メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82 -->
 

愛犬と一緒に毎日ウォーキング 想像以上の効果があった

ウォーキングと犬の散歩の違いは?

犬を飼っている高齢者は、散歩に連れて行く必要があるため、飼っていない人よりも身体活動量が多い傾向にあり、一日平均30分は外を歩き回っていると言われています。

ウォーキングやランニングの場合、日が短い冬や天候不順が続いている時期は外出機会が低下してしまい、思ったほど運動量が増えないこともあります。

また、加齢によって疲れやすくなったり、思うように体が動かなくなってしまうことで、身体活動量が低下してしまうということもあるでしょう。では、犬の散歩には一般的な運動につきものの問題はないのでしょうか。

英ケンブリッジ大学の研究者らが、1日に1回以上犬の散歩を行っている40~79歳までの健康な成人3132人と、犬を飼っていない2万5000人を対象に調査を行いました。

調査は2006年9月から2011年12月までの間に、任意のタイミングで1週間分の活動量を収集。犬の散歩が日々の身体活動に与える影響を分析するというもので、活動量は移動速度や移動量を測定する装置「加速度計」を装着してもらうことで測定しています。

また散歩をした日を細かく記録してもらい、当日の天候状態や日の出日の入りの時間を確認するなど、外出に影響を与えそうな要因も調査しました。

どんな時でも愛犬のために散歩

調査の結果明らかになったのは、犬がもたらす驚くべき運動効果でした。天候が悪い日や冬になると犬を飼っていない人たちの身体活動量は低下し、座っている時間も増加。運動習慣がある人でも同様の傾向にありました。

しかし、犬を飼っていた人たちの活動量はいつもと変わっておらず、天候や気温に左右されることなく、高齢者でも高い身体活動量を維持したままだったのです。

一般的に運動をするのは自分のためであり、自分のためだからこそモチベーションが言維持できると考えられていますが、飼い犬のための散歩という他者の面倒を見ることが高い身体活動量につながっていることに研究者らは驚いたとコメント。

「全ての人が犬の世話をできるわけではないので、健康のために犬を飼うことが推奨できるわけではないが、犬を飼っていることが健康にとって大きなアドバンテージになり得ると言うことはできる」としています。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年6月8日

元気のヒント

6月14日は認知症予防の日!脳トレドリル「脳レク」で若々しい脳を保ちましょう!

認知症予防への注目の高まりから、言葉遊びや計算など脳を使って楽しむことのできるレクリエーションとして「脳トレ」の人気が集まっています。 今や、高齢者の4人に1人は認知機能に何...
2018年5月31日

元気のヒント

歯科訪問診療サービスのポータルサイト『おうちで歯科』サービス開始

「歯医者に行きたくても、なかなか動けなくて行けない…」 訪問看護や、訪問介護、訪問医療などが最近ではどんどん発達してきています。 訪問散髪なんかもありますよね。 しか...
2018年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...