9月17日

健康・美容

「頭脳のスポーツ」麻雀で、楽しく健康に

「徹夜でマージャン、懐かしいなあ」 そう思われる方も多いのでは? 最近では「賭けない、飲まない、吸わない健康マージャン」がシニアを中心に広がっています。 スーパーのイ...
2018年9月14日

健康・美容

【本気のハゲ対策】あなたの髪は蘇る…かも!手軽にできる頭髪ケア

「最近、薄くなってきたなあ」 鏡を見て、そう思う人も多いのでは? シニアにとって、薄毛や白髪は、ひそかな悩みのひとつ。 [caption id="attachment...
2018年9月8日

健康・美容

誤嚥防止など、健康に効果のある「声磨き」してみませんか

「誤嚥を防ぐにはどのようなことを行えばよいのだろう?」 「声磨き」という言葉を初めて聞く方も多いかもしれません。 良い声のコンディションを作ることです。 [capti...
2018年9月3日

健康・美容

もし食べられなくなったら? 栄養剤の基礎知識

「もう満足に食べ物を噛めなくなってしまったら、一体どうなってしまうのだろう」 年齢と共に顎の力が衰えてしまう、病気を患いまともに食事を摂ることができなくなってししまうなど、加...