メニュー
ゲストさん
 

自分に合う老眼鏡の選び方は?老眼鏡(シニアグラス)は1種類じゃない!

40代を過ぎてから細かい文字を読むことが難しく難じるようになった、いつもの眼鏡でも見えづらくなってきたと老眼で悩む方も多いと思いのではないでしょうか?
多くの人は40代から老眼が始まり、徐々に手元にピントが合いにくくなっていきます。

そんな視力を補正してくれるのが老眼鏡です。本日は老眼鏡の選び方についてご紹介します。

老眼と近視と遠視、老眼だと判断する基準は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

40代を過ぎた頃から歳を取るにつれ近いところの文字が見えにくくなる……このような症状を「老眼」(正式名称は「老視」)といい、シニア世代の多くが老眼に悩まされています。

老眼は「歳を取ることで眼のピント調整力が落ちる」ことで起こります。水晶体が加齢とともに弾力性を失い、近くを見たときにピントが合わせづらくなるのがその原因。

「老眼」と呼ばれるためシニア世代特有の症状と思われがちですが、ピント調整力の低下の問題なので、最近ではスマートフォンの流行などによって年齢に関係なく老眼になるリスクが高まっています。老眼の根本的な改善のためには、弱ってきたピント調整力をレーザーによって治療(レーシック)するか、角膜内にレンズを挿入するなどの手術が必要です。

近視・遠視・乱視・老視?

俗説として、近視の人は老眼になりにくく、若い頃から視力の良い人ほど老眼になりやすい、なんていわれてます。しかし、元の視力と老視に関係はありません。視力が良くても悪くても、老視になる可能性はあるのです。

一般的に視力が悪いと言われるのが近視です。これは近くにピントが合いやすく、遠くにピントが合いにくいため、遠くのものが見えにくい状態をいいます。一般的に老眼を自覚しにくいのが近視であるため、視力が悪い人ほど老眼であるのにもかかわらず、自分自身が老眼であることに気がつきにくという特徴があります。

反対に遠視の場合、遠くのピントが合いやすく、近くにピントが合いにくい状態を指します。これは老眼に近い状態ですが、遠視の人が老眼になると、近くのものがさらに見えにくくなってしまいます。

続いて乱視ですが、これは焦点がふたつ以上に分かれてしまうため、ものの輪郭がダブって見えてしまう状態を指します。重度の乱視の場合、かろうじてものを見ることはできますが、老眼になると、矯正なしでものを見るのが難しいと言われています。

老眼回復トレーニング

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

シニア世代にとって、老眼は避けて通れないものと思われています。しかしながら、きちんとしたトレーニングをすることで、老眼の進行を遅らせることができます。
老眼回復のトレーニングのポイントは、目の周りの筋肉である毛様体筋を鍛えてやわらかくすることです。ピント調節を繰り返すことで毛様体筋のストレッチになるので、遠くや近くを交互に見る運動が効果的です。

窓の近くなど外の景色の見える場所に立ち、
(1)まず親指を立ててピントが合う一番近くで、指先を1秒間凝視します。
(2)次に、腕を伸ばして、同じように親指を1秒凝視します。
(3)外の景色を1秒間凝視します。
この(1)〜(3)までを5回繰り返して1セットとし、1日に3セットを目安に行います。

アンチエイジングで有名な日比野佐和子先生がテレビ番組でこのトレーニングを紹介した際には、20代から60代のうち、早い人で2週間、平均して3か月ほどで改善の兆候が見られたそうです。Youtubeでも下のような毛様体筋トレーニング紹介の動画があるので観ながらやってみるのもおすすめです。

【老眼トレーニング関連書籍の紹介】

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 老眼鏡の種類は?度数を調節できるものもある!老眼鏡の選び方をご紹介!

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2021年11月2日

健康・美容

注意散漫が治らない、落ち着かない大人のADHDかもしれません

みなさんはADHDという言葉を聞いたことはありますか? 子どもが学校で注意散漫で病院に行くとADHDと診断されたなど、子どもだけが発病するものだと考える人が多いと思います。 ...
2021年10月15日

健康・美容

スーパーフードでダイエットは可能?健康なダイエットを目指したらスーパーフード!

長く続いているコロナ禍による運動不足で、最近はコロナ太りに気をかけて食事調節に気を付けている方も多いのではないでしょうか? そこで健康的にダイエットされたい方におすすめなのが「ス...
2021年10月5日

健康・美容

肌寒いと感じたときにすぐ体温を上げる方法は?平熱と免疫力の関係性は?

日が沈むと少し肌寒いと感じる季節になってきました。 新型コロナウイルス感染症流行もあり、今まで以上に風邪に引かないように注意する必要があるのですが、そこで大事なのが適切な体温を維...
2021年10月1日

健康・美容

ぶつぶつ独り言を辞めたい!人と会う機会が減ってから独り言がひどくなる人が多い!

人と会う機会も少なく、1日中ひとりで家にいる方の中で、気がつかないうちに独り言が増えた!と感じた方もいるのではないでしょうか?  また、人に会うときに独り言がうっかり漏れてしまい...
2021年9月28日

健康・美容

抜け毛がひどいことで悩む人は多い!ひどくなる原因と予防方法は?

最近抜け毛がひどくなって悩ましい方は多いのではないでしょうか? 抜け毛がひどくなると、いずれははげるリスクも。 抜け毛の仕組みや防ぐ方法、髪の毛を増やす方法はあるのでしょうか?...
2021年9月21日

健康・美容

目の下のたるみやクマが気になる!もっとひどくなる前にケアする方法は?

顔のパーツで印象を決めるところとして一番重要な部分が目であること、ご存じですか? 加齢にともない気になるのは目元の印象。特に目の下がたるむと一気に老けて見えてしまいます。 ...