メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
 

シニアも実は低栄養?大人の食育が話題に

食育というと、子供への教育と思われがちですが、最近は大人への食育が広がっています。

カゴメやキューピーなど、食品メーカーは大人への食育を事業として始めたそうです。
シニア世代も平均すると、実は必要な栄養が足りておらず、低栄養の人も多いとか。

枝豆ペペロンチーノ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

今回は大人の食育を取り上げました。

日本人野菜不足! シニアも例外ではない

日本人の大人はどのくらい野菜を摂取しなければならないのか、ご存知でしょうか?

日本人の野菜摂取目安は1日あたり350g
しかし、農林水産省の調査では野菜の消費量は減少傾向にあり、ひとりあたりの年間消費量は89kg(2016年の調査)。
1日平均では276.5gと、目標には届いていないのが現状です。

厚生労働省が2017年(平成29年)に実施した国民健康・栄養調査によると、年代・性別別の野菜消費量は以下の通りとなります。

  • 20代男性………264.9g
  • 20代女性………218.4g
  • 30代男性………257.1g
  • 30代女性………232.3g
  • 40代男性………269.5g
  • 40代女性………246.3g
  • 50代男性………298.9g
  • 50代女性………279.8g
  • 60代男性………318.2g
  • 60代女性………321.7g
  • 70代以上男性…317.3g
  • 70代以上女性…306.2g

こうしてみてみると、60代を除くすべての年代で、女性よりも男性の方が野菜を摂取していることがわかります。

しかし、どの年代も目標値である350gには届いていません

野菜の摂取量が目標値に到達していないと、低栄養となり、これが今シニア世代において問題になってきているのです。

エネルギーの摂取量やタンパク質が足りず、疲れやすかったり、筋肉量が低下したりする高齢者は少なくありません。
炭水化物、タンパク質、脂質、無機質、ビタミンという5大栄養素は、バランスよく摂取しなければ健康だと言えません。
しかし、年齢を重ねるとバランスよく食べてはいても、食べる量そのものが減っているため、低栄養になりやすいのです。

キューピーが始めた大人の食育とは

ヨーグルトペッパーソース

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

こうした高齢者の食事事情を受けて、マヨネーズやドレッシングなどでおなじみのキユーピーが提案するのが「タマゴ」の摂取です。

実際にキユーピーでは高齢者向けの食育イベントを開いています。
この食育イベントは女性だけでなく、男性も積極的に参加するなど毎回盛況です。
サラダをベースにタマゴを加えたり、穀物を加えたりし、ドレッシングをかけ、野菜を一度しなっとさせる。
その後マヨネーズをかけて食べることで、野菜を食べやすくしながら、マヨネーズに含まれるタマゴなどの栄養を摂取する食べ方を勧めています。

参加者の60代男性は「食生活が単調になりがちなので参考になる。自分でもできそう」と話すほど、手軽で、味に変化をつけやすい料理が「サラダ」なのです。

こうしたイベントは低栄養への気づきを与える内容も盛り込まれています。

肉やタマゴ、緑黄色野菜や大豆など10の食品カテゴリを表にし、1日のうちに1回でも食べたカテゴリにチェックを入れていくと、バランスの偏りがわかる仕組みになっています。

スローネットでもたびたびお伝えしていますが、自立した生活が可能な健康寿命と、実際に亡くなる寿命までは男性で約9年女性は約12年の差があり、10年前後介助を借りなければ生活できないことが今問題になっています。

こうした食育を通し、食事の栄養バランス、食べ方などを工夫することで健康寿命を伸ばすことができるのです。

キユーピーのイベントでは健康寿命を伸ばすための栄養バランスなどをしっかりと学ぶことができます。
もしお近くで開催されることがあったら、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

「何を」「どれだけ」食べたらいいの?

サラダ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

最後に何をどれだけ食べればよいのか? についてお伝えしていきます。

5大栄養素は「3大栄養素(脂質、タンパク質、炭水化物)」とビタミン、ミネラルに分けることができます。

摂取すべきエネルギーの目標比率は「タンパク質15%」「脂質20~25%」「炭水化物60%」となっています(いずれもエネルギー比率)。

エネルギー比率とはカロリーで考えた場合、なので、実際に食べる量の割合ではありません。
では実際どのくらいの摂取を目安にすればよいのでしょうか?

70代以上で必要な量を目安に見ていきます。

70代男性は1日の目標摂取カロリーが2,200キロカロリー、女性は1,750キロカロリーです。
この目標カロリーをベースに、先程の比率を当てはめていくと、70代男性の場合「タンパク質60g」「脂質20~30g」「炭水化物50~65g」「食塩8.0g未満」
70代女性の場合は「タンパク質50g」「脂質20~30g」「炭水化物50~65g」「食塩7.0g未満」となります。
実際には個人差はありますが、概ねこの量が目安となるのです。

実際にこれをきちんと守るのは難しいですが、バランスよくこれらの栄養素を摂取したいですよね。

コンビニやスーパーなどでお弁当や惣菜を買うときや、レトルト食品などを購入する際は上記成分表が必ず表示されています。
成分表をチェックし、毎日に必要な量を計算すると良いでしょう。

このほか、自宅で料理を作る際は以下のサイトを参考に栄養の計算を行うと良いでしょう。

簡単!栄養andカロリー計算
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/index_gram.html

基本的に食材によって栄養素は決められています。
こうしたサイトを参考に、口にしたものを計算するのは体の健康だけでなく、頭の体操にもつながるのでオススメです。

子どもの食育よりも、シニア世代の食育のほうが大切です。
栄養素やカロリーといったデータを参考に、しっかりとした食事を摂ってみてはいかがでしょうか?

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年12月8日

健康・美容

【本気の肌対策】見た目が若い人は長生きする?!

最近、テレビCMで中年男性が肌対策を訴えるているものを、見かけるようになりました。 シニアにとっても、男女にかかわりなく肌の美しさは気になりますよね。 見た目が若い人は、実...
2018年12月6日

健康・美容

【シニアの性病】梅毒が急増中!心当たりのある人は即検査を

「梅毒なんて過去の病気」 そう思っているシニアも多いでしょう。 しかし、東京都感染情報センターの統計によれば、2017年の患者は2014年の3.5倍の1788人。 今...
2018年11月19日

健康・美容

【認知症予防にも効果】「芸術は健康だ!」アートの力に注目を

今、世界でアートの力に注目が集まっています。 人々の健康や長寿に、いい影響を与えることがわかってきたのだとか。 [caption id="attachment_2435...
2018年11月18日

健康・美容

スーパーエイジャーに学ぶ、若々しい心を維持する4つの習慣

「スーパーエイジャー」という言葉、お聞きになったことはありますか? 健康的なライフスタイルを維持し、脳を成長させ続けている人たちのことなのだとか。 実年齢よりも、20歳以上...
2018年11月17日

健康・美容

【ほんとは怖い】インフルエンザ対策!シニアは予防接種が第一

今年は早くもインフルエンザが流行の兆しを見せています。 60歳以上の人は、15歳から59歳の人に比べて、約17倍も多くかかるとみられているのだそう。 シニアの予報対策の基本...
2018年11月16日

健康・美容

【介護現場の性】アダルトグッズで、介護現場の性的トラブル解消?

「いくつになっても男と女」 という言葉がある通り、シニアだからといって「枯れている」わけではありません。 しかし、高齢化にともなって、異性との交際のチャンスが減るのも事実。...